タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  文庫
記事 での「文庫」の検索結果 453
失われた世代
爛漫亭日誌 ] 08:56 09/22
 ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』の巻頭には  「あなたたちはみんな、自堕落な世代((ロスト・ジェネレーション)なのよね」                ーーーガートルード・スタインの言葉..
タグ: 小説 翻訳 文庫 辞典 アメリカ文学 回想 ヘミングウェイ ロスト・ジェネレーション 就職氷河期 バブル崩壊
チャーリー・ブラウンの勇気
爛漫亭日誌 ] 21:45 05/06
 休みが続くので愛知と千葉にでかけてきました。好天で沿線の新緑が鮮やかでした。 ホテルのとなりの本屋さんをのぞいていると、チャールズ・M・シュルツ『スヌーピーの50年』(三川基好訳 朝日文庫)という本..
タグ: 漫画 文庫 週刊朝日 チャーリー・ブラウン スヌーピー 司馬遼太郎 ピーナッツ 遠藤周作 1972年 ルーシー
「ベアトリス、お前は廃墟の鍵を持つ王女」-私が目指したい女性
ベアトリス、お前は廃墟の鍵を持つ王女を読んだ。 イルバスという国は賢王と呼ばれ広く尊敬されている王によって共同統治が行われている。 一定の年齢になれば性別に関わらず王冠を頂ける。 ..
タグ: 小説 感想 文庫 集英社 オレンジ文庫 ベアトリス、お前は廃墟の鍵を持つ王女
訳者が変われば
爛漫亭日誌 ] 09:21 03/04
 以前、ラ・ロシュフコオ『箴言と考察』(内藤濯 訳)を読んだとき、なかなか面白いと思ったのですが、どうも意味が分からない所が散見され気になっていました。原文がそうなのか、訳文のせいなのか、フランス語も..
タグ: 翻訳 文庫 星の王子さま フランス文学 ラ・ロシュフコー 箴言集 箴言 ラ・ロシュフコオ 内藤濯 箴言と考察
片恋革命 エースの彼女であるチアリーダーが俺の片思いも応援した結果
「……気持ちいいっしょ? 初恋の女の子とエッチするの」 童貞だった俺の緊張を解すため、くだけた笑顔を浮かべてくれる幼馴染・司馬沙月。「あたしのことずっと好きだったって気持ち、全部○○から出しき..
タグ: 美少女 文庫 懺悔 美少女ノベル 美少女文庫 フランス書院 sakiyamama 片恋革命 エースの彼女であるチアリーダーが俺の片思いも応援した結果
性奴●サマ系彼女
「今日から私は祐介くんの『性奴●』よ!」 少子化対策固定対象者基本法――通称『性奴●法』がついに施行! それも初の資格取得者は憧れの先輩・佳苗美玲! いきなりご主人様に指名され――いきなり始ま..
タグ: 美少女 文庫 橘ぱん 美少女ノベル 美少女文庫 フランス書院 性奴●サマ系彼女 いきなりご主人様にされました。 掃除朋具
薬の効きめ
爛漫亭日誌 ] 10:33 01/29
 よくそんなことが出来たものだと驚きながら、河口慧海『チベット旅行記』(講談社学術文庫)を読んでいると、困ったときに慧海(えかい)は「宝丹」という薬をよく飲んでいます。たとえば・・・  < そう..
タグ: 東京 評伝 仏教 上野 文庫 明治 祖父 ネパール チベット
フィンランドのドラマ
爛漫亭日誌 ] 17:44 01/03
  静かな正月なので、音楽を聴いて過ごしています。今日はシベリウスの交響曲第3番を H.ブロムシュテット指揮、サンフランシスコ交響楽団の演奏で聴きました。こじんまりした曲で、春の訪れを待つような穏や..
タグ: 音楽 作曲家 文庫 フィンランド 指揮者 新書 交響曲 宮城谷昌光 シベリウス ヴァイオリン協奏曲
こころに残る外国の短篇小説
爛漫亭日誌 ] 11:47 10/04
   トランプ大統領の新型コロナ感染には驚きましたが、賭けごとの大好きなイギリスではきっと、大統領選挙のゆくえが賭けの対象になっていることでしょう。  ロアルド・ダール(1916-1990)とい..
タグ: 小説 文庫 大統領 モーパッサン サキ 都筑道夫 チェーホフ 魯迅 田村隆一 賭け
萩の物語
爛漫亭日誌 ] 08:35 09/07
 3週間ほどまえの毎日新聞の書評欄に、詩人の荒川洋治が三浦哲郎の短篇集を取りあげたなかに、戦後日本の最上の短篇小説としてこんなのを挙げていました。  中野重治「萩のもんかきや」  佐多稲子「水..
タグ: 映画 植物 淡路島 小説 昭和 書評 女優 文庫 東京物語
フランスの公爵さま
爛漫亭日誌 ] 16:35 08/11
  本箱を眺めていると、ラ・ロシュフコオ『箴言と考察』(内藤濯訳 グラフ社)という本が目にとまりました。1983年3月に買っています。猛暑の午後、ページを繰っていると、いろんな箴言に苦笑させられます..
タグ: 文庫 星の王子さま フランス文学 熊本県 岩波文庫 サン・テグジュペリ 柳川 北原白秋 箴言 ラ・ロシュフコオ
今年の夢
爛漫亭日誌 ] 20:05 01/05
 一富士二鷹三茄子といいますが、もうどんな初夢を見たのかも思い出せません。寒い年末といっているあいだに、こどもたちの家族が集まって来て、坊主めくりなどに興じているうちに、また夫婦二人の生活にもどりまし..
タグ: 評伝 文庫 正月 初夢 茄子 チェーホフ 開高健
前のページへ 1 2 3 4 5 37 38 次のページへ