タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  副交感神経
記事 での「副交感神経」の検索結果 123
抗がん剤の副作用:爪が黒くなる
 これはこのブログを検索してくださった方の検索ワードの一つです。 抗がん剤治療を受けている患者さんでは爪が黒くなることが多いのですが、それはなぜでしょうか?  抗がん剤は交感神経を刺激する薬物..
タグ: 副交感神経 抗がん剤治療 抗がん剤 交感神経 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 爪が黒い リンパ球を増やす方法
いよいよ師走
 師走に入り、一段と寒さが募ります。 この寒さ・乾燥に乗じて、新型コロナウイルス感染症患者さんは格段に増えております。 寒さ・乾燥の対抗手段としては、暖房・加湿があります。 外出する場合にはカイ..
タグ: リンパ球 副交感神経 免疫 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 師走 風邪 湯たんぽ 新型コロナウイルス感染症
癌部分にお灸しても良い?
 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。 お灸は古代中国由来の治療法ですが、日本で独自の発展をとげました。 今では日本のお灸は、驚異的な治療効果を有する治療法になっておりま..
タグ: まだらめ式間接灸 お灸 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ 副交感神経 内臓の機能 筋肉のこり 乳癌
過去問を考えてみよう(1981)
1981. 交感神経の作用はどれか。2つ選べ。 1.散瞳 2.精神性発汗 3.腸蠕動の促進 4.排尿筋の収縮 5.グリコーゲン合成の促進                     正解(1、..
タグ: 看護国家試験 副交感神経 交感神経
交感神経と副交感神経の作用がパニック障害にもたらすものとは!?
自律神経(交感神経と副交感神経)の異常が、 パニック障害やパニック症候群の原因である場合が 実は少なくありません。 ⇒交感神経と副交感神経の働きについて
タグ: 副交感神経 交感神経 自律神経
病気治療の原則
 本日は真冬並みの寒さで大雪のため、外出する方は少なかったようです。 新型コロナウイルス感染予防にはいい一日でした。  このブログにも書き込みましたが、一般的に感染症予防にはリンパ球の数が多い..
タグ: 新型コロナウイルス 病気 悪性腫瘍 心血管系の病気 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 副交感神経 治療 自律神経 糖尿病 感染症予防
冷えが治ると何か、いい事がありますか?
 当クリニックの方法で冷えを改善させると、副交感神経が優位の状態を作れます。 抗癌剤の副作用で苦しんでいらっしゃる方は多いのですが、その副作用が軽減・消失します。 多くは吐き気や手足のしびれに..
タグ: 副交感神経 手足のしびれ 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 多系統萎縮症 神経変性疾患 パーキンソン病 悪性腫瘍 慢性疲労症候群 線維筋痛症
綿花を利用した、まだらめ式間接灸の効果
 かつて、お灸は顔面にしてはいけない治療でした。 米粒の半分くらいの大きさのモグサを肌に直接くっつけて、お線香で火をつけるやり方でお灸をすると、いくら気をつけてもヤケドする可能性があるのです。 ..
タグ: 交感神経 白内障 飛蚊症 緑内障 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 綿花を利用した、まだらめ式間接灸 全身の疲労倦怠感 目の疲れ 眼圧 リンパ球
両側乳癌手術後状態の患者さんの話
 標記の患者さんが受診されました。 標準治療を受けていらっしゃいましたが、抗癌剤の副作用がひどいために継続が不可能となったそうです。 抗癌剤を中止してすでに3ヶ月経過しておりますが、むかつき・背中..
タグ: 副交感神経 むかつき 交感神経 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 副作用 抗癌剤 背中苦しい 不眠 乳癌
リンパ球の増やし方
 特に癌の患者さんにとってはリンパ球の数・機能が再発転移の予防にとっては大切なことです。 オブジーボですら、リンパ球の少ない病態では効果がでないことが知られております。 頑張って手術を受けたのに、..
タグ: 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 リンパ球 交感神経 副交感神経 湯たんぽ 安保徹 オブジーボ 毎日が快適
癌患者さんのリンパ球について
 乳癌の患者さんから連絡がありました。 手術はしたそうですが、リンパ球の数が少ないとおっしゃいます。 リンパ球の数が少ないと、再発転移する可能性が高くなります。 そんな話を聞くと、少ない方はなん..
タグ: 湯たんぽ美人 まだらめ式間接灸 リンパ球 副交感神経 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 気診治療
寒暖の差が激しい時季になりました
 立春が過ぎ暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いております。 大寒の頃よりもむしろ、今の方が寒くなっております。 これだけ寒い日があったり、20度近くまで気温が上昇したりと寒暖の差が激..
タグ: 自律神経 寒暖差疲労 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 交感神経 副交感神経
前のページへ 1 2 3 4 5 10 11 次のページへ