タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  紀行
記事 での「紀行」の検索結果 126
秋田県へ桜を見に行く@秋田県仙北市
今日から東北&北海道の 桜紀行へおでかけです。 久しぶりの ツアーでの参加なので 東京駅に8時に集合
タグ: 新幹線 ツアー 仙北市 ゴールデン 開花 GW 紀行 満開 東北新幹線
転石の途中
爛漫亭日誌 ] 21:03 12/11
 『転がる香港に苔は生えない』を書いた星野博美に『コンニャク屋漂流記』(文藝春秋)という本があります。五反田に住む著者が祖父の出身地である千葉・外房の漁師町とのつながりを調べるうちに、その村の住民が江..
タグ: 千葉県 先祖 紀行 房総半島 和歌山県 紀伊半島 星野博美 コンニャク屋漂流記
薬の効きめ
爛漫亭日誌 ] 10:33 01/29
 よくそんなことが出来たものだと驚きながら、河口慧海『チベット旅行記』(講談社学術文庫)を読んでいると、困ったときに慧海(えかい)は「宝丹」という薬をよく飲んでいます。たとえば・・・  < そう..
タグ: 東京 評伝 仏教 上野 文庫 明治 祖父 ネパール チベット
210114読んだ本【バカチン】
なぜ本を読むのか、そこに本があるからさ〇 o 。.~~━u( ゚̄  ̄=)ヾ( ̄o ̄;)登山家の有名な言葉だろ! でも、ストーブとファンヒーター使ってたら、電気代が凄い額になったから、もう本は買えぬ(..
タグ: 歴史 紀行
210101読んだ本【バカチン】
有名な研究者が岩波新書でデタラメな記述を書き散らすんじゃねーよヾ(`◇´)ノ彡☆コノ! バカチンガァ!! 届いた年賀状(購入枚数は前年の3分の2に減らした)で出してなかった数人分を書いて投函して..
タグ: 歴史 随筆 紀行 地理 和歌
201231読んだ本【バカチン】
岩波文庫創刊70年記念の1996年12月の「図書」臨時増刊号「私の三冊」において、「中学生の頃から 愛誦しているが、なぜ万葉集でなく新古今かと問われると難しい。学卒直後の味気ない勤め人時代、 往き..
タグ: 歴史 随筆 紀行 地理 和歌
詩人のことば
爛漫亭日誌 ] 14:30 09/30
 窓の外では風がうなりだしています。夕方には台風24号が当地のあたりにやって来るようです。なんとか被害なく、過ぎて行ってほしいものです。こんな日には静かに本でも読んでいるほかありません。    6..
タグ: 詩人 20代 深夜特急 紀行 沢木耕太郎 台風 漢詩 李賀
わが身ひとつ
爛漫亭日誌 ] 21:59 11/15
 今日は少し大きめの月が出ています。四月と比べると1.3 倍の面積だそうです。昭和23年以来 68年ぶりの大きさだそうです。わたしが生まれた年と一緒か・・と見上げます。 こどものころは、満月の夜は影ふ..
タグ: 昭和 歴史 小学生 新書 紀行 島根県 出雲 弥生時代 磐座
サマータイム
爛漫亭日誌 ] 22:26 08/04
 炎暑が続いています。G. ガーシュウィンに「Summertime」という、けだるいような子守唄がありますが、午睡にはちょうどいい曲です。いろんな人が唄ったり、演奏したりしていますが、それぞれの風あい..
タグ: 音楽 植物 サマータイム 叔母 叔父 紀行 親戚
出雲のはなし
爛漫亭日誌 ] 17:59 01/24
 今朝は、いつのまにか雪が積もっていました。五年に一度位と思っていましたが、ほぼ一年ぶりです。出勤にタクシーを聞いてみましたが、行けるかどうか分からないという返事でした。南国では運転手も雪道の経験がな..
タグ: 三重県 神社 大学生 大和 歴史 伊勢 新書 紀行 島根県
夏を流す
爛漫亭日誌 ] 20:15 07/10
 今朝、玄関ドアを開けるとセミが一斉に鳴いていました。去年はいつ聞いたのか憶えていませんが、一昨年は7月9日でした。蝉しぐれにつつまれると梅雨があけた気になります。  明治26年7月19日、26..
タグ: 鉄道 俳句 松尾芭蕉 評伝 東北 奥の細道 石川啄木 明治
寅さんの背景
爛漫亭日誌 ] 18:03 09/12
 このあいだ出かけた富山の八尾(やつお)という町は、寅さんが啖呵売していそうな雰囲気ですが、映画の舞台にはなっていないようです。富山県は一度も寅さんと関係がなかった、数少ない県のひとつだそうです。 ..
タグ: 映画 沖縄 富山県 男はつらいよ 山田洋次 柴又 寅さん 江戸川 紀行
前のページへ 1 2 3 4 5 10 11 次のページへ