タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  弦楽四重奏
記事 での「弦楽四重奏」の検索結果 70
暇話§一日一句~不思議なベートーヴェン~
ひだまりのお話 ] 00:02 01/21
季語は・・・大寒 大フーガ聴く 大寒の午後の謎 【去年の今日】肥話§豚丼は危ないの・・・・・・ですよ
タグ: ベートーヴェン 音楽 俳句 クラシック 大寒 弦楽四重奏
響話§鶴クァルテット&池辺晋一郎
ひだまりのお話 ] 00:01 11/04
2020年はクラシックの演奏会に一度も通わないまま終わってしまうかと思い込んでいたら、ひょんなことからチケットが手に入り、狛江エコルマホールで聴いてきた。 “気軽に弦楽四重奏!”というホ..
タグ: 狛江 音楽 ドヴォルザーク チャイコフスキー ベートーヴェン シューベルト モーツァルト ハイドン 弦楽四重奏 クラシック
愁話§シューベルト―マイカテゴリー―
ひだまりのお話 ] 00:00 10/20
シューベルトを聴くといえば、長いこと『冬の旅』や『水車屋の娘』あたりの歌曲、それに2つ3つの交響曲といった程度でお茶を濁してきた。 遅ればせというか、この10年ほどの間に弦楽四重奏曲やピ..
タグ: 音楽 マイカテゴリー カテゴリー シューベルト オーケストラ ベートーヴェン 弦楽四重奏 ピアノ 歌曲 クラシック
活話§弦楽四重奏―マイカテゴリー―
ひだまりのお話 ] 00:00 10/16
そしてマイカテゴリー・シリーズは、さらに“弦楽四重奏”へと続く。 最初の弦楽四重奏曲体験は、1975年頃のスメタナ弦楽四重奏団の実演で、本プロ以上に驚いたのがアンコールで演奏されたモーツァルトの..
タグ: ベートーヴェン クラシック ラヴェル ドビュッシー シューベルト モーツァルト チェロ ヴィオラ ヴァイオリン マイカテゴリー
吟話§一日一句~湿り気を帯びた音色~
ひだまりのお話 ] 00:01 06/07
季語は・・・五月雨 五月雨の午後は ラヴェルの四重奏 【去年の今日】邂話§尾瀬初夏水芭蕉[5]下田代で花探し
タグ: 五月雨 俳句 ラヴェル 日常 弦楽四重奏 クラシック 弦楽器 チェロ
水話§2020年6月の予定あれこれ
ひだまりのお話 ] 00:00 06/01
月初めにつき、東京の一か月間の日の出&日没時刻を。 6月1日の日の出は4時26分、日没は18時52分、月末の日の出は4時28分、日没は19時01分……一年の内で最も陽の長い頃合いであるが..
タグ: 日常 梅雨 海外旅行 ドイツ オーストリア 天気 クラシック コロナウイルス 弦楽四重奏
モーツァルト、春、
音のタイル張り舗道。 ] 23:33 04/16
この間、買い物の帰りに、桜の木の下を通ったのだけれど、足元には、まだたくさんのガクが残っていて... それが、とても寂しげで... 毎年、みんなから、綺麗だねぇ~ っと、見上げられ..
タグ: 弦楽四重奏 室内楽 モーツァルト 18世紀
愉話§弦楽四重奏へ
ひだまりのお話 ] 00:00 01/28
その昔、まだまだクラシックを聴き始めて浅かった頃に眼にしたのが“弦楽四重奏こそが、クラシック音楽の究極の姿だ”といった趣旨の一文だった。 そこから50年……あっちへこっちへフラフラと、どっちつか..
タグ: クラシック 弦楽四重奏 弦楽四重奏曲 ヴァイオリン ヴィオラ チェロ モーツァルト ベートーヴェン シューベルト
鑑話§今年のクラシック振り返り
ひだまりのお話 ] 00:00 12/19
2019年一年間のパフォーマンスを回顧する時期となった。今日はクラシックを取り上げる。 一年間に通ったクラシックの演奏会は、国内と国外を合わせて以下のとおり29回だった。かつてはバレエで一項設け..
タグ: ピアノ リヒャルト・シュトラウス オーケストラ クラシック 旅行 ベルリン バレエ 海外旅行 ドイツ 弦楽四重奏曲
尖話§アルディッティ弦楽四重奏団~武蔵野~
ひだまりのお話 ] 00:00 12/05
もとより、現代音楽の類を積極的に聴いてきたわけではない。残念ながら、苦手である。ゆえに、この日聴いた4曲も、聴き終わって家路につく頃には脳内からすっかりさっぱり消え去ってしまっていた。 室内楽好..
タグ: 武蔵野 チェロ ヴィオラ ヴァイオリン 現代音楽 バルトーク 弦楽四重奏 弦楽四重奏団 クラシック 弦楽四重奏曲
師話§2019年12月の予定あれこれ
ひだまりのお話 ] 00:00 12/02
今年も師走……残すところ一か月となってしまった。月初めにつき、東京の一か月間の日の出&日没時刻を。12月1日の日の出が6時31分で31日が6時50分、日没はそれぞれ16時28分と16時38分である。月..
タグ: クラシック 伝統芸能 弦楽四重奏 映画 歌舞伎 現代音楽 日常
ロマンティックが走り出す、メンデルスゾーン姉弟の弦楽四重奏...
音のタイル張り舗道。 ] 22:44 09/16
先日、マーラーの未完の交響曲、10番を、AIが完成させたというニュースに、おおっ?!となった。ま、完成させるにあたって、結構、いろいろ手掛かりのある(だけに、すでにいろいろな版があ..
タグ: 弦楽四重奏 室内楽 メンデルスゾーン 19世紀 女性作曲家
前のページへ 1 2 3 4 5 6 次のページへ