タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  経済学
記事 での「経済学」の検索結果 65
経済学(その5)(『人新世の「資本論」』30万部の斎藤幸平 若き経済思想家の真意、リーマン危機から世界を”救った”男:独占インタビュー①ケインズ経済学の神髄 宇沢弘文氏の教えから昇華、清滝教授の「独自モデル」、ビジネススクールでも教えてくれない 武器としての経済学)
経済学については、昨年5月16日に取上げた。今日は、(その5)(『人新世の「資本論」』30万部の斎藤幸平 若き経済思想家の真意、リーマン危機から世界を”救った”男:独占インタビュー①ケインズ経済学の神..
タグ: 「経済学は「実社会において非常に役立つ武器であるにもかかわらず、その真価をあまり.. 「責任は、サイエンス教育にばかり特化して、エンジニアリングを疎(おろそ)かにして.. 「経済に関する「サイエンス」と「エンジニアリング」を合わせたものが「武器としての.. 「ビジネスと経済学の掛け合わせによる新しい可能性」とは興味深そうだ。 安田 洋祐氏による「ビジネススクールでも教えてくれない、武器としての経済学」 出版不況のなかで、「30万部超の異例のヒット」とは大したものだ。「気候変動の問題.. 単純な経済モデルに、現実的な要素を入れることで現実に近づけようとする意欲的な取り.. もし信用が完璧でみなが確実に約束を守るなら、お互いの財の貸し借りだけで済んでしま.. 日経ビジネスオンライン プリンストン大学の清滝信宏教授
経済学(その4)(なぜ理系出身の財務官僚は 最強官庁財務省を辞めたのか 気鋭の経済学者が今注目の研究とは、宇沢弘文の「社会的共通資本」が今 響く理由 コロナ禍で社会に本当に必要なものがわかった、コロナ医療逼迫を予見した経済学者・宇沢弘文 ベーシックインカム批判と「社会的共通資本」論)
経済学については、昨年11月14日に取上げた。今日は、(その4)(なぜ理系出身の財務官僚は 最強官庁財務省を辞めたのか 気鋭の経済学者が今注目の研究とは、宇沢弘文の「社会的共通資本」が今 響く理由 コ..
タグ: 経済学 (その4)(なぜ理系出身の財務官僚は 最強官庁財務省を辞めたのか 気鋭の経済学者.. プレジデント(2020年10月2日号) 小黒 一正 浜田 敏彰 「なぜ理系出身の財務官僚は、最強官庁財務省を辞めたのか 気鋭の経済学者が今注目の.. 同じ財務官僚から嘉悦大学教授になった高橋洋一氏は、内閣官房参与でありながら、新型.. 「高校生のとき、数学界のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞を獲った広中平祐先生が創.. 主計局には行ってないようだ。 「財政のオーラルヒストリーを記録する仕事に取り組んでいます。30年間、外に出さな..
経済学(その3)(世界はすでに 各国が「利己的」にならざるを得ない危険な状況に陥っている、コロナ後に「ニューディール政策」復活の可能性 岩井克人「新古典派経済学」超克の野望、再び、GAFAが経済学者を高額報酬で囲い込む理由 狙いは「ビジネスの最強武器」)
経済学についてゃ、4月23日に取上げた。今日は、(その3)(世界はすでに 各国が「利己的」にならざるを得ない危険な状況に陥っている、コロナ後に「ニューディール政策」復活の可能性 岩井克人「新古典派経済..
タグ: (その3)(世界はすでに 各国が「利己的」にならざるを得ない危険な状況に陥ってい.. リーマン・ショックとコロナ禍で、世界は「危険な場所」になった グローバル化は自然現象などではなく、グローバル覇権国家が自由主義的な経済秩序を構.. 「世界はすでに、各国が「利己的」にならざるを得ない危険な状況に陥っている」 「ガキっぽい情熱」を克服できない経済学 日本は世界の“食い物”にされる!? 「リベラルな国際秩序」には、地政学的な下部構造がある 日本の経済成長の低迷し始めた時期と、冷戦終結のタイミングが一致しているのは偶然で.. 中野剛志 東京大学エコノミックコンサルティング
世界中に3000万本の木を植えた男
斎藤吉久のブログ ] 08:06 04/27
以下は旧「斎藤吉久のブログ」(2006年4月27日)からの転載です。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 靖國神社批判が収まらない──官僚、メディア、政治家..
タグ: 照葉樹林 植林 宮脇昭 経済学 縄文時代
『「新しい働き方」の経済学:アダム・スミス『国富論』を読み直す』
「新しい働き方」の経済学: アダム・スミス『国富論』を読み直す (いま読む!名著)作者: 義朗, 井上出版社/メーカー: 現代書館発売日: 2017/10/17メディア: 単行本内容(「BOOK」デー..
タグ: 社会企業家 市場経済 アダム・スミス 経済学 井上義朗
21世紀の資本
香林坊シネモンドで映画「21世紀の資本」を観てきました。       原題:Capital in the Twenty-First Century 2019年、フランス・ニュージーランド..
タグ: 社会問題 ドキュメンタリー 経済学
『工業化の軌跡-経済大国前史』
工業化の軌跡―経済大国前史 (20世紀の日本)作者: 岡崎 哲二出版社/メーカー: 読売新聞社発売日: 1997/01メディア: 単行本内容(「BOOK」データベースより)日清戦争以後、途上国日本の経..
タグ: 岡崎哲二 歴史 経済学
日本的雇用慣行の経済学
日本的雇用慣行の経済学 労働市場の流動化と日本経済 今日は「日本的雇用慣行の経済学 労働市場の流動化と日本経済」です。 日本的雇用慣行の経済学―労働市場の流動化と日本経済新品価格¥12,048から(..
タグ: 日本的雇用慣行の経済学 経済学 雇用
ゼロからわかる経済学
経済超入門 ゼロからわかる経済学&世界経済の今 お金や税金の知識があるだけでも、生涯の年収に大きな影響を与えますからね。 そこでチェックしてみたのが「経済超入門 ゼロからわかる経済学&世界経済の今」で..
タグ: ゼロからわかる経済学 経済学 世界経済
人為と自然と疑似自然
『デフレ不況をいかに克服するか ケインズ1930年代評論集』読了。 世界恐慌を中心とした大戦間期の欧州の経済状況に、即応すべき経済政策を説く。 政府の財政出動はもちろん、公債発行による..
タグ: デフレ ケインズ 経済学
前のページへ 1 2 3 4 5 6 次のページへ