タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  意識は常に何ものかについての意識である
記事 での「意識は常に何ものかについての意識である」の検索結果 2
言語が造る顔相骨相/ 「そのとき人間は悪を選び得ない」と実存主義
実存主義*1 ではこの世の存在を、「即自存在」と「対自存在」の二つに分ける。即自存在はそれだけで存在できるものであり、「石ころ」とか「富士山」だとか「素粒子」などもこれに入る。対自存在とは「意識」の存..
タグ: 存在だけの段階 主体性の哲学 「存在」だけの段階 言語のあり方 そのとき人間は悪を選び得ない 富士山 素粒子 ヒューマニズムの哲学 意識は常に何ものかについての意識である 言葉は常に何ものかについての言葉である