タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  若竹七海
記事 での「若竹七海」の検索結果 40
【読書日記5/20’】殺人鬼がもう一人@若竹七海
若竹七海著「殺人鬼がもう一人」を読了。 NHKドラマにもなった葉村晶シリーズで、その認知度を上げた作家・若竹七海。 本作は葉村晶シリーズではありませんが、若竹七海得意の6つの短編。しかも、ただ..
タグ: 若竹七海 殺人鬼がもう一人
若竹七海 『不穏な眠り』
連作短編集集。シリーズ6冊目。 このシリーズには長編と短編集が含まれる。 どうも短編集の方は、物足りなかったり、展開が慌しかったりイマイチだ。 不穏な眠り (文春文庫)作者: 若竹 七海..
タグ: 若竹七海
不穏な眠り
まずはAmazonさんの紹介ページから。 葉村の働く書店で“鉄道ミステリフェア”の目玉として借りた弾痕のあるABC時刻表が盗難にあう。 行方を追ううちに思わぬ展開に(「逃げだした時刻表」)。相..
タグ: ミステリ 新本格 文春文庫 若竹七海 葉村晶 白熊探偵社 不穏な眠り
御子柴くんと遠距離バディ
31の読書日記 ] 19:56 09/13
御子柴くんと遠距離バディ (中公文庫)作者: 若竹 七海出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2017/12/22メディア: 文庫 <カバー裏あらすじ> 長野県警から警視庁へ出向中の御子柴刑事..
タグ: 若竹七海 御子柴くん
ポリス猫DCの事件簿
31の読書日記 ] 20:21 03/19
ポリス猫DCの事件簿 (光文社文庫)作者: 若竹 七海出版社/メーカー: 光文社発売日: 2013/08/07メディア: 文庫 <裏表紙あらすじ> 三十人ほどの人間と百匹以上の猫がのん気に..
タグ: 若竹七海 葉崎市シリーズ
ぼくのこのミス2018
今年もあと1日となりました。 年末恒例(?)の、今年読んだミステリのオススメをご紹介。 泡坂妻夫「花嫁のさけび」「奇跡の男」 復刊が続く泡坂妻夫先生の作品からは2作。 前者はここま..
タグ: ミステリ 結城昌治 泡坂妻夫 若竹七海 ヘレン・マクロイ 花嫁のさけび 奇跡の男 牧神の影 逃げる幻 錆びた滑車
このミステリがすごい!2019年版&2019本格ミステリ・ベスト10
いよいよこの時期がやってきました。 今年はこの2冊を購入。 『このミス』は原寮さんの『それまでの明日』が第1位。 去年の竹本健治さんの『涙香迷宮』に続き、ベテラン・大御所の受賞となりました。..
タグ: 東野圭吾 このミス このミステリーがすごい! 宝島社 小林泰三 若竹七海 原書房 大山誠一郎 本格ミステリ・ベスト10 アンソニー・ホロヴィッツ
【読書日記18/18’】錆びた滑車@若竹七海
若竹七海著「錆びた滑車」を読了。 仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズの最新作。 このシリーズ好きなんだよね。安定の面白さってヤツですよ。 しかも、文庫書き下ろしなのが嬉しいし、ま..
タグ: 若竹七海 葉村晶 錆びた滑車
錆びた滑車
まずはAmazonさんの紹介ページから。 女探偵・葉村晶は尾行していた老女・石和梅子と青沼ミツエの喧嘩に巻き込まれる。 ミツエの持つ古い木造アパートに移り住むことになった晶に、交通事故で重傷を..
タグ: ミステリ ハードボイルド 新本格 文春文庫 若竹七海 葉村晶 錆びた滑車 白熊探偵社
若竹七海 『錆びた滑車』
村上春樹がエッセイでこんなことを言っていた。 「小説以外の本では複雑なことはわかりやすく整理されるが、 小説では複雑なことが複雑なまま提示される。」 さて、この作品だが、複雑さ具合がちょうど..
タグ: 若竹七海
御子柴くんと遠距離バディ
まずはAmazonさんの紹介ページから。 長野県警から警視庁へ出向中の御子柴刑事。すっかり東京のペースにも慣れ、 刑事としても中堅どころになり、わりあい平穏な日々を送っていた。 だが、その油..
タグ: ミステリ 甘味 中公文庫 若竹七海 捜査共助課 御子柴くんと遠距離バディ
キャラに好感は持てるが
6猫日記 ] 22:17 03/15
 若竹七海『さよならの手口』読了。  いつも、この作者のミステリは「?」って感じで終わっていたのだが、これはなかなか読みごたえがあった。主人公のキャラ、男っ気なしの四十女探偵にも好感が持てる..
タグ: 鉄道 ミステリ ガイドブック 若竹七海 甲斐みのり さよならの手口 東海道新幹線各駅停車の旅
前のページへ 1 2 3 4 次のページへ