タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  二十四節気
関連するタグ: 七十二候           
記事 での「二十四節気」の検索結果 347
異話§東風解凍~七十二候~立春
ひだまりのお話 ] 00:01 02/04
立春の初候“東風解凍(はるかぜこおりをとく)”である。 あけましておめでとうございます……今年二度目 今日の日の出は6時38分、日没は17時14分で、世間は少しずつ明るくなってきている気が..
タグ: 七十二候 二十四節気 立春 鶏始乳 古希
異話§鶏始乳~七十二候~大寒
ひだまりのお話 ] 00:01 01/30
大寒の末候“鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)”である。 大寒が終われば立春……旧暦の新年である。 もう10年以上、七十二候に絡めてあれやこれやを書いてきたので、その内容はさほど代わり映..
タグ: 七十二候 二十四節気 大寒 鶏始乳
異話§水沢腹堅~七十二候~大寒
ひだまりのお話 ] 00:01 01/25
大寒の次候“水沢腹堅(さわみずこおりつめる)”である。 日没は先月中旬過ぎから遅くなり、日の出は2週間前から早くなってきている。 とはいえ、何度も書いているようにこの時期こそ寒さの底にあっ..
タグ: 七十二候 二十四節気 大寒 水沢腹堅
異話§款冬華~七十二候~大寒
ひだまりのお話 ] 00:01 01/20
大寒の初候“款冬華(ふきのはなさく)”である。 “ふきのはなさく”……花が咲くとくれば春近しということかと思えども、大寒の節気とて、今まさに厳冬の時ではないか。 期待半分にしても、蕗の花で..
タグ: 七十二候 二十四節気 大寒 款冬華
異話§雉始雊~七十二候~小寒
ひだまりのお話 ] 00:01 01/15
小寒の末候“雉始雊(きじはじめてなく)”である。 体感としては、去年の冬より今年の冬のほうが寒いと感じている。明らかに足温器やヒーターなどの稼働率が高くなっている。 いや、あるいは自分自身..
タグ: 七十二候 二十四節気 小寒 雉始雊
異話§水泉動~七十二候~小寒
ひだまりのお話 ] 00:01 01/10
小寒の次候“水泉動(しみずあたたかをふく)”である。 気がつけば新年も10日が経ってしまっていた。一日一日が貴重な老境の身にとっては、時間がどんどんなくなっていってしまう様が目に見えるようだ。 ..
タグ: 水泉動 小寒 二十四節気 七十二候 宇宙 時間
異話§芹乃栄~七十二候~小寒
ひだまりのお話 ] 00:01 01/06
小寒の初候“芹乃栄(せりすなわちさかう)”である。 小寒の初候……いよいよ寒さのピークが近づいてきつつあり、家の内外を問わず防寒に余念のない日々となる。 太平洋側、我が家は多摩丘陵の上に建..
タグ: 七十二候 二十四節気 小寒 芹乃栄 日本
異話§雪下出麦~七十二候~冬至
ひだまりのお話 ] 00:03 01/01
冬至の末候“雪下出麦(ゆきわたりてむぎいずる)”である。 元旦の天気が芳しくなかったという記憶はあまりない。試しに、過去40年の東京における元旦の天気を調べたら。 ご覧のとおり、あ..
タグ: 七十二候 二十四節気 冬至 雪下出麦 天気 元旦
過話§麋角解~七十二候~冬至
ひだまりのお話 ] 00:01 12/27
冬至の次候“麋角解(さわしかのつのおちる)”である。 冬至の次候で2022年は終わりである。 太陽暦では一年の終わりだが、二十四節気も七十二候も旧暦の初月に始まるので、立春がこれらの始まり..
タグ: 二十四節気 七十二候 冬至 麋角解 太陽暦 旧暦
過話§乃東生~七十二候~冬至
ひだまりのお話 ] 00:01 12/22
冬至の初候“乃東生(なつかれくさしょうず)”である。 冬至のこの日、日没は16時32分……12月上旬よりも4分遅くなってきて、毎年のことながら、日が長くなっていくことにホッとしているのだ。とはい..
タグ: 年賀状 年末 乃東生 冬至 二十四節気 七十二候
過話§鱖魚群~七十二候~大雪
ひだまりのお話 ] 00:01 12/17
大雪の末候“鱖魚群(さけのうおむらがる)”である。 大雪末候ということは、次は冬至ではないか。いよいよ冬本番である。 大学ラグビーの対抗戦やリーグ戦も一段落、これからがラグビーリーグワンの..
タグ: 七十二候 二十四節気 冬至 鱖魚群 ラグビー とんかつ
過話§熊蟄穴~七十二候~大雪
ひだまりのお話 ] 00:01 12/12
大雪の次候“熊蟄穴(くまあなにこもる)”である。 ご多分に漏れず、尾瀬にも熊をはじめとする野生動物が棲息していて、自身も3年前の9月には眼の前に鹿が現れて、戸惑いつつしっかりカメラに収めたりした..
タグ: 七十二候 二十四節気 大雪 熊蟄穴 自然 尾瀬 鹿
前のページへ 1 2 3 4 5 28 29 次のページへ