タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  枕草子
記事 での「枕草子」の検索結果 73
嵯峨嵐山文華館「絵でみる百人一首と枕草子」
猫と花の日々 ] 16:40 03/13
2月27日(日)、京都・嵐山の福田美術館へ行き、 「トラ時々ネコ 干支セトラ」展を見たことは前記事に https://shizukozb.blog.ss-blog.jp/2022-03-07 ..
タグ: 嵯峨嵐山文華館 枕草子 豆腐料理 松ヶ枝 百人一首
牡丹三昧-2
風のささやき ] 00:18 05/02
5月に入り、初夏の香りがしてきました。 茶摘みのシーズンですね。 子供の頃、家族全員で、学校では遠足で茶摘みをしていました。 この季節になると『茶つみ』の歌 「夏も近づく八十八夜のにも山にも若..
タグ: #牡丹 茶摘 枕草子 古典
週話§土曜恬淡~秋は夕暮れ~
ひだまりのお話 ] 00:00 10/17
落ちこぼれた高校生活を過ごしてはいたが……そこはそれ、時には気まぐれに頭が動き出すこともあって、清少納言の『枕草子』の一段を虫喰い状態で覚えたこともあった。 たぶん、文章のリズムが自分に合ってい..
タグ: 古典 古文 清少納言 枕草子 日常
鞍馬寺 竹伐り会式 2019
Hage Choroge ] 01:00 06/21
鞍馬山の西門! すなわち貴船側から急坂をのぼります。 ほどなく奥の院魔王殿。 西門のところで 昨年(たぶん 2018/09/04)の台風で 山は被害を受けていると聞きましたが ..
タグ: 枕草子
ことしの読書
爛漫亭日誌 ] 18:39 12/11
 このあいだの毎日新聞に「2018 この3冊 上」として、20人の書評担当者が推薦本・各3冊を挙げ、短評を付けていました。今年はどんな本が出たのか、本を読む参考になります。来週にも「下」が載るので、ま..
タグ: 唐沢孝一 内田樹 高橋源一郎 吉田兼好 徒然草 鴨長明 方丈記 枕草子 新書 文庫
飛び魚の絵馬 今熊野観音寺の紅葉
Hage Choroge ] 01:00 11/21
京都市東山区の剣(つるぎ)神社。 創建のときに 重要な剣を埋めたからでしょうか。 私は剣が集まってきたからじゃないかと ひそかに思っています。 なんの剣かというと 死体が抱..
タグ: 枕草子
日本の古典文学への誘い その2
1972年生まれの雑記帳 ] 19:56 08/22
いきなり訂正からだ。 前記事で、古典との出会いは『枕草子』の「春はあけぼの」だと思い切り言い切ってたが、これが違ったらしい。 教科書出版社の情報を調べたり、当時の授業のことをもう一度よく考えたら、..
タグ: 古典 枕草子 小野小町 伊勢物語
日本の古典文学への誘い その1
1972年生まれの雑記帳 ] 17:56 08/18
などとたいそうなタイトルをつけてみたが、なんのことはない、自分がこれまで読んできた古典の感想を適当に書くだけだ。 う~ん。 ますますこのブログのテーマが散漫になっていく(^^;) 5年の学習..
タグ: 古典 百人一首 枕草子 まんが日本史
千年まえのコラムニスト
爛漫亭日誌 ] 19:25 07/02
 文庫本は字が小さいので、とても読めません。岩波文庫にワイド版というのがあるので、ときどき出かけた折に、書店の棚を探してみます。それで『枕草子』でも読んでみようかと、池田亀鑑校訂というのを買ってみたの..
タグ: ネコ 文庫 岩波文庫ワイド版 現代語訳 物乞い 池田亀鑑 枕草子 酒井順子 清少納言 平安時代
流れは絶えずして
爛漫亭日誌 ] 18:46 06/26
 日曜日の夕方に帰宅すると、台所の床に水たまりができていました。雑巾で拭きとっても、隙間からどんどん水が湧いてきます。あわてて水道屋さんに来てもらいましたが、たぶん給湯管にピンホールができているのだろ..
タグ: 全集 給湯管 鴨長明 水漏れ 現代語訳 銅管 方丈記 枕草子 徒然草 酒井順子
ホタルのころ
爛漫亭日誌 ] 17:13 06/12
 もう長いこと、部屋の中にホタルが迷いこんでくることはありません。ホタルの見られる場所に出かけると、大量のホタルが一斉に明滅していますが、こどものころには、電灯を消した家のなかをふらぁと一匹、飛んでる..
タグ: 俳句/俳人 海ホタル ホタル 北原白秋 飯田蛇笏 枕草子 和泉式部 清少納言 歌人
平安時代(8)
今日から2回にわたって、10~11世紀に平安京を中心に栄えた、国風文化(こくふうぶんか)を取り上げます。 藤原北家(ふじわらほっけ)による摂関政治(せっかんせいじ)の時代に花開いた文化なので、 た..
タグ: 末法思想 片かな 片仮名 枕草子 伊勢物語 かな文字 清少納言 藤原文化 藤原道綱の母 表意文字
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 次のページへ