タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  浅田次郎
記事 での「浅田次郎」の検索結果 133
天才だなあ
6猫日記 ] 16:59 03/07
 矢部太郎『「大家さんと僕」と僕』読了。  なんかもう、天才だよなあ、この抜け方。絵本作家のお父さんも出演していて、そのほのぼの間のルーツもわかる。なんでこんな漫画を描けるのか。『楽屋のトナ..
タグ: 山田章博 イラストレーション 十二国記絵師山田章博の世界 誰? 明野照葉 挿絵 「大家さんと僕」と僕 矢部太郎 マンガ 浅田次郎
うっかりしてまたためた
6猫日記 ] 20:44 02/25
 金原ひとみ『ミーツ・ザ・ワールド』読了。    なんとなく『蛇にピアス』でアレルギーを起こして、読んでいなかった金原ひとみ。なんだ、全然面白いじゃん。読まないできて損したな。もう少し読もう。..
タグ: アンニョン、エレナ 金仁淑 韓国 流人道中記 浅田次郎 ミーツ・ザ・ワールド 金原ひとみ 邯鄲の庭 清岡卓行 二胡
枕の色?
6猫日記 ] 22:25 10/05
 浅田次郎『ブラック オア ホワイト』読了。  親の代までの遺産で悠々自適に暮らしていると一見は思える元商社マンの苦い過去や秘密が夢物語の中に浮かび上がる不思議な話。必ずしも読後感がいいとは..
タグ: 山路徹 山路徹と救出チーム おーあみ避難所 大網直子 ブラックオアホワイト 浅田次郎
「夢介千両みやげ」2階から観劇&つぶやき
ノルウェイ材の部屋 ] 09:26 06/02
先週、雪組「夢介千両みやげ」2回目観劇してきました。友の会で購入したチケットですので、ネバセイに続けてオリジナルピクチャーチケットが発券できました。月組ロマンス劇場は友の会抽選先行一般全滅で、カード会..
タグ: 宝塚 東京宝塚劇場 雪組 夢介千両みやげ 彩風咲奈 朝月希和 朝美絢 総太郎 2階席 最前列
夢介、蒼穹の昴、雪組、、、。
ノルウェイ材の部屋 ] 11:15 03/25
コロナで年明けの「オデッセイ」が中止になっていた(上演再設定されましたが)雪組が大劇場での初日を無事迎えられました(^^)良かった!大劇場のプログラム買っちゃいました(笑)スカイステージで初日映像観ま..
タグ: 夢介千両みやげ 宝塚 宝塚大劇場 オデッセイ コロナ禍 中止 雪組 彩風咲奈 朝美絢 縣千
旅でまた、2冊
6猫日記 ] 22:38 09/09
 浅田次郎『真夜中の喝采』読了。  「きんぴか」シリーズの最終章。相変わらず面白いが、最後はちょっとほろ苦さもあった。血まみれのマリアはやっぱり、どこまでもすかっとかっこいいなあ。  ..
タグ: 神家正成 桜と日章 真夜中の喝采 きんぴか 浅田次郎
新聞連載小説
今読売新聞に連載中の浅田次郎の小説「流人道中記」がもうすぐ終わりそう。 まだ終わらないでほしい。終わったら寂しい。 新聞の連載小説は、自分の好みでないと途中で読まなくなって終わる。 読みたい!と..
タグ: 三浦しをん 橋本治 平野啓一郎 浅田次郎
涙!雪組「壬生義士伝」8/15マチネ
ノルウェイ材の部屋 ] 20:05 08/15
家庭の事情により暫く観劇も無く、更新が滞っていました。久しぶりの日比谷!お盆の日比谷はいつもより静かでした。雪組「壬生義士伝」8/15マチネ。A席2階ほぼセンター。よく見渡せるお席でした。A席5500..
タグ: 宝塚 東京宝塚劇場 雪組 壬生義士伝 浅田次郎 望海風斗 真彩希帆 彩風咲奈 凪七瑠海 彩凪翔
ほっと安心
6猫日記 ] 23:27 01/16
 三浦しをん『神去なあなあ夜話』読了。  ここのところ呼んだ三浦しをん作品が、なんだかあまりのれなかったので、こちらに戻ったら、正解。安心の面白さだった。ほっとした。  壇蜜『壇蜜日記..
タグ: 神去なあなあ夜話 三浦しをん きんぴか 壇蜜 壇蜜日記3 三人の悪党 血まみれのマリア ドラマ化 浅田次郎
『一路』(上・下)
一路(上) (中公文庫)作者: 浅田 次郎出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2015/04/23メディア: 文庫内容(「BOOK」データベースより)失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から..
タグ: 中山道 浅田次郎
旅で3冊、割と長編
6猫日記 ] 23:45 08/11
 浅田次郎『オー・マイ・ガアッ!』読了。  笑わせるほうの浅田次郎だが、ただのエンタメというよりもう一つ深くなっているのが、さすが、さすが。  原宏一『握る男』読了。  これ..
タグ: 乾緑郎 鷹野鍼灸院の事件簿 原宏一 握る男 長編 オー・マイ・ガァッ! 浅田次郎
また泣かすー
6猫日記 ] 16:40 07/07
 浅田次郎『降霊会の夜』読了。  後半の昔の友人及び恋人のくだりでは泣かなかったけど、前半の不幸な子供、そして鬼のように見えた両親が実は……というところで泣いてしまった。また、電車で。
タグ: 降霊会の夜 浅田次郎
前のページへ 1 2 3 4 5 11 12 次のページへ