タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  室内楽
記事 での「室内楽」の検索結果 177
珍しいプログラムを楽しみました【弁天百暇堂を聴く】
きのうは友人・知人ほか出演の室内楽演奏会を聴きました。 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 弁天百暇堂(室内楽デパート『べんてんひゃっかどう』)vol.1..
タグ: 演奏会 室内楽 動物の謝肉祭
暮話§ブラームス―マイカテゴリー―晩秋へ
ひだまりのお話 ] 00:00 10/27
清少納言風に書くなら「秋はブラームス」である。ブラームスの芸風のようなものと季節が合致して聴こえてしまうのは自分だけだろうか……あくまでも“個人の感想”でしかないのだが。 例えばクラリネット五重..
タグ: 音楽 クラシック オーケストラ クラリネット 交響曲 カテゴリー 室内楽 マイカテゴリー
"ヴィターリのシャコンヌ"から、ヴィターリの真実を見つめて...
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 06/25
ヴィターリと言えば、シャコンヌである。オルガンを伴奏に、ヴァイオリンがエモーショナルに歌い上げる、あの有名な作品... が、ヴィターリのシャコンヌ、ヴィターリとは関係の無い作品であ..
タグ: ヴァイオリン ピリオド バロック 18世紀 17世紀 室内楽 ボローニャ楽派
ドメニコ・ガブリエッリ、チェロ作品全集。
音のタイル張り舗道。 ] 21:33 07/01
北イタリア、アルプスとアペニン山脈に挟まれたポー平原が、クラシックにおける器楽曲の故郷... と言っても、ピンと来ない?やっぱり、音楽の都、ウィーンとか、ベートーヴェン、ブラームス..
タグ: チェロ ピリオド バロック 17世紀 室内楽 ボローニャ楽派
やるせない音楽
爛漫亭日誌 ] 14:44 06/09
 「やるせない」という言葉で思い浮かぶのは「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ」という竹久夢二の詩句ですが、ブラームス(1833-1897)の室内楽を聴くと何か濃密なやるせなさにひたされる気が..
タグ: 音楽 ジャズ ロック ベートーヴェン ブラームス ブルース 竹久夢二 室内楽 スタン・ゲッツ
モーツァルト、春、
音のタイル張り舗道。 ] 23:33 04/16
この間、買い物の帰りに、桜の木の下を通ったのだけれど、足元には、まだたくさんのガクが残っていて... それが、とても寂しげで... 毎年、みんなから、綺麗だねぇ~ っと、見上げられ..
タグ: モーツァルト 18世紀 弦楽四重奏 室内楽
"O dulcis amor"、17世紀、イタリアの女性作曲家たち...
音のタイル張り舗道。 ] 21:33 03/02
3月に入りました。そして、すっかり春めいております。分厚いコートを着なくてもよくなると、足取りも軽くなります。が、今年の春は、キリスト教徒でなくとも、四旬節。家で静かにしていること..
タグ: ピリオド 17世紀 ヴォーカル 室内楽 初期バロック 女性作曲家
モソロフ、鉄工場、だけじゃない...
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 02/04
音楽史におけるソヴィエトの存在を振り返ると、それは、まさに"冬"だったなと... 2019年、「表現の不自由」で、お祭り騒ぎができた、一面のお花畑、ニッポンの春からしたら、本当の意..
タグ: ピアノ 20世紀 協奏曲 室内楽 管弦楽曲 ソヴィエト
"spaces & spheres"、直観の音楽。
音のタイル張り舗道。 ] 23:03 01/08
フリー・ジャズって、"ゲンダイオンガク"みたいな印象を受けるのだけれど、それっておもしろいなと思う。ジャズたらしめて来た型枠からフリーになると、"ゲンダイオンガク"っぽく響くという..
タグ: 現代 室内楽
どのグループも楽しめる演奏でした【弁天百暇堂を聴く】
きのうは身内の出演する室内楽演奏会を聴きに行きました。 (身内以外もほとんどの出演者が知り合いです。) ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 室内楽デパー..
タグ: ロシア ショスタコーヴィチ 演奏会 室内楽 プロコフィエフ ソ連
秋に聴くガンバ... シェンクの実直、フィンガーの充実。
音のタイル張り舗道。 ] 23:44 11/18
ヴィオラ・ダ・ガンバはチェロに似て、まったく異なる楽器である。ヴィオラ・ダ・ガンバが古楽器であるがゆえに、うっかりチェロの古い形だと錯覚してしまいそうになるのだけれど... チェロは、ヴァイオ..
タグ: ピリオド バロック 18世紀 17世紀 室内楽 ヴィオラ・ダ・ガンバ
秋に聴くガンバ... へフラー、竪琴からとれた初物の果物。
音のタイル張り舗道。 ] 22:44 11/15
春は曙、秋は夕暮れ、みたいに、四季を楽器で語ったら、どんな感じになるかな?と、この間、秋の夕暮れ間近、差し込む陽の光がこそばゆい電車のシートに揺られながら、何となく考えていた。秋は..
タグ: ピリオド バロック 17世紀 室内楽 ヴィオラ・ダ・ガンバ
前のページへ 1 2 3 4 5 14 15 次のページへ