タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  教科書
記事 での「教科書」の検索結果 194
寺子屋 KYOTOPy
ぱないのぉ ] 20:38 10/27
 最近はどこも、・・・変に平等なのか? 有名大学でもパリピでウェ~イな感じでやらかしで目に余るというか犯罪してるハナシが多々・・・あ~、コロナ禍に当たってる学生さん達はアレかな? まだ幸い?これからど..
タグ: 武士道 教科書 Python PDF 京都大学 寺子屋 ノブレスオブリージュ
簿記3級 テキスト
Kすけの日記 ] 15:47 08/05
簿記3級をとろうかと思って,テキストを購入。 ↓ みんなが欲しかった! 簿記の教科書 日商3級商業簿記 第9版 [ 滝澤 ななみ ] 簿記2級を受かった友達に聞いたら,こ..
タグ: 簿記 教科書 テキスト
こんな人たちが書いてゐる高校の「世界史」教科書
斎藤吉久のブログ ] 20:49 07/05
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ こんな人たちが書いてゐる高校の「世界史」教科書 (「神社新報」平成16年7月5日号) ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇..
タグ: 教科書 世界史 日韓関係 教科書検定 強制連行 歴史教科書 大学入試センター試験 山川出版社 神社新報 朝鮮史
絵巻と書
爛漫亭日誌 ] 20:01 12/02
  出かけた名古屋で少し時間があったので、徳川美術館へ行ってみました。ちょうど「源氏物語絵巻」の「柏木(三)」と「宿木(一)」が展示されていました。毎年この時期に数点ずつ公開されるそうです。 ..
タグ: 愛知県 美術館 名古屋 源氏物語 教科書 源氏物語絵巻 一休 歌人
赤蛙の記憶
爛漫亭日誌 ] 21:10 06/25
 ふと憶い出したのですが、高校生のころ島木健作の『赤蛙』という短篇が気にいって、同級生に勧めたりしていました。「『城の崎にて』よりいいよ」。 昭和三十年代は志賀直哉の小説がよく読まれていました。教科書..
タグ: 小説 高校生 カエル 記憶 文庫 教科書 青空文庫 短篇小説 志賀直哉
金田一先生の事件簿
爛漫亭日誌 ] 19:05 05/12
  今日は「母の日」です。わたしは子供の頃は「オカーチャン」と呼んでいました。金田一春彦『ことばの歳時記』(新潮文庫)によると「おかあさん」という言葉は、比較的新しく、明治三十年ごろに文部省で作った..
タグ: エッセイ 自伝 文庫 母親 石川啄木 教科書 おかあさん 回想 歌人 柳田國男
ありしながらの
爛漫亭日誌 ] 17:53 10/10
  台風 14号はやっと遠のいたようです。降り続いた雨も止んで、空が明るくなってきました。やれやれです。  今日は母の命日です。37年前に 70歳で他界しました。体育の日で、ちょうどいま住んで..
タグ: 淡路島 神戸 白鳥 命日 母親 教科書 父親 兵庫県
小説の楽しみ
爛漫亭日誌 ] 17:01 02/13
 自分より年下のひとの小説は、何となく読む気がしないのですが、新書棚を眺めていると佐藤正午『小説の読み書き』(岩波新書)というのが目に止まって、つい買ってしまいました。 著者は 1955年生まれの小..
タグ: エッセイ 小説 1970年代 新書 教科書 太宰治 70年代 井伏鱒二 佐藤正午 山椒魚
花火の日
爛漫亭日誌 ] 20:48 07/30
 きょうは隣町の花火大会です。しばらくすると遠い花火が夜空にみえ、十秒ほど遅れて破裂音が届きます。 花火をみるたびに、十代のころの教科書に載っていた芥川龍之介の『舞踏会』という小説を想い出します。生の..
タグ: 小説 芥川龍之介 花火 教科書 義母 舞踏会
生きる手触り
爛漫亭日誌 ] 20:38 12/06
 十二月になると西風が吹き荒れて、砂浜にナマコがうち上がることがあります。薄くスライスして酢のものにして食べます。コリッとした食感が楽しめます。腸の塩辛は「コのワタ」です。 久しぶりに CD屋さんに出..
タグ: CD 小説 高校生 大学生 書店 ロシア文学 教科書 全集 チェーホフ ナマコ
ハーディの小説
爛漫亭日誌 ] 14:46 09/24
  高校生の時、英語の授業で T.ハーディの短篇小説「羊飼の見た事件 What the Shepherd Saw」を読んだ記憶があるのですが、巨石遺跡が舞台だったというくらいで、話の筋はよく覚えてい..
タグ: 映画 小説 高校生 大学生 文庫 教科書 パイプ イギリス文学 1980年 1985年
前のページへ 1 2 3 4 5 16 17 次のページへ