タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ノンフィクション
記事 での「ノンフィクション」の検索結果 223
戦後保守政治の暗部に迫る労作~濫読日記
夕陽の回廊 ] 15:35 10/20
戦後保守政治の暗部に迫る労作~濫読日記 「ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス」(春名幹男著)  1976年2月、ロッキード事件が日本で初めて大々的に報じられた時のことを覚えている。地方にいたので..
タグ: 田中角栄 ノンフィクション キッシンジャー 春名幹男 ロッキード事件
流れ星
6猫日記 ] 13:18 10/15
 沢木耕太郎『流星ひとつ』読了。  聞き手の沢木耕太郎が31歳、受けた藤圭子が28歳というときのインタビュー記録。二人の会話だけで進行しているが、まさかそこから30年以上もたつまで出版されず..
タグ: インタビュー 沢木耕太郎 ノンフィクション 藤圭子 流星ひとつ
「軍都」の足跡を綿密に追う~濫読日記
夕陽の回廊 ] 14:34 09/02
「軍都」の足跡を綿密に追う~濫読日記 「暁の宇品 陸軍船舶司令官たちのヒロシマ」(堀川惠子著)  栗原貞子の詩に「ヒロシマというとき」がある。結びの言葉はこうだ。 <ヒロシマ>といえば..
タグ: ヒロシマ ノンフィクション 堀川惠子 暁の宇品
悪いもんは、悪い
6猫日記 ] 19:53 08/25
 廣末登『組長の妻、はじめます。―女ギャング亜弓姐さんの超ワル人生懺悔録―』読了。  この人は呼吸をするように悪事を行っているようで、最後まで読んでも特に懺悔している感じがしないんですけど…..
タグ: ノンフィクション 廣末登 組長の妻、はじめます。
アフリカン in 香港
6猫日記 ] 20:26 08/18
 小川さやか『チョンキンマンションのボスは知っている アングラ経済の人類学』読了。  ネイザンロードの端っこといえば、バックパッカーのたまり場、チョンキンマンション。仕事で香港大学に人を連れ..
タグ: ノンフィクション 小川さやか チョンキンマンションのボスは知っている 地下経済
大変なお仕事
6猫日記 ] 10:06 07/27
 関大地『乗務員室からみたJR 英語車掌の本当にあった鉄道打ち明け話 』読了。  英語車掌ことSEKIDAIさんのJR勤務時代に学んだことの本。よい広報になっている。それにしても、車掌さんっ..
タグ: JR東日本 オムニバス ノンフィクション 乗務員室からみたJR 英語車掌の本当にあった鉄道打ち明け話 関大地 笑撃! これが小人プロレスだ 高部雨市 怪談列島ニッポン 書き下ろし諸国奇談競作集
子どもから年寄りまで
6猫日記 ] 16:50 07/10
 金光敏『大阪ミナミの子どもたち: 歓楽街で暮らす親と子を支える夜間教室の日々』読了。  作者自身が在日コリアン3世。やむにやまれぬ「怒り」に突き動かされて、外国人の子どもたちに何とか日本の..
タグ: ノンフィクション 柏耕一 交通誘導員ヨレヨレ日記 大阪ミナミの子どもたち 金光敏
癖のある人物ばかり
6猫日記 ] 23:21 07/05
 三好徹『女役座一代-戦後人物誌-戦後人物誌-北村サヨ伝』読了。  物故作家を必ず読むという習慣で読んだけれど、この人、ミステリの人だとばかり思いこんでいた。ジャーナリストだったのだな。北村..
タグ: 時代物 ミステリ ノンフィクション 長編 三好徹 門井慶喜 宇佐美まこと 女役座一代 愚者の毒 新選組の料理人
辛い仕事
6猫日記 ] 00:26 07/04
 緒方高司『君がここにいるということ』読了。  あっという間に読み終わる手の本ではあるが、内容はずしっとくる。なり手がないと言われる小児科医である作者。忙しく、またやりがいもあるが、目の前で..
タグ: エッセイ ノンフィクション 小児科医 緒方高司 君がそこにいるということ
ユートピアの挫折
6猫日記 ] 22:07 06/15
 菊池秀明『太平天国――皇帝なき中国の挫折』読了。  キリスト教を教理とした異質の宗教集団、太平天国だが、白蓮教や天地会、三合会等と末路的にはあまり違わないのかも。結局この世の楽園を作るのは..
タグ: 歴史 新書 ノンフィクション 伝記 響介 太平天国 菊池秀明 村に火をつけ、白痴になれ 栗原康 猫を飼うのをすすめない11の理由
スピルオーバー  デビッド・クアメン
弓張りの月 ] 20:29 06/08
スピルオーバー——ウイルスはなぜ動物からヒトへ飛び移るのか出版社/メーカー: 明石書店発売日: 2021/04/02メディア: Kindle版 病気の多くは動物からやってくる。野生動物からス..
タグ: ノンフィクション 読書記録 スピルオーバー
まだ見てないけど
6猫日記 ] 08:35 06/06
 山崎まゆみ『白菊-shiragiku-: 伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花 』読了。  長岡の花火大会の意味については、大林宜彦監督の映画を見て、なんとなく知っていたが、この老花火師..
タグ: ノンフィクション 白菊 長岡花火大会 山崎まゆみ
前のページへ 1 2 3 4 5 18 19 次のページへ