タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  湯たんぽ
記事 での「湯たんぽ」の検索結果 482
懐話§昭和三十年代~湯たんぽ~
ひだまりのお話 ] 00:00 01/08
[承前] 子どもの頃、冬になると布団の中に湯たんぽを入れてくれた。実家で使っていたのは、このような岐阜あたりで作られたと思われる陶器製だったが、その頃でも、トタン板を成型した湯たんぽが一般的にな..
タグ: 昭和 睡眠 湯たんぽ
全身の浮腫がすごい患者さんの話
 所長は肝臓学を専攻した経歴があるので、肝臓が悪くて腹水が溜まってから浮腫が出てくる患者さんを治療する機会が多かったのです。 多くは肝硬変・肝癌を合併している患者さんでした。 浮腫は肝臓が悪いから..
タグ: 湯たんぽ 浮腫 利尿剤 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 気診治療 湯たんぽ美人 まだらめ式間接灸 目の灸
いよいよ師走
 師走に入り、一段と寒さが募ります。 この寒さ・乾燥に乗じて、新型コロナウイルス感染症患者さんは格段に増えております。 寒さ・乾燥の対抗手段としては、暖房・加湿があります。 外出する場合にはカイ..
タグ: 風邪 湯たんぽ 免疫 副交感神経 師走 リンパ球 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 新型コロナウイルス感染症
【湯たんぽ】足元暖かいなぁ
大好きな事 ] 15:33 12/03
こんにちは#59120; ちょっとのご無沙汰です#59126; 12月に入り益々冷えるようになりました#59142; この頃になると暖房が欠かせなくなり朝いちばんには リモコ..
タグ: 癒し 湯たんぽ 大好きな事 大切な事 お家時間
11月も間もなく終ります:新型コロナウイルス感染症の対策
 今年はコロナに始まり、コロナに振り回されている1年になっております。 まだ残すところ1ヶ月ありますが、明日からは一段と寒くなるようです。 新型コロナウイルス感染症では、免疫の状態が望ましい状態で..
タグ: 冷え 湯たんぽ 自律神経 リンパ球 重症化 副交感神経優位 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 新型コロナウイルス感染症
癌部分にお灸しても良い?
 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。 お灸は古代中国由来の治療法ですが、日本で独自の発展をとげました。 今では日本のお灸は、驚異的な治療効果を有する治療法になっておりま..
タグ: お灸 湯たんぽ 副交感神経 乳癌 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 筋肉のこり 内臓の機能 まだらめ式間接灸
寒くなるのが早いですね!
 今年の夏はマスクをつけて熱中症の危険があったのに、9月はほとんど毎日雨降り。 9月下旬から急に寒くなってきました。 例年だと10月の第2週目くらいから手袋を着用する必要がありますが、今年はすでに..
タグ: 冷え 湯たんぽ 気温の変化 気圧の変化 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 低体温麻酔
四国でも梅雨入り:暑い時季の湯たんぽの活用法
 少し前には5月とはいえ、4月初旬のような寒い日々が続きました。 一転、夏日が続く日が続いております。 ニュースでは九州に続いて四国も梅雨入りしたそうで、関東地方もこれから蒸し暑い日々が多くなりま..
タグ: ストレス 冷え 梅雨入り 湯たんぽ 発汗 蒸し暑い日 湯上がり 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 冷たいシャワー 内臓機能低下
右足首を捻挫した患者さんの話
 約15年以上治療している患者さんの話です。 もともとは潰瘍性大腸炎で受診されていたのですが、自律神経免疫治療で血便や腹痛が消失し、 消化器内科の検査でも全く問題のない状態になっても、月に1回受診..
タグ: 湯たんぽ 捻挫 冷え込み 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 湯たんぽ美人 綿花を利用した間接灸
福島県湯野上温泉へ・・・③「湯宿 にしきや」温泉編
hana blog ] 23:00 12/17
         外観は平屋ながら、二階…と言っても中二階にも客室があるのです。丁寧に磨き上げられた廊下や手すり、床は当然ピッカピカ。 お部屋を見せてもらった夫曰く「二階の部屋も雰囲気が良かったぞ..
タグ: 湯たんぽ 一期一会のおもてなし 湯宿 にしきや 通年加温なしの源泉100%の天然温泉 檜風呂 石風呂 福島県南会津 湯野上温泉
冷えは必ず治ります
 冷えは身体を温めて、その熱を局所に保持出来たらば絶対に治ります。 温めるために湯たんぽが大切な道具になります。 なぜ湯たんぽなのでしょうか?  身体を温める根拠となるのが熱量です。 お湯..
タグ: 冷え 湯たんぽ 熱量 電気あんか 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所
内臓 湯たんぽ
 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。 今の医療で治療法がない、あるいは治療効果がはかばかしくないと考えられる病気・病態の多くは内臓の機能が低下している事が考えられます..
タグ: 看護師 湯たんぽ 血行 難病 心の問題 国家試験 抑うつ気分 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 内臓の機能
前のページへ 1 2 3 4 5 40 41 次のページへ