タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  村上春樹
記事 での「村上春樹」の検索結果 725
キャブ・キャロウェイ
青森でも桜の開花宣言です。 映画「ブルース・ブラザーズ」をご覧になった方は,立派な体躯と存在感のある姿をご覧になったでしょう。 今回のポートレート・イン・ジャズは,村上さんもその「ブルース・ブ..
タグ: 村上春樹 ポートレイト・イン・ジャズ デューク・エリントン ガーシュイン ポギーとベス シンシナティ交響楽団 キャブ・キャロウェイ ビックス・バイダーベック 映画「コットンクラブ」
ジャッキー&ロイ
四月の雪です。 西高東低の気圧配置で,北海道と東北北部の日本海側に雪が降ったようです。寒い日です。 和田誠・村上春樹版「ポートレイト・イン・ジャズ」で取り上げているジャズプレイヤーを,この本で..
タグ: 村上春樹 和田誠 ポートレイト・イン・ジャズ ゴンチチ ジャッキー&ロイ ストーリーヴィル
ポートレイト・イン・ジャズ<和田誠・村上春樹>新潮文庫
しばらく「夜明けのJazz」として,私が所有しているLPを中心にジャズを紹介してきましたが,最近,和田・村上版「ポートレイト・イン・ジャズ」にあるLP・CDを聞く機会があったので,この本に載っているジ..
タグ: 村上春樹 新潮文庫 和田誠 ビル・エヴァンス ポートレイト・イン・ジャズ ビックス・バイダーベック
No.306 - プーランク:カルメル会修道女の対話
クラバートの樹 ] 10:56 03/06
フランス革命 今回は No.42 「ふしぎなキリスト教(2)」 と No.138「フランスの "自由"」で触れた、フランシス・プーランクのオペラ「カルメル会修道女の対話」(1957)について..
タグ: 村上春樹 ドラローシュ 小澤征爾 ギロチン コンピエーニュ カルメル会修道女の対話 中野京子 意味がなければスイングはない 運命の絵 フランシス・プーランク
No.299 - 優しさが生き残りの条件だった
クラバートの樹 ] 13:13 11/28
No.211「狐は犬になれる」の続きです。今回の記事の目的は、現生人類(=ホモ・サピエンス)が地球上で生き残り、かつ繁栄できた理由を説明する「自己家畜化仮説」のことを書くのが目的ですが、この仮説は N..
タグ: 村上春樹 レイモンド・チャンドラー オキシトシン セロトニン フィリップ・マーロウ 日経サイエンス ネアンデルタール人 ホモ・サピエンス テストステロン プレイバック
なんか笑えない
6猫日記 ] 20:52 10/12
 愛川晶『高座のホームズ』読了。  面白くないこともないし、正蔵師匠が名探偵なんていうのはすごいと思う。寄席の裏話などがたくさん出てくるのも楽しいのに、全体に特に楽しくないのはなぜなのか。う..
タグ: 村上春樹 ミステリ 奥田英朗 角田光代 乙一 池上永一 アンソロジー 運命の恋 愛川晶 山白朝子
ノーベル賞とピンボールにおける相対性理論
毎年ノーベル文学賞候補にはあがる村上春樹氏ですが今年も縁がなかったようです。その村上春樹氏の代表作といえば「ノルウエイの森」をあげる人が多いのではないでしょうか。でも私は違います。彼の初期の著書「..
タグ: ゲーム 村上春樹 ノーベル賞 ゲームセンター タイトー ピンボール ノルウェイの森
村上春樹『一人称単数』
ヒットする曲は整った曲ではなく、ひっかかりのある曲だと思う。 そう言った意味で、この短編集はどれもフックがあり楽しめる。 でも、傑作ではない。 筒井康隆だったらもっとうまく書けるのでない..
タグ: 村上春樹
一人称単数
幻泉館日録 ] 18:19 07/18
寝坊した。 二度寝。 朝ごはんを手抜きバージョンにしてなんとか乗り切る。 うう。 一度目が覚めた時、今日は日曜日だよなあとぼんやり目覚まし時計を切ったように思う。 そ..
タグ: 村上春樹
うらやましいぞ、「村上T」。
「村上T」。村上春樹さんがポパイに連載していたエッセイを 一冊の本にまとめたものです。TはTシャツのT。 Tシャツにまつわるエピソードが綴られた本です。 うらやましいというのは、 ..
タグ: 村上春樹 Tシャツ
猫を棄てる
幻泉館日録 ] 19:26 05/22
さわやかな好天だった。 初夏らしい気持ちの良い一日。 洗濯物もすっきりと。 昨日の続きでコンビニへ寄った。 おっ母さんの保険証、表紙裏のコピーね。 私よりちょっと年長..
タグ: 村上春樹
私立探偵の話
爛漫亭日誌 ] 08:46 05/19
  世は「コロナ疲れ」とか、わたしは「薬物療法疲れ」です。やっと食べられるようになったと思えば、また次の治療が始まって、ムカツクようになる。そんなことを繰り返して第5クールが過ぎ、あと1回になりまし..
タグ: 小説 村上春樹 朗読 治療 父親 探偵小説 アメリカ文学 レイモンド・チャンドラー フィリップ・マーロウ 私立探偵
前のページへ 1 2 3 4 5 60 61 次のページへ