タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  松尾芭蕉
記事 での「松尾芭蕉」の検索結果 113
芭蕉の手紙
爛漫亭日誌 ] 16:23 09/02
 9月になり日暮れが早くなりました。ランドセル姿のこどもたちが家の前の道を通っています。夏休みも終わりです。  季節が変わりだしていますが、ここ1年近く何処にも出かけていません。8月にあった兄の..
タグ: 松尾芭蕉 三島 箱根 江戸時代 東海道 手紙 大井川 静岡県 書簡
秋の風
爛漫亭日誌 ] 09:02 08/25
 今年の夏は天候が不順です。やっと青空がのぞくようになったと思えば、庭に萩が咲き、もう秋の気配です。  陽暦8月28日、『奥の細道』の旅で松尾芭蕉は富山県高岡に着いています。「翁、気色不勝。..
タグ: 動物 石川県 金沢 松尾芭蕉 富山県 蜻蛉 サル 奥の細道
魚の泪
爛漫亭日誌 ] 08:44 08/06
 松尾芭蕉が『奥の細道』の旅に出立したのは、元禄2年(1689)3月のことですが、<千住といふところにて舟をあがれば、前途三千里の思ひ胸にふさがりて、幻のちまたに離別の泪をそそぐ。>   行く春..
タグ: 動物 松尾芭蕉 評論 ウグイス 奥の細道 紀行
季節の句歌
爛漫亭日誌 ] 10:15 05/23
 今年は早い梅雨入りで、うっとうしい日が多いようです。巣ごもり状態だったうえ、たまの散歩もままなりません。気晴らしに『句歌歳時記 夏』(山本健吉編著 新潮社)を眺めています。    五月雨(さみ..
タグ: 植物 松尾芭蕉 青梅 梅雨 ホタル
音楽の捧げもの
爛漫亭日誌 ] 13:15 12/19
 ドイツの作曲家 J.S.バッハ(1685-1750)は日本でいえば、徳川八代将軍吉宗(1684-1751)と同じ時代を生きた人です。松尾芭蕉や近松門左衛門より一世代下になります。赤穂浪士の討ち入りの..
タグ: 音楽 松尾芭蕉 ピアノ 作曲家 バッハ ヴァイオリン ピアニスト 赤穂浪士 ヴァイオリニスト ヴァイオリン・ソナタ
夢の島
爛漫亭日誌 ] 18:58 11/02
  所用があって淡路島に帰郷してきました。飛び石の休みなので人出が多いかと思いましたがそれ程ではありませんでした。1年半ぶりに西浦の道を通りましたが、いつのまにか新しい建物が建って、若者が行列してい..
タグ: 淡路島 松尾芭蕉 タコ 叔母 イカナゴ 安藤忠雄 明石海峡大橋 兵庫県
吟話§一日一句~来年の予定入り始め~
ひだまりのお話 ] 00:02 11/18
季語は・・・時雨忌 時雨忌や 日めくりを今日 買うと決め 【去年の今日】饗話§馬鹿にされていることに気がつけ
タグ: 俳句 松尾芭蕉 カレンダー 芭蕉 時雨忌
セミの文学誌
爛漫亭日誌 ] 16:59 08/04
  久しぶりに本屋さんに行きたくなり、どこがいいか、あるていど本が有って人の少ないところと考え、お城の前の書店へ出かけました。あちこちの棚を眺めながら、物色していましたが、これと思うものがなく、まあ..
タグ: 中国 松尾芭蕉 評論 フランス 川柳 書店 フランス文学
最上川のこと
爛漫亭日誌 ] 17:52 07/29
 昨日は山形県で大雨が降って、最上川が氾濫し、大石田などが洪水になったようです。今年も各地で災害が続発し、なんとも心が痛みます。    大石田という所へは行ったことはありませんが、芭蕉『奥の細道..
タグ: 松尾芭蕉 奥の細道 洪水 山形県 五月雨 歌人 斎藤茂吉 北杜夫 最上川
冬の旅
爛漫亭日誌 ] 17:07 02/24
  昨年末にテノール歌手のペーター・シュライヤーが他界されたのを新聞で見て、彼の歌う『冬の旅』を聴いてみたくなり、HMVで取り寄せるようにしましたが、まだ届きません。  そういえば以前、梅津時..
タグ: 音楽 松尾芭蕉 シューベルト 評論 HMV 作曲家 歌手 奥の細道 歌曲
中山道と東海道
爛漫亭日誌 ] 22:05 10/07
 「木曽路はすべて山の中である」は島崎藤村「夜明け前」の書き出しですが、いつか読もうと思いながら、本棚に置かれたままになっています。中山道はその山の中を通っているのですが、なぜ東海道でなく険しい山道を..
タグ: 松尾芭蕉 歴史 碓氷峠 島崎藤村 東海道 甲州街道 木曽路 中山道
お出かけ
ほぼ金曜日のそらへい ] 15:20 12/21
 今年も残すところあと10日ほどになって来たというのに、今日のお出かけの記事は11月末のことです。カメラを持って街に出かけることが少ないそらへいですが、ある目的のついでに皆さんのように街撮りのまねごと..
タグ: 琵琶湖 松尾芭蕉 鎌倉 京阪電車 江ノ電 浜大津港 ミシガン なぎさ通り 忍者列車 JR石山駅
前のページへ 1 2 3 4 5 9 10 次のページへ