タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  湯たんぽ美人
記事 での「湯たんぽ美人」の検索結果 32
直腸癌の患者さんの話
 50歳代の男性で標記の患者さんが受診しております。 痔と思っていたら実は直腸癌だったという、ありがちなパターンです。 直腸癌と診断されてから生活態度を改めました。 肉食を止め、玄米菜食にしまし..
タグ: 直腸癌 お尻の痛み 足のツボ 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 気診治療 湯たんぽ美人 まだらめ式間接灸
診療開始しました。新型コロナウイルス感染症対策
 今年は丑年。 当クリニックは1月5日から診療を開始しました。 丑年には、倦まず弛まず進むイメージがあります。 当クリニックは通常の医療で改善しない方を救済する目的で開設しております。 今..
タグ: 対策 歯磨き 早寝早起き 緊急事態宣言 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 新型コロナウイルス感染症
全身の浮腫がすごい患者さんの話
 所長は肝臓学を専攻した経歴があるので、肝臓が悪くて腹水が溜まってから浮腫が出てくる患者さんを治療する機会が多かったのです。 多くは肝硬変・肝癌を合併している患者さんでした。 浮腫は肝臓が悪いから..
タグ: 湯たんぽ 浮腫 利尿剤 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 気診治療 湯たんぽ美人 まだらめ式間接灸 目の灸
新しい治療法の開発
   現代日本の医療はいろいろな制約の中で、薬物治療を中心に行なわれているのが現状です。 しかし、当クリニックでは、通常の医療機関とは異なり薬物治療に重きを置きません。 非薬物治療を中心に治..
タグ: 冷え 循環血液量 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 筋肉の異常なこり 内臓の機能 新型コロナウイルス感染症 微小循環学 非薬物治療 身体の機能
前立腺癌の患者さんの話:悪性腫瘍と新型コロナウイルス感染症の話
 緊急事態宣言がでましたがなんとも対応が鈍く、緊張感がないのには驚かされます。 政府が立派なことをしてもしなくても、どちらにしても、自分自身の身を守ることが大切です。  さて、最近受診されてい..
タグ: 悪性腫瘍 前立腺癌 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 綿花を利用した、まだらめ式間接灸 新型コロナウイルス感染症 免疫力上げる
新型コロナウイルスの話
 新型というだけあって、詳細はまだまだ不明な点が多い病気です。 その全容が判らなければ治療できない、予防できないわけではありません。 免疫の状態を望ましい状態にすれば感染し難くなるだろうし、万が一..
タグ: 対策 新型コロナウイルス 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人
右足首を捻挫した患者さんの話
 約15年以上治療している患者さんの話です。 もともとは潰瘍性大腸炎で受診されていたのですが、自律神経免疫治療で血便や腹痛が消失し、 消化器内科の検査でも全く問題のない状態になっても、月に1回受診..
タグ: 湯たんぽ 捻挫 冷え込み 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 綿花を利用した間接灸
癌患者さんのリンパ球について
 乳癌の患者さんから連絡がありました。 手術はしたそうですが、リンパ球の数が少ないとおっしゃいます。 リンパ球の数が少ないと、再発転移する可能性が高くなります。 そんな話を聞くと、少ない方はなん..
タグ: 副交感神経 リンパ球 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 気診治療 湯たんぽ美人 まだらめ式間接灸
癌患者さんの冷えについて
 癌患者さんは身体が冷えきっていることが多いのです。 身体が冷えることは全身に血液が流れ難くなり、最終的には内臓に流れる循環血液量が減ります。 その結果、内臓の機能が低下します。 末期癌の患..
タグ: 冷え 湯たんぽ 痛み 苦痛 麻薬 転移 末期癌 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 癌患者さん
寒暖の差が激しい時季になりました
 立春が過ぎ暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いております。 大寒の頃よりもむしろ、今の方が寒くなっております。 これだけ寒い日があったり、20度近くまで気温が上昇したりと寒暖の差が激..
タグ: 副交感神経 自律神経 交感神経 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 寒暖差疲労
治療法について考えております−2
 某大学附属青山自然医療研究所で約10年間治療しました。 これまでにない治療法を駆使しての治療です。 当初はどうなるか不安でしたが、少しづつ経験を積むと安心・確信に変わりました。 これまでに考え..
タグ: 治療 湯たんぽ 秘密兵器 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 青山自然医療研究所
大阪在住の慢性疲労症候群+線維筋痛症の患者さんの話
 さきほど標記の患者さんから電話を頂戴しました。 発症してから7年経過しているそうですが、改善の傾向がないということでした。 ブログがお目にとまったようで、湯たんぽ美人を使った身体を温めてみようと..
タグ: 冷え 線維筋痛症 慢性疲労症候群 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 筋肉の異常なこり
前のページへ 1 2 3 次のページへ