タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  20世紀
記事 での「20世紀」の検索結果 430
ショスタコーヴィチ交響曲第13番「バビ・ヤール」
今年は第二次世界大戦後70年。将来の歴史家が20世紀を解説するときは「戦争と大量殺戮の世紀」と呼ぶのでしょう。20世紀ソ連の作曲家ショスタコーヴィチの交響曲も戦争と切り離せないものが多くあります。第7..
タグ: 在日 イギリス 朝鮮人 作曲家 戦争 ゲルギエフ 交響曲 ショスタコーヴィチ 歴史家 20世紀
ウィンナー・オペレッタの夢。
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 04/19
突然ですが、ここのところ嫌な夢を続けて見ておりまして... 普段、変な夢(けど、ラヴリー!)は、よく見るのですが、嫌な夢は、ほとんど見ない。だから、自分、どーなってしまった?と、う..
タグ: オペラ 19世紀 20世紀 ヴォーカル ボニー シュトラウス・ファミリー
クラヴサンで弾く、ウィンナー・ワルツ、
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 04/22
ワルツというと、新春というイメージがある。それは、お正月の、ウィンナー・ワルツ尽くし、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートによるわけだけれど、冷静に考えれば、ワルツは、特別、..
タグ: オペラ 19世紀 20世紀 チェンバロ トランスクリプション
ドビュッシー・ミーツ・ショパン。
音のタイル張り舗道。 ] 00:33 02/19
突然ですが、マリアージュ... フランス語で、結婚、のことだけれど、仏和辞典を開けば、組み合わせ、という意味も記載されています。だから、料理とワインの絶妙なマッチングとか、マリアー..
タグ: ピアノ フランス ドビュッシー ポーランド 19世紀 ショパン 20世紀
リスト、ノルマの回想。
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 02/16
何だか、世の中そのものが肺炎になってしまったような、そんな息苦しさを感じてしまう今日この頃... ニュースに登場する専門家たちの見解は、それぞれに違うようで、話しを聞けば聞くほど、..
タグ: ピアノ リスト 19世紀 20世紀 ゴドフスキー ブゾーニ トランスクリプション
ヴァインベルク、1番と7番の交響曲。
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 02/10
1980年代後半から1990年代前半に作曲された、ヴァインベルクの室内交響曲、1960年代に作曲された、ショスタコーヴィチの13番、14番の交響曲、1920年代に作曲されたモソロフ..
タグ: 交響曲 20世紀 ソヴィエト ヴァインベルク
ショスタコーヴィチ、7番の交響曲、レニングラード。
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 02/07
オペラの序曲、シンフォニアが独り立ちして、歩み出した、交響曲の歴史。18世紀、教会交響曲が登場し、協奏交響曲がブームとなって、さらに、「自然に帰れ」の波に乗り、田園交響曲まで誕生。..
タグ: 交響曲 ショスタコーヴィチ 20世紀 ソヴィエト ヴァシリー・ペトレンコ
モソロフ、鉄工場、だけじゃない...
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 02/04
音楽史におけるソヴィエトの存在を振り返ると、それは、まさに"冬"だったなと... 2019年、「表現の不自由」で、お祭り騒ぎができた、一面のお花畑、ニッポンの春からしたら、本当の意..
タグ: ピアノ 20世紀 協奏曲 室内楽 管弦楽曲 ソヴィエト
ショスタコーヴィチ、13番の交響曲、バビ・ヤール。
音のタイル張り舗道。 ] 23:03 02/01
今、改めて、ソヴィエトの音楽を振り返ってみると、実に興味深いなと感じる。ロシア革命(1917)に呼応するように、ロシア・アヴァンギャルドが炸裂した1920年代、刺激的な音楽が次々に生み出される..
タグ: 交響曲 ショスタコーヴィチ 20世紀 ソヴィエト ヴァシリー・ペトレンコ
ヴァインベルク、室内交響曲。
音のタイル張り舗道。 ] 23:33 01/29
2019年は、ヴァインベルクの生誕100年のメモリアル。だったのですね... 年明けてから気付きました。で、凹んでおります。毎年末、来年、メモリアルを迎える作曲家には、誰がいるのか..
タグ: 20世紀 ソヴィエト クレーメル ヴァインベルク
フェルドマン、初期ピアノ作品集。
音のタイル張り舗道。 ] 15:03 01/14
スキー場の雪不足のニュースに、温暖化の影響をひしひしと感じる今日この頃ではありますが、陽が落ちれば、やっぱり、寒い。夜、足元からの冷え込みをジーンと感じれば、やっぱり冬だなと.....
タグ: アメリカ ピアノ 20世紀
2019年、今年の音楽、リヒャルト・シュトラウス、『ばらの騎士』。
音のタイル張り舗道。 ] 12:33 12/27
今年の漢字、"令"でしたね。いやはや、皆さま、考えてらっしゃらない。令和で、"令"だなんて、もうちょっと2019年がどういう年だったか、考えてみませんこと?などと、突っ込まずいられ..
タグ: オペラ リヒャルト・シュトラウス 20世紀
前のページへ 1 2 3 4 5 35 36 次のページへ