タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  俳句
関連するタグ: 日常          尾瀬 
記事 での「俳句」の検索結果 815
鳥のこと
爛漫亭日誌 ] 21:15 02/20
 すっかり春らしくなってきました。戸外では鳥の鳴き声がしています。最近は鳥は恐竜に含まれるそうです。6600 万年前に絶滅したと考えられていた恐竜は、トリとして生き延びていたそうです。  こども..
タグ: メジロ 植物 動物 俳句 文庫 恐竜
鮎の香り
爛漫亭日誌 ] 20:14 08/30
 八月もおわろうとしています。一昨日、釣り好きの同僚から鮎を頂きました。塩焼きにしましたが、香りが口腔にひろがり、堪能しました。 鮎くれてよらで過ぎ行く夜半の門 (蕪村) 今年は蕪村生誕三百年だそうで..
タグ: 動物 俳句 与謝蕪村 食物 俳人
かすみとパン
爛漫亭日誌 ] 18:17 02/17
 窓からの日差しが明るいので、外に出てみましたが、風はまだ冷たいです。本を読んでいると、気象用語では霞という言葉はないそうです。「霧」と、それより薄いのは「もや」ということです。  ひさかたの天..
タグ: 俳句 松尾芭蕉 パン 柿本人麻呂 万葉集 グルテン 和歌
夏を流す
爛漫亭日誌 ] 20:15 07/10
 今朝、玄関ドアを開けるとセミが一斉に鳴いていました。去年はいつ聞いたのか憶えていませんが、一昨年は7月9日でした。蝉しぐれにつつまれると梅雨があけた気になります。  明治26年7月19日、26..
タグ: 鉄道 俳句 松尾芭蕉 評伝 東北 奥の細道 石川啄木 明治
最上川のこと
爛漫亭日誌 ] 17:52 07/29
 昨日は山形県で大雨が降って、最上川が氾濫し、大石田などが洪水になったようです。今年も各地で災害が続発し、なんとも心が痛みます。    大石田という所へは行ったことはありませんが、芭蕉『奥の細道..
タグ: 俳句 松尾芭蕉 短歌 奥の細道 洪水 山形県 五月雨 歌人 斎藤茂吉
集中と分散
爛漫亭日誌 ] 20:46 09/11
 9月4日に台風21号が来襲して、7日に所用で東京へ出かけました。最寄りのJR駅や交通信号はまだ停電していました。8日に千葉にいる長男一家と昼食を共にすることにしていましたが、長男は5日から札幌に出張..
タグ: 俳句 東京 地震 北海道 書店 停電 台風 分散 一極集中
台風の風景
爛漫亭日誌 ] 16:36 09/05
 モーレツな風が 4時間ほど吹いて、通り過ぎました。昨日の台風21号は 2週間ほど前の20号と同じような径路でした。室戸岬と潮岬のあいだを北上しました。  57年前の第二室戸台風と比較されていま..
タグ: 俳句 災害 中学生 父親 台風 治水 俳人 西東三鬼 アルミ・サッシ
京都とウィーン
爛漫亭日誌 ] 20:29 10/15
 今朝の新聞には、与謝蕪村のゆくえの分からなくなっていた句集がみつかったという記事が出ていました。それを見てアレッと思ったのは蕪村の1716年という生年でした。 なんとなく蕪村といえば、正岡子規や萩原..
タグ: 京都 俳句 ウィーン 萩原朔太郎 モーツァルト 与謝蕪村 正岡子規 俳人 1716年 1756年
映画の中の風景
爛漫亭日誌 ] 20:02 09/03
  今日は青空が見えて、羊雲が浮かんでいます。風が乾いていて、秋の気配を感じます。夏休みが終わったと思ったら、近隣の小学校ではもうインフルエンザが流行っているそうです。   小狐の何にむせけむ..
タグ: 映画 動物 昭和 俳句 東京 短歌 浅草 荒川 新書
ビスケットを食べて
爛漫亭日誌 ] 21:18 10/22
 秋晴れの爽やかな天気が続いています。日暮れがめっきり早くなり、仕事を終えて帰るころには暗闇になっています。これから二月まで段々と気温が下がっていくのかと思うと、気分がひきしまります。 このあたりは南..
タグ: 俳句 紅茶 紅葉 南禅寺 ビスケット 高浜虚子 俳人
節話§一日一句~寒戻って~
ひだまりのお話 ] 00:02 02/25
季語は・・・春霜 散歩径 快晴なれど 春の霜 【去年の今日】愉話§呑藝春秋[66]豆腐ラプソディ
タグ: 日常 俳句 散歩 春霜
節話§一日一句~日陰は寒い~
ひだまりのお話 ] 00:02 02/24
季語は・・・水温む 水温む 野良おずおずと 池の淵 【去年の今日】塵話§スパムメイル始末之記
タグ: 日常 俳句 水温む
前のページへ 1 2 3 4 5 67 68 次のページへ