タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  鮎川哲也
記事 での「鮎川哲也」の検索結果 11
黒いトランク 鮎川哲也
本と歩く ] 20:32 07/07
黒いトランク (創元推理文庫)作者: 鮎川 哲也出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2002/01/25メディア: 文庫 昔、職場の上司に勧められて読んだ「黒いトランク」。 とにか..
タグ: 鮎川哲也 黒いトランク 日本のミステリー
白の恐怖
まずはAmazonさんの紹介ページから。 軽井沢の豪奢な別荘「白樺荘」に、莫大な遺産を相続することになった四人の男女が集まった。 だが、生憎の悪天候で雪が降りしきり、別荘は外とは連絡が取れない..
タグ: ミステリ 本格 鮎川哲也 光文社文庫 吹雪の山荘 白の恐怖 白樺荘事件 星影龍三
翳ある墓標
まずはAmazonさんの紹介ページから。 トップ屋集団「メトロ取材グループ」の杉田兼助は、同僚の高森映子とともに 銀座のキャバレーで取材をするが、協力した映子の友人のホステスが屍体となって発見..
タグ: 本格推理 本格 アリバイ 鮎川哲也 光文社文庫 翳ある墓標 達也が嗤う
【読書日記1/18’】屍人荘の殺人@今村昌弘
今村昌弘著「屍人荘の殺人」を読了。 2018年の一冊目は第27回鮎川哲也受賞作であり、「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」「週刊文春ミステリーベスト10」という主要ミステリラ..
タグ: このミステリーがすごい! 鮎川哲也 本格ミステリ・ベスト10 週刊文春ミステリーベスト10 屍人荘の殺人 今村昌弘 葉村譲 剣崎比留子
本格推理8 悪夢の創造者たち (編集長・鮎川哲也)
ねこのほんだな。 ] 20:59 09/12
アマゾンにリンクしています。本格推理〈8〉悪夢の創造者たち (光文社文庫)作者: 出版社/メーカー: 光文社発売日: 1996/09メディア: 文庫光文社文庫:1996年9月20日初版第一刷発行:(¥..
タグ: 鮎川哲也
アリバイ崩しーベストミステリー短編集ー
鮎川哲也さんのノン・シリーズ短編集。 新聞社の記者が鉄壁のアリバイを崩しにかかる「北の女」、そして「下着泥棒」 この2つの作品は非常に対照的で、 探偵役がアリバイを崩しているのですが、後者は..
タグ: ミステリ 鮎川哲也 光文社文庫 ベストミステリー短編集 アリバイ崩し
謎解きの醍醐味ーベストミステリー短編集ー
鮎川哲也さんのノン・シリーズ短編集。 探偵役となる人物たちが事件の謎を見事に解く、ミステリーの醍醐味が 詰まった一冊、と裏表紙には書かれていますが、 確かに謎は解くのですが、どの短編もそれだけで..
タグ: ミステリ 短編集 鮎川哲也 光文社文庫 謎解きの醍醐味
完璧な犯罪
鮎川哲也さんのノン・シリーズは初。 「完璧な犯罪」を目指した犯人たちの視点からの物語。 倒叙ミステリというものです。 タイトルの完璧な犯罪は収録短編集を読むと 皮肉にしか聞こえません。 ..
タグ: 音楽 本格ミステリ 鮎川哲也 光文社文庫 完璧な犯罪 ベストミステリー短編集
中途半端な密室
光文社文庫からの新刊という事で、 烏賊川市最新作か?と思いましたが、 初期の、そしてデビュー作含む短編集。 十分に楽しめました。 表題作と南の島の殺人の2編が中でもオススメ。 片桐&..
タグ: 東川篤哉 ミステリ 本格推理 デビュー作 鮎川哲也 光文社文庫 中途半端な密室 南の島の殺人
りら荘事件 鮎川哲也
蒼い蒼い ] 21:43 12/03
夏季休暇を過ごす為に大学の仲間でりら荘にやってきた。 そこで彼らはトランプエースから始まる、連続殺人事件に巻き込まれていく。 古典の名作だと聞いて読みました。 まさに本格小説! 緻密なプロ..
タグ: ミステリ 鮎川哲也 本格推理小説
十角館の殺人<新装改訂版>
現在に至る新本格ムーブメントの出発点であり、 ミステリ界において、「綾辻以降」という言葉を 生み出した、まさに新本格の聖典的作品。 なんと、ワタクシ初読です(汗) シリーズものの第一作は実..
タグ: ミステリ 講談社文庫 綾辻行人 新本格 鮎川哲也 中村青司 島田潔 十角館の殺人 新装改訂版