タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  アール・ヌーヴォー
記事 での「アール・ヌーヴォー」の検索結果 33
めぐるアール・ヌーヴォー展
国立工芸館で「めぐるアール・ヌーヴォー展:モードのなかの日本工芸とデザイン」を観てきました。    ジャポニスムの流行に影響を受けて、19世紀末から20世紀初頭にかけて広くヨーロッパで流行..
タグ: アール・ヌーヴォー ジャポニズム 工芸 デザイン
みなとみらいの新スポット(8) みらい美術館
東京おじさんぽ ] 00:00 04/22
こちらの施設は、最近、たまたまグーグルマップ上で見つけて、調べたら、どうやら割と最近できたものであることが判明したので、このシリーズの流れで、ご紹介したいと思います。 2016年夏に、「みなとみ..
タグ: みなとみらい エミール・ガレ展 みらい美術館 ガラス工芸 エミール・ガレ みなとみらい学園 ステンドグラスの集い 鶴見輝彦 ドーム兄弟 企画展
飛騨高山美術館の最終公開(2)インテリア館
猫と花の日々 ] 18:14 05/31
5月24日(日)、この5月31日(日)で閉館する 飛騨高山美術館の最終公開を見に行きました。 ルネ・ラリックの噴水やアール・ヌーヴォー、 アール・デコ、そして現代のガラス工芸品の展示を 見..
タグ: ウィーン分離派 アール・デコ チャールズ・レニー・マッキントッシュ 飛騨高山美術館 ミュシャ ルイ・マジョレル エミール・ガレ カフェ アール・ヌーヴォー
飛騨高山美術館の最終公開(1)ガラス工芸
猫と花の日々 ] 14:18 05/28
5月24日(日)飛騨高山美術館へ行きました。 前日、ツイッター見てたら、飛騨高山美術館が閉館するって 流れてきたんです。驚いて元記事見て、 岐阜新聞Web 「装飾の美」伝え23年 飛騨..
タグ: モーリス・マリノ 飛騨高山美術館 武政健夫 エミール・ガレ アール・デコ ルネ・ラリック 藤田喬平 アール・ヌーヴォー
練馬区立美術館「津田青楓」展
猫と花の日々 ] 14:10 03/23
3月15日(日)、練馬区立美術館へ行ってきました。 「生誕140年記念  背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和」 という展覧会をやっています。 3月14日(土)・15..
タグ: 月の風 津田青楓 夏目漱石 アール・ヌーヴォー 練馬区立美術館 パブリックアート
ヤマザキマザック美術館「木村忠太の世界」展
猫と花の日々 ] 21:46 03/05
新型コロナウィルスで全国の小中高校が休校となり、 多くのイベントが中止・延期になっりと、 世間は大変なことになってます。 ヤマザキマザック美術館も3月2日(月)から臨時休館となり、 まだ1..
タグ: ヤマザキマザック美術館 アール・ヌーヴォー 木村忠太
ヤマザキマザック美術館「ロイヤルコペンハーゲンのアール・ヌーヴォー」
猫と花の日々 ] 15:06 08/03
7月14日(日)、ヤマザキマザック美術館へ行きました。 「ロイヤルコペンハーゲンのアール・ヌーヴォー」  という企画展をやっています。 ヤマザキマザック美術館は私の大好きな美術館で、..
タグ: アール・ヌーヴォー ヤマザキマザック美術館 ビング オー グレンダール ロイヤル コペンハーゲン
マイセン動物園展
パナソニック汐留美術館(パナソニック東京汐留ビル4階)で「マイセン動物園展」を観てきました。 本日初日。(私としては会期初日に訪れるのは珍しい) 焼き物、動物好きにつき見逃せない展覧会..
タグ: 陶磁器 動物 アール・デコ アール・ヌーヴォー 汐留
ヤマザキマザック美術館「はしもとみおの世界」展
猫と花の日々 ] 14:24 01/15
2018年、さぁ今年もたくさん美術展を見たい!! でもパート先の人手不足で、1月は定休日の日曜以外の休みがないんですよねー。 ということで、1月の第一日曜日、意気込んで (にしては家を出るの..
タグ: アール・ヌーヴォー はしもとみお ヤマザキマザック美術館 エミール・ガレ
バルセロナベルギーオランダを駆け巡る2015〜ベルギービールinファルスタッフ
グランプラス周辺の散策#59033; 証券会議所の横にある創業1903年の老舗ビアカフェ・ブラッスリーFALSTAFF#58994; べルギーのアール・ヌーヴォーの巨匠ヴィクトル・..
タグ: ファルスタッフ ベルギービール アール・ヌーヴォー アール・デコ ヴィクトル・オルタ 文化遺産 ブリュッセル グランプラス
アール・ヌーヴォーの装飾磁器 ヨーロッパ名窯 美麗革命!
日本橋室町の三井記念美術館で特別展「アール・ヌーヴォーの装飾磁器 ヨーロッパ名窯 美麗革命!」を観てきました。 19世紀から20世紀初頭にかけて全盛を極めた装飾様式、アール・ヌーヴォー。..
タグ: アール・ヌーヴォー 磁器
エミール・ガレ展
東京ミッドタウン内のサントリー美術館でオルセー美術館特別協力 生誕170周年「エミール・ガレ」展を観てきました。 昼顔形花器「蛾」エミール・ガレ、1900年、サントリー美術館蔵 ガレの..
タグ: ガラス工芸 アール・ヌーヴォー
前のページへ 1 2 3 次のページへ