タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  Newsポストセブン
記事 での「Newsポストセブン」の検索結果 34
反社会的勢力(その2)(「半グレ」集団のいま 暴力団の稼ぎを超えた可能性も、ヤクザが刑務所のことをあえて「大学」と呼ぶ理由 彼らが刑務所の中で読む本とはいったい?、暴力団による「企業恐喝の手口」 元マル暴刑事が明かす巧妙化の実態とは)
反社会的勢力については、2018年8月3日に取上げた。久しぶりの今日は、(その2)(「半グレ」集団のいま 暴力団の稼ぎを超えた可能性も、ヤクザが刑務所のことをあえて「大学」と呼ぶ理由 彼らが刑務所の中..
タグ: 「最悪なのは、別の暴力団や、事件屋などの暴力団周辺者に解決を依頼することです。こ.. 「企業相手の場合は暴力団の組員が直接表には出られないので、ブローカーや、カネに困.. 「暴力団が最初から企業とじかに接触することはありません。必ず、間にブローカーや、.. 「企業経営者が、別の暴力団周辺者に対処を相談するのを待っているんです。間に人を介.. 東洋経済オンライン マル暴 警視庁暴力団担当刑事 「暴力団による「企業恐喝の手口」、元マル暴刑事が明かす巧妙化の実態とは」 溝口 敦 鈴木 智彦 「ヤクザが刑務所のことをあえて「大学」と呼ぶ理由 が彼ら刑務所の中で読む本とはい..
維新の会(その3)(吉村知事に大阪府民の怒り沸騰 在阪メディアの「共犯関係」も問題、大阪府は時短協力金支給も全国ビリ 委託先パソナに20億円、大阪以外で初めて誕生した「維新系知事」の実情 兵庫県知事選「本当の勝者」は誰だったのか)
維新の会については、2019年9月27日に取上げた。久しぶりの今日は、(その3)(吉村知事に大阪府民の怒り沸騰 在阪メディアの「共犯関係」も問題、大阪府は時短協力金支給も全国ビリ 委託先パソナに20億..
タグ: 「井戸氏」の「20年は長い」という多選への倦怠感と、世代交代の希求だった」、その.. 「自民分裂に乗じて先手を打った維新の巧みさ」、確かに「維新」の巧みさには舌を巻か.. 維新の会 「連日テレビに顔を出す吉村人気は絶大で、彼が姿を現すと斎藤氏本人そっちのけでスマ.. 確かに「権限を持つ府職員が陣頭指揮を執り、臨機応変に次々とさばくべきなのに、わず.. 「巨額の税金を“言い値”でフンだくられ、リターンは「遅さ日本一の命綱」」、これで.. 松本 創 「大阪以外で初めて誕生した「維新系知事」の実情 兵庫県知事選「本当の勝者」は誰だ.. 「斎藤氏」は実力者なのに、わざわざ「維新」の支持を取り付けたのは何故なのだろう。 東洋経済オンライン
教育(その24)(萩生田文科大臣「人権・人格を否定する校則は望ましくない」 校則のHP公開にも前向きな姿勢、男性教師による女子生徒の下着チェックは犯罪の可能性が、千代田区の名門公立中学校で通知表に「1」を連発した新校長の主張)
教育については、3月1日に取上げた。今日は、(その24)(萩生田文科大臣「人権・人格を否定する校則は望ましくない」 校則のHP公開にも前向きな姿勢、男性教師による女子生徒の下着チェックは犯罪の可能性が..
タグ: 教育 (その24)(萩生田文科大臣「人権・人格を否定する校則は望ましくない」 校則のH.. yahooニュース 「萩生田文科大臣「人権・人格を否定する校則は望ましくない」。校則のHP公開にも前.. 「ブラック校則」には腹が立つが、文科相と共産党議員の論議とは興味深そうだ。 「これらの校則や地毛証明書というのは生徒たちの生来の髪の毛が黒髪ストレートだと前.. 「高校1年生の女子生徒は学校の指導に従って黒染めして行ったのに、黒染めが不十分だ.. 「小中高の不登校生徒のうち、不登校の主たる要因として、または、主たる要因以外の要.. (校則を)「いまだに生徒会等で生徒が話し合おうとしたら、「いや校則の議論はしては.. 「萩生田大臣:児童生徒への指導に当たり、先ほど申し上げた体罰等は当然許されないわ..
国家主義的経済政策:携帯料金引下げ問題(その3)(日本人はドコモの高い携帯料金に甘んじている 菅首相が圧力をかけるのは間違っている?、菅政権 携帯料金値下げの先にある「強権的国家」の可能性、携帯料金引き下げ 側近が語る菅政権の真意 坂井学・官房副長官「健全な競争環境が必要だ」)
国家主義的経済政策:携帯料金引下げ問題については、2016年1月6日に取上げたままだった。今日は、(その3)(日本人はドコモの高い携帯料金に甘んじている 菅首相が圧力をかけるのは間違っている?、菅政権..
タグ: 菅さんが縦割り行政の打破や規制改革をするのは、強いものがより強くなる社会をつくり.. 「菅政権 携帯料金値下げの先にある「強権的国家」の可能性」 Newsポストセブン よさそうに見えるサービスのパッケージを押し付けているのが実態とすれば、「「消費者.. 日本の価格が高いのは消費者が望んでいるから 「ドコモのサービスが「良すぎる」から」、やや違和感がある。むしろ、「ドコモ」が自.. 「価格が高すぎる問題」は存在しない 独禁法違反と言えるのか? 儲けると叩かれるから、目立たない程度に利益を抑える癖がついてしまっていた 3)その結果、3社の利益水準が異常に膨らんでいる
黒川検事長問題(その3)(黒川氏の甘い処分巡るスクープ 官邸が怯える“リーク元”、“賭けマージャン”なぜ大甘処分になったのか 黒川弘務氏と検察が恐れる審査会、イトマン事件を指揮した元検事総長が黒川氏退職金問題を喝「法相とは口もきかない」〈週刊朝日〉、30年前にもあった「黒川検事長事件」 政治と検察の癒着の実態)
黒川検事長問題については、5月22日に取上げた。今日は、(その3)(黒川氏の甘い処分巡るスクープ 官邸が怯える“リーク元”、“賭けマージャン”なぜ大甘処分になったのか 黒川弘務氏と検察が恐れる審査会、..
タグ: 大きな観点からメディア全体が協力し合う。今はその構造が崩れかけていることを痛感し.. 今も問い続ける課題 「政治家に強い検察」を取り戻せるか 検察内部の劣化が初めて白日の下に晒されたのは、メディアの志ある検察記者たちの協力.. 検察内部の劣化を白日の下に 田中森一氏と共闘した週刊文春 前述のNHK小俣一平記者でした。私たちに、検察の情けない現状を教えてくれたのです 田中森一氏 「特捜検事はなぜ辞めたのか」 冬の時代を迎えた検察 捜査を潰し続けた政治の思惑 責任と使命感 吉永氏の娘さんが「お父さんには、どこか頼めるところはないの?」と何気なく聞いたと..
女性活躍(その16)(世代を超え再評価熱高まる田嶋陽子さん「時代が追いついた」、田嶋陽子さん かつての女性論客を批判「みんなズルかった」、「女性リーダーの国」がコロナを抑え込む理由 敵はウイルスだけではなく「内なる感情」だ、コロナ禍で再確認された「男女格差」の根本問題 女性が"自然に働ける"会社がやっていること)
女性活躍については、3月1日に取上げた。今日は、(その16)(世代を超え再評価熱高まる田嶋陽子さん「時代が追いついた」、田嶋陽子さん かつての女性論客を批判「みんなズルかった」、「女性リーダーの国」が..
タグ: 「世代を超え再評価熱高まる田嶋陽子さん「時代が追いついた」」 ダイバーシティー (その16)(世代を超え再評価熱高まる田嶋陽子さん「時代が追いついた」、田嶋陽子.. 女性活躍 家族内での理解を深める「家族会議」を実施 より自然なスタイルで働き続けることができるか、望むスタイルに近づけるかどうか、だ.. 管理職ではない形で職場の中で落ち着き、家庭も大事にしながら働きたい、そんな価値観.. ワークライフバランスが盛んに叫ばれるようになり、子育てしつつ、仕事も辞めることな.. 会社主導で活躍を後押し Newsポストセブン
森友学園問題(その21)(昭恵夫人お付き秘書は出世 森友「関係官僚15人」のその後、森友重大スクープ「安倍は守って稲田を刺す」…籠池氏がそそのかされた決定的瞬間 昭恵氏に渡そうとした10万円の謎、古賀茂明「元近畿財務局職員の赤木俊夫さんの命がけの告発を無駄にするな」、なぜ「森友スクープ」は若者に読まれるのか?)
森友学園問題については、3月31日に取上げた。今日は、(その21)(昭恵夫人お付き秘書は出世 森友「関係官僚15人」のその後、森友重大スクープ「安倍は守って稲田を刺す」…籠池氏がそそのかされた決定的瞬..
タグ: 赤木さんは死の直前、震えるような文字で、そんな一文をノートに走り書き 籠池夫妻と昭恵夫人のスリーショット写真の謎 関西電力に「業務改善命令」を出した。しかし、この命令を出す前に必要な「電力・ガス.. AERAdot 赤木氏がその改竄の詳細な経緯を書き残していた 本来は国会が国政調査権を行使して独自の立場で調査すべき 完売は、実に2年8ヶ月ぶり 森友問題、文春のスクープで再び脚光 Instagramを見て「何かが起きている」と思った 「今、若い人の間で、これだけは読んだ方がいいって話がかなり回ってるんですよ」
パンデミック(新型肺炎感染急拡大)(その3)(全国民困惑の休校要請 場当たり的で五月雨式の極み 新型コロナの感染拡大は安倍政権の弔鐘となってしまうのか、コロナ対応で決定的に ネット民の「安倍離れ」が進んでいる、専門家を軽視し 不安を利用する日本の政治…新型コロナが示したこと 「不安の政治化」とは何か、小田嶋氏:人の不安を笑うな)
パンデミック(新型肺炎感染急拡大)については、2月18日に取上げたばかりだが、事態の急速な展開を受け、今日も、(その3)(全国民困惑の休校要請 場当たり的で五月雨式の極み 新型コロナの感染拡大は安倍政..
タグ: 令和の日本人の多くが「不安」ならびに「恐怖」という感情を、軽視している この危機的状態において、首相が、役人の書いた紙を、下を向いて朗読するのみだ 異論を許さない社会における内閣総理大臣の発言の重さを再認識したほうがよい パンデミック 恐怖は、説明できない部分を多く持っている。 いま現在、ウイルスへの恐怖に苦しんで.. 国民の目線を忘れてしまった政権の奢りがここに表れている 今のような感染症対策を続ける限り、五輪より前に安倍内閣が幕を閉じることになるだろ.. 政治が不安に「スイッチ」を入れる 舛添 要一 イベントや活動自粛のツケは全て国民が負担するのか
前のページへ 1 2 3 次のページへ