タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  幸田 文
記事 での「幸田 文」の検索結果 23
五十の坂とか六十の峠
 このごろ私はお墓まいりが苦労になってきて、こうまってしまう。 ~中略~  怠慢もたしかだが、からだが苦労になってきたこともいなめない。五十の坂とか六十の峠とかいうが、坂とはうまくいったもので、登ろう..
タグ: ウィリアム・オスラー 上野 千鶴子 幸田 文 保坂 隆 五木 寛之
おにぎり
 男はどうだか知らないけれど女なら、自分の過去にあるおにぎりの影をたどると、誰しも大抵ちょっとした一代記の材料になるのではないかと思う。 にぎにぎ頂戴、とねだった幼い日から学校の運動..
タグ: 幸田 文
精一杯おいしくたべよう
 料理の材料にしゅんがあるように、味にも最もうまいという時間があります。焼きざましがまずいのは、時間が外れているからです。ですから、ささやかな食卓でもせめて精一杯おいしくたべようというには..
タグ: 幸田 文
効率主義は進歩だろうか
 まげものの底に、和紙または金あみを張った容器に、番茶をいれ炭火にかざして、ほうじる。 火が通ったら土びんにとり、すぐあつい湯をさす。しゅうっとさわやかな音をたて、芳香が立つ。 ..
タグ: 幸田 文 司馬 遼太郎 堺屋 太一
夏の台所は「つとめる」台所
 野菜にしても魚にしても、季節があるのは当然だが、台所にも季節がある。夏の台所は「つとめる」台所である。 第一が、暑いから台所作業そのものがちと骨が折れる。つぎが腐敗が早いこと、腐敗がはじまってしま..
タグ: 幸田 文
夏のもてなし
 夏はものごとみな、涼しく、涼しげなのがなにより、という。いうまでもないこと、暑い時には涼しさが最上のもてなしだし、涼しくできずとも、せめて涼しげに、と心くばりするのは、当然のことだろう。  また、夏..
タグ: 幸田 文
安全と水はタダでない
P31ああ、日本人は何と幸福な民族であったことだろう。自己の安全に、収入の大部分をさかねばならなかった民と、安全と水は無料で手に入ると信じ切れる状態に置かれた民と、 P34 思いつめたからといって、..
タグ: 曾野 綾子 山本七平 イザヤ・ベンダサン 幸田 文 辻嘉一
台所の音をかわいがれ
台所には是非とも音が生じる。その音を怖じたり恥じたりしないようになれ。厨房の音を美しくしろ、台所の音をかわいがれ。 台所はたべるうまさをつくるところだ、うまい音があっていいはずじゃない..
タグ: 幸田 露伴 幸田 文
針供養
  年中行事は、いまこの忙しい世の中に、残っていくものだろうか、消えるものだろうかと時折おもう。針供養なんかも、もとは日本針だけのことだったろうけれど、現在では洋服を仕立てるミシン針もメリケン針も、そ..
タグ: 幸田 文
あとみよそわか
後をもう一度ふり返って見て、粗相がないか気を配りなさい、という意味。「そわか」は、円満成就の意味。 幸田 文 (著), 青木 玉 (編集) 幸田文しつけ帖平凡社 (2009/2/5) P44 大山寺参..
タグ: フリードリッヒ・ニーチェ 幸田 文 吉田 兼好
アガル
 場なれないためにアガってぞんざいになった人は、どんなに本意ないことでしょう。アガルというのは天婦羅鍋を考えてくださればいい。目方が軽くなって、浮き漂った形です。ほっておくと鍋の中をぐるぐるまわりだし..
タグ: 幸田 文
叱ってやるのは親の慈悲
 涙がたまって木目がぼやけると、きまっていわれた言葉も忘れない。「おまえ、なんで泣くんだ。正直にいってごらん。足がしびれたか、それとも腹がたっているのか?」そして「ものを教えてもらっている最中に、むや..
タグ: 安藤 俊介 幸田 文 澤口 俊之 小林 一茶 小菅 正夫 幸田 露伴
前のページへ 1 2 次のページへ