タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  芦沢央
記事 での「芦沢央」の検索結果 7
火のないところに煙は
まずはAmazonさんの紹介ページから。 「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」突然の依頼に、作家の〈私〉は驚愕する。 忘れたいと封印し続けていた痛ましい喪失は、まさにその土地で起こったのだ。 ..
タグ: ミステリ 芦沢央 火のないところに煙は 神楽坂 ホラー 怪異 新潮文庫
罪の余白
31の読書日記 ] 10:13 08/20
罪の余白 (角川文庫)作者: 芦沢 央出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/04/25メディア: 文庫 <カバー裏あらすじ> どうしよう、お父さん、わたし、死ん..
タグ: 野生時代フロンティア文学賞 サイン本 芦沢央
ぼくの「このミス」2019
今年2019年もついに最後を迎えました。 というわけで、今年読んだミステリで、私の「このミス」を 芦沢央『許されようとは思えません』 『今だけのあの子』もそうなのですが、芦沢先生の作品は短編..
タグ: ミステリ このミス 許されようとは思いません 芦沢央 裁く眼 我孫子武丸 狩人の悪夢 有栖川有栖 新潮文庫 文春文庫
許されようとは思いません
まずはAmazonさんの紹介ページから。 「これでおまえも一人前だな」入社三年目の夏、常に最下位だった営業成績を大きく上げた修哉。 上司にも褒められ、誇らしい気持ちに。だが売上伝票を見返して全..
タグ: ミステリ 芦沢央 許されようとは思いません 短編集 姉のように 目撃者はいなかった 絵の中の男 千葉大学 新潮文庫
バブルの頃って
6猫日記 ] 12:39 07/05
 安西水丸『アマリリス』読了。  確かにイラストレーターが書いた初の小説と言われると、うまいなーと言わざるを得ないけれども、なんというかこういう感じの小説ってバブル期にたくさんあったような…..
タグ: 芦沢央 嘆きの美女 短編集 ミステリ 罪の余白 岩崎育夫 アマリリス 安西水丸 入門東南アジア近現代史 柚木麻子
今だけのあの子
まずはAmazonさんの紹介ページから。 新婦とは一番の親友だと思っていたのに。大学の同じグループの女子で、 どうして私だけ結婚式に招かれないの……(「届かない招待状」)。 環境が変わると友..
タグ: 創元推理文庫 東京創元社 今だけのあの子 芦沢央 ミステリ
激務の合間に
6猫日記 ] 07:53 05/25
 池井戸潤『銀行狐』読了。  今でこそ倍返しだ何だと大人気だが、その作者の初期の頃のミステリ短編集。何かともちろん銀行がらみではあるけれど、こんな緻密なミステリを銀行勤めの激務の合間に書ける..
タグ: 銀行狐 短編集 ミステリ 池井戸潤 いつかの人質 芦沢央