タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  真田丸
記事 での「真田丸」の検索結果 468
真田丸の250年後が読めるみなもと太郎の「風雲児たち」
本棚持ち歩き隊!! ] 13:54 03/07
伊集院の奥さんだったか、NHK大河ドラマ「篤姫」にはまっている時期に大政奉還とかの話をしたら「ネタバレ止めてよ」とか言ったのは。真田丸で楽しみなのは、九度山での貧乏暮らし時代をどう描くかだ。三谷幸喜な..
タグ: 三谷幸喜 戦国時代 みなもと太郎 真田丸 風雲児たち
真田丸船出!なぜ幸村でなく信繁(のぶしげ)なのかわかる横山光輝の「武田信玄」「武田勝頼」
本棚持ち歩き隊!! ] 09:51 01/11
三谷幸喜の大河第二作、「真田丸」が始まった。 第1話は武田家滅亡を描いている。 信繁(幸村)の父、真田昌幸が作った新しい武田の拠点になる城を撤退することになった。昌幸役の草刈正雄がかっこいい。..
タグ: 武田信玄 横山光輝 戦国時代 真田丸
真田丸で取り上げられた韓信を漫画で読もう!
本棚持ち歩き隊!! ] 16:35 09/05
真田丸で韓信の背水の陣が取り上げられた。 背水の陣とは、「自ら不利な状況に追い込むことで力を引き出す」と語られるのが一般的。しかし実際にこの作戦で名を知らしめた韓信の狙いはそれだけでなく、不利な..
タグ: 横山光輝 本宮ひろ志 項羽と劉邦 真田丸 赤龍王
昌幸は病人!信之もドン引きする横山光輝の「徳川家康」
本棚持ち歩き隊!! ] 10:58 09/25
「猫が鼠をいたぶるように」というのはみなもと太郎の徳川家康評。その家康をひたすら「良いように」描いて従来の悪いイメージを変えたのが山岡正八の小説、「徳川家康」であるらしい。横山光輝によってコミカライズ..
タグ: 徳川家康 真田幸村 横山光輝 歴史漫画 真田丸
どうなる「真田丸」最終回!過去の幸村漫画から最終回を予測!
本棚持ち歩き隊!! ] 01:37 12/17
いよいよ真田丸が最終回。 どういう最終回になるのか。 幸村を扱った漫画がどういう最後を描いてるのか上げてみる。 小学館の「学習まんが少年少女日本の歴史」の幸村は変な顔。一応、家康の本陣を..
タグ: 真田幸村 学研 歴史漫画 真田丸
真田丸が始まる前に読んでおきたい、漫画で読める「真田幸村」
本棚持ち歩き隊! ] 10:24 01/08
2016年NHK大河ドラマ「真田丸」完全読本 (Nikko mook)作者: 出版社/メーカー: 産経新聞出版発売日: 2015/12/19メディア: ムック 今年の大河ドラマ、「真田丸」が..
タグ: 真田丸
帰ってきた真田丸?超傑作漫画、みなもと太郎の「風雲児たち」がドラマ化決定!
本棚持ち歩き隊! ] 07:44 08/29
ついに「風雲児たち」が実写ドラマ化されるらしい。 脚本は作者のみなもと太郎を愛してやまない三谷幸喜!制作はNHKで正月に放送。 新撰組の時の様に真田丸のスペシャル版が作られるのかと思いきや、こ..
タグ: 三谷幸喜 みなもと太郎 真田丸 風雲児たち
@DIME 2018.6.23
○ラストランに密着!  丸窓が愛らしい上田電鉄7200系フォーエヴァー 見て、くれるかな?  拙著『波瀾万丈の車両』、2018年9月7日(金曜日)発売!! くわし..
タグ: 小学館 NHK JR東日本 フォーエヴァー 1000系 東京急行電鉄 6000系 北陸新幹線 別所線 上田電鉄
真田丸に出てくる3D地図監修シブサワ・コウの奥さんが出てくる漫画を紹介
本棚持ち歩き隊! ] 07:12 03/29
真田丸のスタッフクレジットに出てくる3D地図監修のシブサワ・コウとは何者なのか?ゲーム会社のプロデューサー、ということはよく知られている。子供の頃から、彼の作った戦国シミュレーションゲームを夢中になっ..
タグ: コーエー 鈴木みそ 桜玉吉 真田丸
関ヶ原の戦いは終わったけど俺たちの戦いはこれからだ!幕末漫画「風雲児たち」を読め!
本棚持ち歩き隊! ] 09:38 09/20
「長丁場になると思いきや半日で終わった」でお馴染みの関ヶ原の戦い。先日の「真田丸」では戦闘シーンもなく終わってしまった。お金かかるからなあ。 さて、関ヶ原の戦いでは何が起こっていたのか。小早川秀..
タグ: 戦国時代 みなもと太郎 真田丸 風雲児たち
長渕信繁、ラオウ佐助を見よ!「花の慶次」は11巻は世紀末救世主真田丸?
本棚持ち歩き隊! ] 21:52 09/22
前回、原哲男版の大谷刑部を紹介したので、今回は原哲男版の信繁を紹介したい。登場するのは「花の慶次」11巻。説明不要なヒット漫画だが一応説明。破天荒な振る舞いで傾奇者(かぶきもの)と呼ばれた戦国時代末期..
タグ: 原哲夫 花の慶次 戦国時代 真田丸
昌幸は病人!信之もドン引きする横山光輝の「徳川家康」
本棚持ち歩き隊! ] 10:58 09/25
「猫が鼠をいたぶるように」というのはみなもと太郎の徳川家康評。その家康をひたすら「良いように」描いて従来の悪いイメージを変えたのが山岡正八の小説、「徳川家康」であるらしい。横山光輝によってコミカライズ..
タグ: 横山光輝 戦国時代 真田丸
前のページへ 1 2 3 4 5 38 39 次のページへ