タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  The New York Times
関連するタグ: 東洋経済オンライン 
記事 での「The New York Times」の検索結果 17
中国経済(その12)(住民にとってはたまらない!習近平の「信念」が起こした大停電 予告のない電力供給停止で経済活動 地域住民の生活が大混乱、「チャイナショック」が再来?中国不動産バブル崩壊が世界にもたらす激震、中国「恒大危機」で経済の主力エンジンが止まる日 不動産バブル凍結が消費失速の引き金に)
中国経済については、9月27日に取上げた。今日は、(その12)(住民にとってはたまらない!習近平の「信念」が起こした大停電 予告のない電力供給停止で経済活動 地域住民の生活が大混乱、「チャイナショック..
タグ: 中国経済(その12)(住民にとってはたまらない!習近平の「信念」が起こした大停電.. JBPRESS 福島 香織 「住民にとってはたまらない!習近平の「信念」が起こした大停電 予告のない電力供給.. 「予告なしの突然の電力供給停止」であれば「事故も発生」、市民や進出した日系企業の.. 計画経済の中国で発生した要因を知りたいものだ。 「突然の電力供給制限」の要因は様々のようだが、「オーストラリアからの石炭購入を昨.. 「自らが考える理想の中国、共同富裕社会への道、そして自らの政治権力集中のためなら.. ダイヤモンド・オンライン 真壁昭夫
薬物(その3)(マッキンゼーが加担した「不正」驚愕の全容 大量の中毒死招いたオピオイド販促を後押し、日本人が知らない「大麻」が違法薬物になった理由 栃木県の大麻農家を訪れる昭和天皇の写真も、日本が「大麻解禁」を検討し始めた深刻な理由とは) 
薬物については、昨年2月12日に取上げた。今日は、(その3)(マッキンゼーが加担した「不正」驚愕の全容 大量の中毒死招いたオピオイド販促を後押し、日本人が知らない「大麻」が違法薬物になった理由 栃木県..
タグ: 薬物 (その3)(マッキンゼーが加担した「不正」驚愕の全容 大量の中毒死招いたオピオイ.. 東洋経済オンライン The New York Times 「マッキンゼーが加担した「不正」驚愕の全容 大量の中毒死招いたオピオイド販促を後.. 超一流コンサルティング・ファームとしては、信じ難いような不祥事だ。 「オピオイド関連の過剰摂取で1999〜2019年に45万人近くが死亡」、「オキシ.. 「幹部は(不正に)関与した責任を取らなくてはいけない。巨額の退職金を受け取ること.. 「エリング氏のプロフィールを見ると、バンコクに転勤となったようだ」、取り敢えず「.. 少なくとも顧客の不正を拡大するようなアドバイスは回避すべきではなかろうか。
GAFA(その5)(バイデン政権入りした「GAFA解体論者」の正体 オバマ政権時のリベンジを果たせるか、作業員が震え上がる「アマゾン」恐怖の労務管理 強力な監視に加えて 手違いによる解雇も続発、反トラスト法成立ならアマゾン物流部門を売却へ 大手販売業者約85%が同社の物流サービス利用)
GAFAについては、2月14日に取上げた。今日は、(その5)(バイデン政権入りした「GAFA解体論者」の正体 オバマ政権時のリベンジを果たせるか、作業員が震え上がる「アマゾン」恐怖の労務管理 強力な監..
タグ: GAFA (その5)(バイデン政権入りした「GAFA解体論者」の正体 オバマ政権時のリベン.. 東洋経済オンライン The New York Times 「バイデン政権入りした「GAFA解体論者」の正体 オバマ政権時のリベンジを果たせ.. 米国政府も漸く「巨大テック企業の規模と影響力に対峙」し始めたようだ。 「一握りの企業が力を持ちすぎるのは危険だと警鐘を鳴らす」、その通りだ。 「バラク・オバマ大統領の任期中に、巨大テック企業は合併や買収を通じてますます巨大.. 「フェイスブックの共同創業者クリス・ヒューズと連携し、フェイスブック解体を訴えた.. 「作業員が震え上がる「アマゾン」恐怖の労務管理 強力な監視に加えて、手違いによる..
健康(その15)(うつではないのに「やる気が出ない状態」の正体 幸福とうつの間にある精神的に空虚な状態、意外と知らない「血糖値」高いと何が起こるのか 免疫機能が低下し感染症にもかかりやすくなる、「一度壊れると元には戻らない」40代から一気に衰える"最重要臓器"をご存じか 全身の健康にも深く関わる)
健康については、4月15日に取上げた。今日は、(その15)(うつではないのに「やる気が出ない状態」の正体 幸福とうつの間にある精神的に空虚な状態、意外と知らない「血糖値」高いと何が起こるのか 免疫機能..
タグ: 健康 (その15)(うつではないのに「やる気が出ない状態」の正体 幸福とうつの間にある.. 東洋経済オンライン The New York Times 「うつではないのに「やる気が出ない状態」の正体 幸福とうつの間にある精神的に空虚.. 「幸福とうつの間にある精神的に空虚な状態」、とはどういうことなのだろう。 「パンデミックはズルズルと続き、急性の苦悩状態は慢性的な虚脱感に取って代わられた.. 「虚脱感は一般的なもので、共感を得られるものなのである」、その通りなのかも知れな.. 「邪魔をされない時間を、守るべき宝のように扱うべきであるということである。それに.. 「多くの人が脱力状態にあるということを認めることで、私たちは静かな絶望を表明し始..
テスラ(その1)(テスラを侮る人に知ってほしい「評価される訳」 利益の源泉をハードからソフトへ移しつつある、焦点:起こるべくして起きたテスラの「中国トラブル」、コラム:ビットコインで方針一転 テスラの根深いガバナンス問題、テスラの運転支援システム「人身事故続発」のなぜ 運転手の監視ゆるい?オートパイロットの盲点)
今日は、テスラ(その1)(テスラを侮る人に知ってほしい「評価される訳」 利益の源泉をハードからソフトへ移しつつある、焦点:起こるべくして起きたテスラの「中国トラブル」、コラム:ビットコインで方針一転 ..
タグ: 「ビットコインで方針一転、テスラの根深いガバナンス問題」 野口 悠紀雄 東洋経済オンライン 「低価格モデルである「Model S 60」には、高価格モデルである「Model.. 「テスラを侮る人に知ってほしい「評価される訳」 利益の源泉をハードからソフトへ移.. 「最初に高性能なモデルを製造し、つぎに機能を制限したモデルを割引料金で販売するの.. 「ハードウェアとソフトウェアの切り離し」とは画期的だ。「「テスラネットワーク・・.. 「テスラの時価総額はトヨタの3倍」は、私も「単なるバブルではないか」と考えていた.. テスラ (その1)(テスラを侮る人に知ってほしい「評価される訳」 利益の源泉をハードから..
パンデミック(医学的視点)(その18)(新型コロナ 「ワクチンを打てば感染対策は不要」が間違いな理由、感染力高い変異種の病原性「弱いはずがない訳」 インフル研究の第一人者が見るコロナの先行き、いまだに「マスクに基準がない」という大問題 アメリカではようやく規格づくりが進んでいる)
パンデミック(医学的視点)については、昨年12月14日に取上げた。今日は、(その18)(新型コロナ 「ワクチンを打てば感染対策は不要」が間違いな理由、感染力高い変異種の病原性「弱いはずがない訳」 イン..
タグ: パンデミック (医学的視点) (その18)(新型コロナ 「ワクチンを打てば感染対策は不要」が間違いな理由、感染.. ダイヤモンド・オンライン ヘルスデーニュース 「新型コロナ、「ワクチンを打てば感染対策は不要」が間違いな理由」 ワクチンを打てばCOVID-19対策は不要? 接種したからといって感染予防策が不要になるわけではなく、引き続きマスクを着用し、.. 「ワクチンを接種していても感染する可能性があり、かつ他者に感染させる可能性もある.. 「「ワクチンの有効性は95%だ。つまり、5%のリスクが残されているということだ」..
パンデミック(医学的視点)(その16)(コロナで露呈した米国「ファックス依存」の実態 実はデジタル後進国だった?、はびこる「PCR検査拡大は不合理」説を公衆衛生の第一人者が論破!【偽陽性の問題はほぼ100%ない】 PCR検査の徹底的拡大こそ「経済を回す」、アビガンがコロナに劇的に効く薬ではない現実 あれだけ注目されたその後はどうなっているか)
パンデミック(医学的視点)については、7月17日に取上げた。今日は、(その16)(コロナで露呈した米国「ファックス依存」の実態 実はデジタル後進国だった?、はびこる「PCR検査拡大は不合理」説を公衆衛..
タグ: パンデミック 検査と隔離の拡大で、自粛を防ぎ経済を活性化できる 「はびこる「PCR検査拡大は不合理」説を公衆衛生の第一人者が論破!【偽陽性の問題.. 無症状感染者対策が感染コントロールの鍵 渋谷 健司 検査を抑制する日本独自の考えはもう脱却し、検査と隔離を本格的に基本戦略に据えるべ.. 検査陽性率はここ最近軒並み上昇 「検査数が増えたから感染者数が増えただけなので心配ない」は確かに間違いだ これは、感染者の増加に検査が追いついていないことを示している 「検査数が増えたから感染者数が増えた」は不正確
パンデミック(経済社会的視点)(その5)(WHO上級顧問・渋谷健司さんが警鐘 「手遅れに近い」状態を招いた専門家会議の問題点、前のめりの専門家とたじろぐ政治、問題だらけのGo To トラベル 「感染防止と経済活動の両立」は幻に、国内外でウイルスを広げている「米軍」の怠慢 沖縄だけじゃなく 世界で問題になっている)
パンデミック(経済社会的視点)については、7月19日に取上げた。今日は、(その5)(WHO上級顧問・渋谷健司さんが警鐘 「手遅れに近い」状態を招いた専門家会議の問題点、前のめりの専門家とたじろぐ政治、..
タグ: 1週間の遅れは、新型コロナウイルスの場合、非常に大きい 英国キングスカレッジ・ロンドン教授の渋谷健司 軍人の感染者は2万人を超し、軍内部の感染率は過去6週間で3倍に増加 「WHO上級顧問・渋谷健司さんが警鐘 「手遅れに近い」状態を招いた専門家会議の問.. 自民党の二階俊博幹事長が全国旅行業協会の会長 国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は凛として科学者としての役目を務めており.. これまでは感染者激増と医療崩壊を恐れるあまり、識者の関心が国の中枢での決定に集中.. 無許可で開かれたパーティーで感染拡大に拍車 これだけ感染者数が増えているのに、安倍首相が会見で国民に政府のスタンスや政策をし.. 政治の責任範囲を明らかにし、専門家は分析と評価に徹するよう役割の分担が必要
前のページへ 1 2 次のページへ