タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  オペラ
関連するタグ: クラシック 
記事 での「オペラ」の検索結果 614
過話§備忘録的な何か~2020年3月19日付~
ひだまりのお話 ] 00:01 03/19
3月17日……3月3日から26日まで行われる予定だった国立小劇場の『義経千本桜』の全公演中止が決まってしまった。我々も当初の予定からチケットを買い直して待ち望んだが、菊之助の千本桜が幻におわってしまっ..
タグ: 健康 クラシック 日本 日常 舞台 オペラ 文化 伝統芸能 歌舞伎 ワーグナー
顧話§今日の歴史~そしてビゼーは・・・・・・~
ひだまりのお話 ] 00:01 03/03
1875年3月3日、ビゼーのオペラ『カルメン』初演。 パリのオペラ=コミック座で行われた初演公演は不評に終わったようだが、その後徐々に評判となって、今日のオペラの人気演目の一つになっているのはご..
タグ: クラシック パリ フランス オペラ 歴史
悼話§ミレルラ・フレーニさん(オペラ歌手)
ひだまりのお話 ] 00:01 02/11
1981年、ミラノ・スカラ座引越し公演で、カルロス・クライバーが指揮した『ラ・ボエーム』のミミを歌ったのがフレーニを聴いた最初だった。 艶があって瑞々しい歌声で、その時フレーニはまさに歌い盛りの..
タグ: クラシック イタリア ウィーン オペラ ミラノ 追悼
OPERA リップティントN レッド
Will Be All Right ! ] 17:36 01/29
OPERA オペラ リップティント N #01 レッド(深みの赤にコーラルを差した絶妙カラー) 【ティントオイルルージュ】 赤い口紅をつけるのが夢で…。でも私には赤って似合わないのであきら..
タグ: Opera オペラ 潤い リップ オイル 長持ち リップティント
独話§旅先はドイツ~酒・歌・女~
ひだまりのお話 ] 00:00 01/17
ドイツとオーストリアばかりを旅行している。同じ所ばかり訪れているから観光旅行などとはとても呼べるものではない。目的は最早、オペラやコンサートを楽しむことと、おいしいビールを呑むことくらいである。 ..
タグ: クラシック 海外旅行 オペラ ドイツ ビール コンサート ミュンヘン ドイツビール ベルリン ドレスデン
顧話§今日の歴史~歌に生き、恋に生き~
ひだまりのお話 ] 00:01 01/14
1900年1月14日、プッチーニのオペラ『トスカ』がローマで初演。 あれもこれもと欲張っても、結局は中途半端どっちつかずになってしまうと心を決めて、イタリアオペラから手を引いたのは前世紀の終わり..
タグ: クラシック イタリア オペラ 歴史 プッチーニ
悼話§ハリー・クプファーさん(演出家)
ひだまりのお話 ] 00:01 01/08
旧東ドイツ出身の演出家ハリー・クプファーの舞台はいくつか観ているが、一番に刺激的だった舞台は、1991年に初めて訪れたバイロイト音楽祭で観た『ニーベルングの指環』四部作だった。 ↓バイロイト音楽..
タグ: クラシック オペラ ワーグナー 演出 追悼 バイロイト音楽祭
2019年、今年の音楽、リヒャルト・シュトラウス、ばらの騎士。
音のタイル張り舗道。 ] 12:33 12/27
今年の漢字、"令"でしたね。いやはや、皆さま、考えてらっしゃらない。令和で、"令"だなんて、もうちょっと2019年がどういう年だったか、考えてみませんこと?などと、突っ込まずいられ..
タグ: オペラ リヒャルト・シュトラウス 20世紀
悼話§ペーター・シュライヤーさん(歌手)
ひだまりのお話 ] 00:01 12/29
卓越した歌唱を聴かせてくれたペーター・シュライヤーが長い闘病の末に死 去したのは、先週のクリスマスのことだった。 彼を初めて聴いたのは1980年の1月、ギターのコンラート・ラゴスニック..
タグ: クラシック ギター シューベルト オペラ ワーグナー 追悼 リート
没後350年、チェスティ、アリア集。
音のタイル張り舗道。 ] 22:44 12/12
刻々と年の瀬が近付いております。でもって、例年通り、いろいろせっつかれるような状況となりつつありまして、若干、気が滅入って来るような、今日この頃... そうした中、当blog的には..
タグ: オペラ ピリオド バロック 17世紀
鑑話§今年のクラシック振り返り
ひだまりのお話 ] 00:00 12/19
2019年一年間のパフォーマンスを回顧する時期となった。今日はクラシックを取り上げる。 一年間に通ったクラシックの演奏会は、国内と国外を合わせて以下のとおり29回だった。かつてはバレエで一項設け..
タグ: 旅行 クラシック オーケストラ 海外旅行 ピアノ オペラ バレエ ドイツ 弦楽四重奏曲 リヒャルト・シュトラウス
ラモーからグルックへ、"ENFERS"。
音のタイル張り舗道。 ] 22:44 10/28
近頃、「ヴィンテージ」とか、「昭和」とか、そういったワードが、何かと視野に入って来る。もちろん、ポジティヴな意味合いで... 時代遅れを乗り越えた古さは、思い掛けなく新鮮に映ってし..
タグ: フランス オペラ ピリオド 18世紀 ラモー グルック
前のページへ 1 2 3 4 5 51 52 次のページへ