タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  松井今朝子
記事 での「松井今朝子」の検索結果 18
道絶えずば、また
31の読書日記 ] 05:18 05/22
道絶えずば、また (集英社文庫)作者: 松井 今朝子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/07/20メディア: 文庫 <裏表紙あらすじ> 江戸中村座。立女形三代目荻野沢之丞が、引退..
タグ: 松井今朝子 時代ミステリ
痛快だけれど
6猫日記 ] 22:57 09/20
 松井今朝子『奴の小万と呼ばれた女』読了。  大店のお嬢様で教養もばっちり、器量もいいが……と、どう考えても生まれてくるのが数百年早かった女性の話。痛快だけれど、当時の時代背景を考えるとちょ..
タグ: 時代物 松井今朝子 奴の小万と呼ばれた女
いつもと違うかな
6猫日記 ] 22:17 07/18
 松井今朝子『東洲しゃらくさし』読了。  いつもなら彼女の作品は面白くてずいずい読めるのに、なんか読み進めなかったなあ。得意分野の芝居内のことが多すぎて、あんまり写楽について書かれていなかっ..
タグ: 時代物 松井今朝子 東洲しゃらくさし ヘミングウェイ釣り文学傑作選
文庫3冊
6猫日記 ] 08:50 05/26
 赤川次郎『グリーンライン』読了。  横浜の地下鉄線のことではなかった。赤川先生の作品としては、ちょっとやりきれなさが残るというか、テーマが悲惨すぎる。爽やかな表紙の感じとは裏腹。先生の特徴..
タグ: 松井今朝子 赤川次郎 短編 グリーンライン ねじめ正一 四文屋 高円寺純情商店街本日開店
人と職業
6猫日記 ] 22:35 07/03
 松井今朝子『幕末あどれさん』読了。  杉浦日向子の『合葬』を思わせるシーンが出てきて、ちょっと泣ける。長編だが、気を抜かず書ききっていて、さすが。面白いです。同じ部屋住みの次男坊二人の運命..
タグ: 時代物 松井今朝子 長編 西原理恵子 鴨志田穣 渡部陽一 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 幕末あどれさん ぼくは戦場カメラマン
写楽を描く
6猫日記 ] 00:50 06/01
 松井今朝子『東洲しゃらくさし』読了。  謎の画家写楽については、みんないろいろ書いて食傷気味とも言われるが、これはこれで面白かった。上方の道具方だった男……最後の悲しさはあったけれど、京都..
タグ: 時代物 松井今朝子 アントニオ・タブッキ 東洲しゃらくさし 他人まかせの自伝
記録魔のおかげ
6猫日記 ] 12:51 05/16
 松井今朝子『そろそろ旅に』読了。  武士から商家に婿入りし、町人となって戯作者の道を歩んだ十返舎一九の物語。  なるほど、この辺りの人たちの公式記録が残っているわけではないから、下手すれ..
タグ: 松井今朝子 時代小説 狂歌 長編 十返舎一九 アンドリュー・クレメンツ はるかなるアフガニスタン そろそろ旅に
元祖アイドル
6猫日記 ] 21:20 04/24
 松井今朝子『星と輝き花と咲き』読了。  今朝子姐さんが娘義太夫の竹本綾之助を描いた作品。義太夫の天才美少女竹本綾之助は、本人の心づもりはともかく、その美しさであほ学生の追っかけ「ドウスル連..
タグ: 松井今朝子 星と輝き花と咲き 娘義太夫
かっこよすぎる先輩
6猫日記 ] 23:30 04/04
 松井今朝子『今朝子の晩ごはん 忙中馬あり篇』読了。  京都祇園の料亭にお生まれになった一回りも上の方をつかまえて先輩呼ばわりをするのは、さぞ先様には迷惑と思われるが、あんまりかっこいいので..
タグ: エッセイ 松井今朝子 今朝子の晩ごはん
去りゆく時代
6猫日記 ] 21:09 03/05
 松井今朝子『銀座開化おもかげ草紙』読了。  いつもながらこの人の知識というか、妥協を許さない考証には(多分)恐れ入る。去りゆく江戸を象徴する年上の女と、新しい時代を背負うお嬢様の対比が悲し..
タグ: 松井今朝子 短編 連作短編 群ようこ 銀座開化おもかげ草紙 れんげ荘
吉原手引草
31の読書日記 ] 00:00 10/16
吉原手引草 (幻冬舎文庫)作者: 松井 今朝子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2009/04メディア: 文庫 <裏表紙あらすじ> 廓遊びを知り尽くしたお大尽を相手に一歩も引かず、本気に..
タグ: 直木賞 松井今朝子 時代ミステリ
久々オムニバス
6猫日記 ] 21:39 07/05
 縄田一男編『吉原花魁』読了。  花魁の出てくる短編を集めたオムニバス短編集。正直、これは……と思うすごいのはあんまりなかった。 劉慶一郎『張りの吉原』、平岩弓枝『吉原大門の殺人』、宇江佐真理..
タグ: 時代物 山田風太郎 松井今朝子 平岩弓枝 宇江佐真理 藤沢周平 吉原花魁 縄田一男 杉本章子 劉慶一郎
前のページへ 1 2 次のページへ