タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  現代ビジネス
関連するタグ: ダイヤモンド・オンライン  東洋経済オンライン  PRESIDENT ONLINE 
記事 での「現代ビジネス」の検索結果 441
中国経済(その15)(習近平が大ピンチ……!中国「ゼロコロナ大不況」が「世界金融危機」へと波及する悪夢のシナリオ、中国の医療・葬儀の修羅場 39℃の救急車運転手と38.5℃の医師が38℃の患者の元へ、中国「習近平体制」がもたらす「経済“大失速”の深層」と 中国型「全体主義」が限界をむかえる「あぶない兆候」、これは宿命なのか・・・「習近平体制」に富裕層が海外逃亡!「先の見えた中国」に国民があいそをつかす日)
中国経済については、昨年2月19日に取上げた。今日は、(その15)(習近平が大ピンチ……!中国「ゼロコロナ大不況」が「世界金融危機」へと波及する悪夢のシナリオ、中国の医療・葬儀の修羅場 39℃の救急車..
タグ: 中国経済 (その15)(習近平が大ピンチ……!中国「ゼロコロナ大不況」が「世界金融危機」へ.. 現代ビジネス 藤 和彦氏による「習近平が大ピンチ……!中国「ゼロコロナ大不況」が「世界金融危機.. 「ゼロコロナ政策」に対する国民の不満が高まり、突如、「解除」したが、政策の振れの.. 中国のGDP成長率は、2022年は3.0%と目標の5.5%を大きく下回った。10.. リーマン・ショック時は確かに「中国」がプラス成長で世界をリードしたが、もはやそん.. ちなみに国債のデフォルト確率を示すクレジット・デフォルト・スワップのスプレッドは.. 「中国のコロナ大不況が米国の金融市場に与える負のインパクトを見逃してはならないの.. ダイヤモンド・オンライン
ウクライナ(その4)(「子ども」「妊婦」「新生児」を虐殺するロシア軍 「まるで『地獄の黙示録』」マリウポリ住民の証言、ウクライナの悲劇招いた「核の傘」喪失 米・NATOが出した“青信号”・・・悲劇の発端「ブダペスト覚書」 親米革命でロシアは侵略国に変貌、核威嚇で米・NATOを試したプーチン大統領、ウクライナで苦戦するロシア軍 その失敗の本質、ロシアは到底勝てるとは思えない、米欧が考えるこの戦争の落とし所はこの辺り ウクライナ戦争の先にある泥沼世界・前編)
ウクライナについては、昨年3月10日に取上げた。今日は、(その4)(「子ども」「妊婦」「新生児」を虐殺するロシア軍 「まるで『地獄の黙示録』」マリウポリ住民の証言、ウクライナの悲劇招いた「核の傘」喪失..
タグ: ウクライナ (その4)(「子ども」「妊婦」「新生児」を虐殺するロシア軍 「まるで『地獄の黙示.. デイリー新潮「「子ども」「妊婦」「新生児」を虐殺するロシア軍 「まるで『地獄の黙.. 「多くの観光客を魅了するにぎやかな港町が、今では映画『地獄の黙示録』のシーンにそ.. 「爆撃によって殺された人々があまりに多過ぎて対応が間に合わず、死体は凍土に掘られ.. 「病院の地下には、引き取り手のない遺体が大人も子どもも一緒くたにされて並べられて.. 「ロシア軍の死者は7千人」、「アフガン戦争でアメリカ軍が失った兵士の数をはるかに.. 「スターが声を上げたことで今後、さらに雪崩を打って反戦の動きが拡大する可能性があ.. 「最近のプーチンは、欧米志向のある市民を、スパイを意味する『第五列』と呼び、“ロ.. 「「戦時国際法は、ジュネーヴ諸条約とそれに対する追加議定書により、さまざまなルー..
悪徳商法(その6)(オンラインゲームの利益で高配当をうたう「マルチ商法」の被害者が連絡会結成へ、【独自】「三浦瑠麗の夫」10億円詐欺訴訟で明らかになった驚きのスキームがヤバすぎる《訴訟資料入手》、【夫婦連携の証拠?】三浦瑠麗が「グリーン資産への証券投資」を政府提言→5ヵ月後に夫が環境債発売を発表していた《地検特捜部が三浦瑠璃夫妻に襲いかかった理由》)
悪徳商法については、2020年10月30日に取上げた。久しぶりの今日は、(その6)(オンラインゲームの利益で高配当をうたう「マルチ商法」の被害者が連絡会結成へ、【独自】「三浦瑠麗の夫」10億円詐欺訴訟..
タグ: 「5年で1000億円もの売り上げが見込めるのであれば、会員からわざわざ出資を募る.. ダイヤモンド・オンライン「オンラインゲームの利益で高配当をうたう「マルチ商法」の.. 悪徳商法 (その6)(オンラインゲームの利益で高配当をうたう「マルチ商法」の被害者が連絡会.. 「資金を集めたEWCPの巧みな勧誘手口」は、「1万人限定」「募集は1年で終了」な.. 現代ビジネス「【独自】「三浦瑠麗の夫」10億円詐欺訴訟で明らかになった驚きのスキ.. 「政治学者・三浦瑠麗氏」「の夫・三浦清志氏が社長を務めるトライベイキャピタル」が.. 「大規模な太陽光発電施設の建設には、近隣住民の同意が必要という自治体が急増」、「.. 「住民からの同意取得が難航」、こうしたプロジェクトは恐らく玉のようにあるのだろう.. 現代ビジネス
”右傾化”(その14)(多幸感に包まれて自画自賛を繰り返す…権力に迎合する「エセ保守」の異常、独占インタビュー 分断危機の「神社本庁」トップが語った「内紛の真実」、父は老いて「ネトウヨ」になった…それは本当に「商業右翼コンテンツにつけ込まれた結果」だったのか? 疑問がよぎった理由、高齢化して「ネット右翼」になった父 その原因は「孤独の病」だった…のか? 息子の回顧から見えたこと)
”右傾化”については、2021年6月19日に取上げた。久しぶりの今日は、(その14)(多幸感に包まれて自画自賛を繰り返す…権力に迎合する「エセ保守」の異常、独占インタビュー 分断危機の「神社本庁」トッ..
タグ: 「思考停止した連中が徒党を組むと、自分たちの異常さに気づかなくなる。都合のいい情.. ”右傾化” (その14)(多幸感に包まれて自画自賛を繰り返す…権力に迎合する「エセ保守」の異.. 「本来、保守とはこうした歪んだ思考を戒める態度のことである。それは復古でも右翼で.. 自分が大好きで、日本はすごい国と信じ込み、生温かい世界に引きこもる。論理的な整合.. デイリー新潮「独占インタビュー 分断危機の「神社本庁」トップが語った「内紛の真実.. 「神社本庁が今、事務方トップである「総長」の人選を巡って、分断の危機」、とは興味.. 神職の集まりには、似つかわしくない事態が進行しているようだ。 「5月の役員会では、もう一度役員会を開いて新たな総長を決めるという結論になったの.. 「統理側は、例のルールを、「役員会の多数意見がどうであれ、統理の意見によって選ば..
リニア新幹線(その9)(静岡県知事・川勝平太氏の「下品極まりない手口」…JR東海が「リニア問題」で困り果てている、リニアを阻む「静岡問題」の解決で欠かせない地元目線 鉄道の岐路(12)、リニア工事延期を通して露呈した川勝知事と静岡県庁の「機能不全」…記者たちの追及やまず、「大井川『命の水』を守る」発言の嘘を見破った2人の静岡県議と「川勝知事が嘘を決して認められないワケ」)
リニア新幹線については、昨年12月23日に取り上げた。今日は、(その9)(静岡県知事・川勝平太氏の「下品極まりない手口」…JR東海が「リニア問題」で困り果てている、リニアを阻む「静岡問題」の解決で欠か..
タグ: 「黒岩知事」が「何度も「国家プロジェクト」という言葉を持ち出した」、JR東海のプ.. 「お先真っ暗なリニア問題の現状を変えることができるのは、世論の力しかない」、どう.. 何の影響もないどころか、使われない水はそのまま大井川に流され、海に捨てられてしま.. 「元島田市長の桜井県議は大井川広域水道の役割を十分に承知しているだけに・・・川勝.. 小林 一哉氏による「「大井川『命の水』を守る」発言の嘘を見破った2人の静岡県議と.. 「“裸の王様”川勝知事によって、静岡県庁の「機能不全」が最悪の状態に向かいつつあ.. お粗末極まる。 「森副知事は「田代ダム取水抑制案がJR東海の工事中の全量戻しに有効であると川勝知.. 小林 一哉氏による「リニア工事延期を通して露呈した川勝知事と静岡県庁の「機能不全.. 「旅客収入の9割近くを東海道新幹線で稼ぐJR東海は、経済合理性だけを考えれば東名..
陰謀論(その1)(秘密結社が裏にいると信じる人が増えている訳 被害妄想的な感受性がコロナ禍で静かに広がる、プーチンの戦争で極右政党がさらに…!「アメリカ」と「ドイツ」を襲う「陰謀論」の危なすぎるワナ、「陰謀論」がまた…!「移民」ぎらいの「排外主義者」がふたたび勢いづくヤバすぎる国の名前)
今日は、陰謀論(その1)(秘密結社が裏にいると信じる人が増えている訳 被害妄想的な感受性がコロナ禍で静かに広がる、プーチンの戦争で極右政党がさらに…!「アメリカ」と「ドイツ」を襲う「陰謀論」の危なすぎ..
タグ: 東洋経済オンライン (その1)(秘密結社が裏にいると信じる人が増えている訳 被害妄想的な感受性がコロ.. 陰謀論 真鍋 厚氏による「秘密結社が裏にいると信じる人が増えている訳 被害妄想的な感受性.. 「いつ爆発するかもしれない「不機嫌」を抱えている」、とは興味深そうだ。 「Qアノン」は、「もともとは2017年に政府の内通者を自称する「Q」が匿名掲示板.. 「コロナ禍で陰謀論がメインストリームに急上昇しているのは、未曽有のパンデミックに.. 「目の前に「洪水」や「猛獣」などが迫り来るような、自身に危害が及ぶ緊急性がさほど.. 「ネットで悲観的な情報を漁り続ける「ドゥーム・スクローリング」(Doomscro.. これは、地球温暖化が恐ろしくて夜も寝られず、抑うつ状態になる「エコ不安症」とまっ..
日本の政治情勢(その65)(国民民主「連立政権入り報道」なぜこのタイミング…情報戦の背後に「麻生vs菅」の覇権争いか、「二階幹事長」が受け取った政策活動費は48億円 自民党内から冷たい視線を浴びるワケ、杉並区長・岸本聡子氏が取り組む“新しい政治”のカタチ「住民が行政 街づくりにかかわり続ける」、ガーシーへの国策捜査開始は「異物排除」が目的だった…突然「司法の総意」が襲った理由)
日本の政治情勢については、11月20日に取上げた。今日は、(その65)(国民民主「連立政権入り報道」なぜこのタイミング…情報戦の背後に「麻生vs菅」の覇権争いか、「二階幹事長」が受け取った政策活動費は..
タグ: (その65)(国民民主「連立政権入り報道」なぜこのタイミング…情報戦の背後に「麻.. 日本の政治情勢 日刊ゲンダイ「国民民主「連立政権入り報道」なぜこのタイミング…情報戦の背後に「麻.. 火のないところには煙は立たないと言われるように、さもありなんと思われるような何ら.. 「司令塔は麻生副総裁です。麻生さんの大宏池会構想の一環でもある」、なるほど。公明.. 「国民民主党内でも喜んで連立入りしそうなのは数人程度で、党分裂は避けられません。.. 「「安倍政権、菅政権で友好的だった維新は、岸田政権に批判的で、国会では立憲民主党.. デイリー新潮「「二階幹事長」が受け取った政策活動費は48億円 自民党内から冷たい.. 幹事長の特権で自由に使える「政策活動費や組織活動費の名目」で渡されるカネが、二階.. 「首相は会長、幹事長は社長」、なるほど上手い喩えだ。
半導体産業(その9)(日本の半導体産業を復活させるには何が必要か――太田泰彦(日本経済新聞編集委員)【佐藤優の頂上対決】、日本の「次世代半導体連合」に台湾が必要不可欠な理由、岸田政権・日本政府が主導して「半導体会社」を設立したが…「戦略不在」でまったく「成功を期待できない」ワケ)
半導体産業については、8月25日に取上げた。今日は、(その9)(日本の半導体産業を復活させるには何が必要か――太田泰彦(日本経済新聞編集委員)【佐藤優の頂上対決】、日本の「次世代半導体連合」に台湾が必..
タグ: デイリー新潮「日本の半導体産業を復活させるには何が必要か――太田泰彦(日本経済新.. (その9)(日本の半導体産業を復活させるには何が必要か――太田泰彦(日本経済新聞.. 半導体産業 「半導体産業を知悉するジャーナリストの提言」とは興味深そうだ。 「ファウンドリー」は、「製造だけ請け負うというと下請け企業のように見えますが、設.. 「日本では半導体を総合電機メーカーが作っていたことです。日立も東芝も、重電から家.. 「中国人」、「彼らは自分の幸せ、家族の存続を第一に考えますね。また現実主義者で、.. 。TSMCの張忠謀もマサチューセッツ工科大学を出て、アメリカの半導体企業テキサス.. 「日本」の「エンジニア」は、「すごいものを作り、きちんと納期までに仕上げ、それで.. ダイヤモンド・オンライン
保育園問題(その14)(園児をたたく ご飯を口に突っ込む…保育園で虐待・暴力が繰り返される「構造的問題」 空前の保育士不足が招く深刻すぎる事態、このままでは子どもが死ぬ…あまりに質の低い保育士の「残念すぎる実態」 点呼のチェックすらめんどくさいと言う、子どもが従わないので腹を立てる…「不適切保育」をする保育士の信じられない言い分 発達に合わない要求をして従わない子どもに"しつけ"をする)
保育園問題については、8月16日に取上げた。今日は、(その14)(園児をたたく ご飯を口に突っ込む…保育園で虐待・暴力が繰り返される「構造的問題」 空前の保育士不足が招く深刻すぎる事態、このままでは子..
タグ: 保育園問題 (その14)(園児をたたく ご飯を口に突っ込む…保育園で虐待・暴力が繰り返される.. 現代ビジネス 小林 美希氏による「園児をたたく、ご飯を口に突っ込む…保育園で虐待・暴力が繰り返.. 待機児童問題、送迎バス置き去り問題のあとには、「虐待」問題まで出てくるとは、まさ.. 「経験の浅いリーダー保育士が、登園して泣く1歳児に向かって「なんで泣くのよ!」と.. 「4歳児のクラスの担任が、『てめー!お前なんかに食べさせない!』と言って、二人が.. 「たとえ年齢が若くても保育士が正職員であり担任であると、非常勤の保育士や保育補助.. 小林 美希氏による「このままでは子どもが死ぬ…あまりに質の低い保育士の「残念すぎ.. 「さくら保育園」で「30代の保育士3人が園児に虐待を繰り返していた事件」は衝撃的..
中国経済(その18)(中国 ゼロコロナ解除で「困難に直面」 WHOが指摘、抗議活動に負けてのゼロコロナ政策撤廃でコロナ感染爆発の危機、習近平政権「ダブル敗戦」の大打撃、一気に大緩和?中国・ゼロコロナ政策撤廃の現実 音楽家ファンキー末吉が経験した緩和直後のドタバタ劇、【習近平の大誤算】若者の失業率約18% 富裕層の国外脱出加速 米輸出規制で“科学技術立国の夢”が泡に)
中国経済については、10月13日に取上げた。今日は、(その18)(中国 ゼロコロナ解除で「困難に直面」 WHOが指摘、抗議活動に負けてのゼロコロナ政策撤廃でコロナ感染爆発の危機、習近平政権「ダブル敗戦..
タグ: 中国経済 (その18)(中国 ゼロコロナ解除で「困難に直面」 WHOが指摘、抗議活動に負け.. Newsweek日本版 ロイターを転載した「中国、ゼロコロナ解除で「困難に直面」 WHOが指摘」 「中国が新型コロナウイルス感染抑制に向けた厳格な「ゼロコロナ」政策を解除し、コロ.. 現代ビジネス 石 平氏による「抗議活動に負けてのゼロコロナ政策撤廃でコロナ感染爆発の危機、習近.. 「前述の「新十条」の発表と実施は、「ゼロコロナ」政策の単なる「緩和」ではなく、む.. 「国民に大きな犠牲と不自由を強いた「ゼロコロナ」政策は結局何の意味もない。政策の.. 「一党独裁体制下の中国で、政権は民衆の抗議運動に押された形で政策の大転換、大後退..
リニア新幹線(その7)(安倍晋三を裏で操った「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之4話:①「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之の知られざる正体…安倍が「国士」と称えた男が最期に抱えていた“爆弾”、②「安倍政権最大の後見人」JR東海・葛西敬之が安倍晋三よりも昵懇だった“意外な政治家の名前”、③政界を牛耳る「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之が安倍晋三と密談して国から「3兆円」を引っ張るまでの一部始終、④安倍政権が政界を牛耳る「最後のフィクサー」の“野望”に3兆円を注ぎ込むまでの「全内幕」)
リニア新幹線については、4月25日に取上げた。今日は、(その7)(安倍晋三を裏で操った「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之4話:①「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之の知られざる正体…安倍が「国士..
タグ: 「JR東海は日本を代表する広告主のため、葛西については新聞テレビはもちろん、文春.. 森 功氏による「安倍晋三を裏で操った「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之の知ら.. 現代ビジネス (その7)(安倍晋三を裏で操った「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之4話:①「.. リニア新幹線 明日は、リニア全般について、取上げる予定である。 森 功氏による「政界を牛耳る「最後のフィクサー」JR東海・葛西敬之が安倍晋三と密.. 早く次に進もう。 「松田昌士」や「井手正敬」の主張の方が筋が通っている。 「そんな恐ろしい病気にかかって余命5年を宣告された時期が、まさに財投申請の半年ほ..
資本主義(その10)(岸田首相の“新しい資本主義”に「今更感」が強い理由 何が足りない?、市場原理主義という“怪物”に戦いを挑み続けた「日本人経済学者」がいた…! いま 宇沢弘文が注目を集めるわけ、資本主義が静かに衰退を始めていると言えるワケ 「世界経済の3つの謎」をどう考えばいいのか)
資本主義については、3月5日に取上げた。今日は、(その10)(岸田首相の“新しい資本主義”に「今更感」が強い理由 何が足りない?、市場原理主義という“怪物”に戦いを挑み続けた「日本人経済学者」がいた…..
タグ: 「岸田首相は、今年を「スタートアップ創出元年」とする意向」、これは「岸田首相」オ.. 「1980年代に通商産業省(当時)主導で、欧米に先駆けて初期のAIを導入するプロ.. 「「同一労働同一賃金」の原則に基づく政策が打ち出された。政策の裏をかき、正社員の.. 「決して目新しいものではなく、以前から認識されていながら有効な手を打てなかった「.. 上久保誠人氏による「岸田首相の“新しい資本主義”に「今更感」が強い理由、何が足り.. ダイヤモンド・オンライン 資本主義 (その10)(岸田首相の“新しい資本主義”に「今更感」が強い理由 何が足りない?.. 「日本のエネルギー企業がダイベストメントされる一方で、海外大手はさらに先に進もう.. 「「なぜ、これまで長年にわたって有効な手を打てなかったのか」「今回の施策は、従来..
前のページへ 1 2 3 4 5 36 37 次のページへ