タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  松尾芭蕉
記事 での「松尾芭蕉」の検索結果 123
[その1] ドナルド・キーン著作集 別巻 日本を訳す(2020年)
- Almost Always - ] 09:58 07/29
外国から見た「おくのほそ道」から抜粋 「外国から見た「おくのほそ道」」の話を しようとしたら思ったら、どうしても46、7年前のことに戻ります。 というのは、私はその年初めて「おくのほそ道..
タグ: ドナルド・キーン おくのほそ道 松尾芭蕉 日本の美学
柿 あれこれ
爛漫亭日誌 ] 08:52 11/02
 紀ノ川べりでの散歩のあと、道の駅で富有柿を買ってきました。紀ノ川流域は柿の産地です。柿は元々はすべて渋柿で、突然変異で甘柿ができたそうです。日本で初めて甘柿が見つかったのは、1214年、相模国でのこ..
タグ: 松尾芭蕉 和歌山県 紀ノ川 植物 食物 果物 俳句/俳人 渋柿 愛媛県
暇話§一日一句~松尾芭蕉の命日~
ひだまりのお話 ] 00:02 11/16
季語は・・・桃青忌 桃青忌 我俳諧の 端の端 【去年の今日】汐話§魚はガチガチの冷凍
タグ: 松尾芭蕉 桃青忌 俳句 俳諧
幻の月山
爛漫亭日誌 ] 08:26 10/19
 鳥海山は秋田へ出かけたおり、レンタカーで友人たちと中腹まで行きましたが、山形県の月山は見たことがありません。大学生のころ、奥羽本線の夜行列車の暗い窓を覗き、昼間なら月山が見えるのだろうか? と、口惜..
タグ: 山形県 奥羽本線 大学生 鳥海山 秋田県 森敦 月山 小説 おくの細道
一句を読み解く
爛漫亭日誌 ] 09:15 10/05
   何ヶ月かまえ、毎日新聞の書評欄で渡辺保(演劇評論家)が「斬新な日本文化論が現れた」として、恩田侑布子『渾沌のラマン恋人 北斎の波、芭蕉の興』(春秋社)という本を紹介していたので、取り寄せてみまし..
タグ: 荒川洋治 渡辺保 書評 新聞 毎日新聞 久保田万太郎 評論 土芳 杜国 松尾芭蕉
芭蕉もいいしマン・レイも Basho is nice and Man Ray is also.
9月3日 新潟駅近くの美術館のチケットがあるのでと誘っていただき、田上町の「道の駅 たがみ」で待ち合わせしました。そしていつもよく遊んでる3人で珍しく芸術鑑賞に行くのです。最近出来た道の..
タグ: 道の駅 たがみ 歌川広重 新潟市美術館 知足美術館 佐渡回転寿司 弁慶 ピア万代 松尾芭蕉 奥の細道 敦井美術館 マン・レイ
あれこれ妄想するだけで…
こんにちは、gonanaです。 本日のお題:歴史上の人物がSNSをやっていたとしたら、誰をフォローしたい? 特に誰のと絞りきれないほど、いろいろな人物のSNSや動画・音声の配信を読んだり見..
タグ: 松尾芭蕉 坂本龍馬 西郷隆盛 徳川家康 豊臣秀吉 織田信長 SNS
シャーロック・ホームズたちの新冒険
まずはAmazonさんの紹介ページから。 ベーカー街で出会わなかったホームズとワトスンの“最初の事件”、 手塚治虫の原稿紛失を巡るトキワ荘での騒動、死後自分を殺した犯人を推理する明智小五郎、 ..
タグ: 明智小五郎 シャーロック・ホームズたちの新冒険 田中啓文 トキワ荘 ジョン・H・ワトソン シャーロック・ホームズ ミステリ 創元推理文庫 ダジャレ 駄洒落
2021年最後に呼ばれたのは香取神社、草加宿神明庵、正しい参拝方法、松尾芭蕉も訪れた草加松原
「2021年最後に呼ばれたのは香取神社」 2021年最後に呼ばれたのは香取神社でした。今回は自転車で行こうと決めました。自転車で日光街道を走り、香取神社に向かいます。 私は偶然にも、香取神社に向か..
タグ: 香取神社 参拝 松尾芭蕉 草加 草加松原 俳句 正しい参拝 正式な参拝 五芒星 神明庵
師走の句歌
爛漫亭日誌 ] 09:23 12/08
 時雨とともに冬の気配が訪れます。今年も残り少なくなったと、何か焦るような気持ちが湧いてきます。そして初時雨には軽い驚きが伴います。      ででむしのえりうつくしき初時雨 (三好達治)   ..
タグ: 俳句/俳人 和歌/短歌 三好達治 良寛 西行 紫式部 松尾芭蕉 与謝蕪村 時雨 ででむし
芭蕉の手紙
爛漫亭日誌 ] 16:23 09/02
 9月になり日暮れが早くなりました。ランドセル姿のこどもたちが家の前の道を通っています。夏休みも終わりです。  季節が変わりだしていますが、ここ1年近く何処にも出かけていません。8月にあった兄の..
タグ: 静岡県 松尾芭蕉 曾良 俳句/俳人 箱根 三島 島田 金谷 東海道 元禄
秋の風
爛漫亭日誌 ] 09:02 08/25
 今年の夏は天候が不順です。やっと青空がのぞくようになったと思えば、庭に萩が咲き、もう秋の気配です。  陽暦8月28日、『奥の細道』の旅で松尾芭蕉は富山県高岡に着いています。「翁、気色不勝。..
タグ: 俳句/俳人 和歌/短歌 歌人 松尾芭蕉 曾良 丸谷才一 金森敦子 藤原敏行 渡辺水巴
前のページへ 1 2 3 4 5 10 11 次のページへ