タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  社会学
記事 での「社会学」の検索結果 31
偏っている人と中庸的な人
新スピ時代の到來! ] 19:22 12/11
夲日、11月8日! ゆる〜くやりましょうぜ♪ 今日行ったところ。 忤前のイベントと自転車で走っていた時は晴れていたけど、ここに來て0円マーケットをやっていた時は曇っていましたな・・・..
タグ: 考え方 中庸 診断 左脳 右脳 引き寄せの法則 社会学 個性 自由に生きる 横並びの社会
この有限な地球を守るには~濫読日記
夕陽の回廊 ] 14:46 01/18
この有限な地球を守るには~濫読日記   「現代社会の理論―情報化・消費化社会の現在と未来」(見田宗介著)    米ソ冷戦が終結して以降、人類は世界像がつかめないで..
タグ: マルクス 情報化・消費化社会 社会学 見田宗介
文明とは何かを多角的に語る~濫読日記
夕陽の回廊 ] 14:55 01/03
文明とは何かを多角的に語る~濫読日記   「超高層のバベル 見田宗介対話集」    タイトルは「バベルの塔」の神話からとった。人間が神の領域に近づこうと無限に高い..
タグ: 見田宗介 文明論 加藤典洋 社会学 黒井千次 大岡昇平 真木悠介 吉本隆明 超高層のバベル
『日本社会のしくみ』
日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学 (講談社現代新書)作者: 小熊 英二出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/07/17メディア: 新書内容紹介「日本社会のしくみ」は、現代では、大..
タグ: 小熊英二 社会学 歴史
言われへんこと
6猫日記 ] 00:27 06/14
 朴沙羅『家(チベ)の歴史を書く』読了。  読むまで知らなかったけれども、これは社会学の本だったんだな。済州島の韓国における特殊性がわかったようでもあるけれど、かなり読みづらい。1984年生..
タグ: サスペンス A・J・フィン ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ 町屋良平 朴沙羅 社会学 チベの歴史を書く 1R1分34秒
思考力を磨くための社会学-日常こそが教科書
うしこの毒吐き部屋 ] 00:00 04/25
思考力を磨くための社会学-日常こそが教科書 (単行本)作者: 岩本 茂樹出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2018/12/07メディア: 単行本 新聞の書評を読んで、面白そうだと思っ..
タグ: 日常 社会学 思考力を磨くための社会学
【西条昇講演情報】明日10/31(火)は慶大の三田哲学会で講演会を
明日31日(火)14:45~慶應義塾大学の三田キャンパス南校舎7階476番で三田哲学会「戦後の舞台 ストリップから喜劇」と題した講演会を行います。 先ほどまで、明日の講演で使用するパワーポイント作成..
タグ: 慶応大学 慶應義塾大学 講演会 ストリップ 社会学 バーレスク 喜劇 舞台芸術 戦後芸能史 大衆芸能史
【西条昇講演情報】31日に慶応大の三田キャンパスで講演会を
今月31日(火)14:45~慶應義塾大学の三田キャンパス南校舎7階476番で三田哲学会「戦後の舞台 ストリップから喜劇」と題した講演会を行います。 https://www.facebook.com/..
タグ: 慶應義塾大学 慶応大学 三田キャンパス 社会学 ストリップ ストリップ史 バーレスク ストリップ劇場 ストリッパー 喜劇
都市こそが事件の引き金を引いた~濫読日記
夕陽の回廊 ] 17:22 06/09
都市こそが事件の引き金を引いた~濫読日記   「まなざしの地獄 尽きなく生きることの社会学」(見田宗介著)    「永山則夫 封印された鑑定記録」(堀川惠子著、岩..
タグ: 見田宗介 永山則夫 まなざしの地獄 社会学
No.195 - げんきな日本論(2)武士と開国
クラバートの樹 ] 21:03 12/30
(前回から続く)江戸時代の武士という特異な存在 橋爪大三郎・大澤真幸 「げんきな日本論」 (講談社現代新書 2016) 第16章「なぜ江戸時代の人びとは..
タグ: メルヴィル 開国 攘夷 アメリカ ペリー 新渡戸稲造 武士道 朝倉宗滴 葉隠 山本常朝
No.194 - げんきな日本論(1)定住と鉄砲
クラバートの樹 ] 20:39 12/22
No.41、No.42で2人の社会学者、橋爪大三郎氏と大澤真幸まさち氏の対論を本にした『ふしぎなキリスト教』(講談社現代新書 2012)を紹介しました。この本はキリスト教の解説書ではなく、"西欧社会を..
タグ: 社会学 げんきな日本論 大澤真幸 橋爪大三郎 銃・病原菌・鉄 ジャレット・ダイアモンド 鉄砲 武士 武家政権
読み方、浅い?
6猫日記 ] 23:24 03/22
 白石一文『神秘』読了。  結構な長編。さほど飽きずに読めるし、けっこう意外な展開だけれど……結局、なんでこういう話を書いたんだろう? 運命論? 死生観? 読み方が浅すぎてわからないのかしら..
タグ: 久保田裕之 長編 神秘 白石一文 他人と暮らす若者たち 社会学 心理学
前のページへ 1 2 3 次のページへ