タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  金融関連の詐欺的事件
記事 での「金融関連の詐欺的事件」の検索結果 9
金融関連の詐欺的事件(その10)(“サブリース不正融資”の元凶は「1物件1法人方式」だった、またぞろ融資書類改ざん「投資用不動産」の受難 不動産業者 銀行 投資家 損をするのは?、なぜ経営者は騙される? 今も暗躍「M資金」詐欺 表沙汰になるのはごく一部 水面下では被害続出)
金融関連の詐欺的事件については、9月5日に取上げた。今日は、(その10)(“サブリース不正融資”の元凶は「1物件1法人方式」だった、またぞろ融資書類改ざん「投資用不動産」の受難 不動産業者 銀行 投資..
タグ: 「またぞろ融資書類改ざん「投資用不動産」の受難 不動産業者、銀行、投資家、損をす.. 東洋経済オンライン コーセーアールイー 「スマートデイズ」 日刊ゲンダイ 子会社によるマンションの販売に際して、ローン申請書類の書き換えの疑いが発覚したと.. (その10)(“サブリース不正融資”の元凶は「1物件1法人方式」だった、またぞろ.. 新設法人の4社に1社は合同会社が占めた その物件用の合同会社を設立し、この合同会社が金融機関から融資を受けるやり方 合同会社ごとの融資で、かつそれぞれ別の金融機関から融資を引き出していた場合、名寄..
金融関連の詐欺的事件(その8)(スルガ銀事件がもたらすサラリーマン投資家「大受難時代」の実態、動産バブル崩壊を予感させる融資現場の異変 「かぼちゃ」後遺症で銀行が不動産融資にノー、昭恵夫人が登場?ある「投資詐欺捜査」が1年経っても進まない事情 考えられる二つの要因、社外取締役は役立たず? 不正見逃しに怒るTATERU株主)
金融関連の詐欺的事件については、2月8日に取上げた。今日は、(その8)(スルガ銀事件がもたらすサラリーマン投資家「大受難時代」の実態、動産バブル崩壊を予感させる融資現場の異変 「かぼちゃ」後遺症で銀行..
タグ: 立件すれば、こうした癒着問題が露見し、警視庁が泥をかぶるのは必定 横浜銀行 融資手続きを厳格化 法人スキームにもメス 監査役会設置会社で常勤の監査役を置く方が、はるかに独立性が期待 監査・監督の役割を担うのは3人の社外取締役が務める監査等委員。3人とも他の企業の.. 「常勤の監査等委員の設置を求める」との声 足元の株価は1年前の10分の1の水準に低迷 株主総会は、株主たちの不満の声が相次いだ 「社外取締役は役立たず? 不正見逃しに怒るTATERU株主」 日経ビジネスオンライン