タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  嵐山光三郎
記事 での「嵐山光三郎」の検索結果 12
いい湯だな
爛漫亭日誌 ] 09:57 05/09
昔の作家たちはよく温泉宿に長期逗留しています。それというのも、当時は東京の下宿代より宿賃の方が安かったそうです。川端康成などは学校へはあまり出席せず、伊豆湯ヶ島の湯本館に滞在することが多く、大学の仲間..
タグ: 小説 温泉 昭和 芥川龍之介 川端康成 伊豆 大学生 中学生 修学旅行 修善寺
門弟三千人のひと
爛漫亭日誌 ] 09:10 04/26
 嵐山光三郎『文人暴食』(マガジンハウス)には佐藤春夫(1892-1964)について <「門弟三千人」と謳われた文豪佐藤春夫だが、しかし、それほど面倒見のいい親分気質ではなかった。むしろ神経質で、気分..
タグ: 芥川龍之介 絵画 評伝 アルコール 稲垣足穂 谷崎潤一郎 太宰治
ファン・レターとして
爛漫亭日誌 ] 09:19 04/12
 先日、中国文学者の高島俊男さんが他界されました。週刊文春に連載した『お言葉ですが・・・』のシリーズや新書版での「漢字」にまつわる話などいつも楽しみにしていました。深い学識がたくまぬユーモアに包まれて..
タグ: テレビ エッセイ 小説 評伝 中国文学 新書 向田邦子 2000年 嵐山光三郎 週刊文春
詩人の食べもの
爛漫亭日誌 ] 10:12 03/24
  嵐山光三郎『文人暴食』(マガジンハウス)は『文人悪食』の続編です。小泉八雲から寺山修司まで 37人について、各人を食べ物との関わりから描いています。著者は「あとがき」で <・・・二冊を書くために..
タグ: 石川県 金沢 評伝 ツグミ エビ 食物 室生犀星 嵐山光三郎
時代の刻印
爛漫亭日誌 ] 07:47 07/16
   昨日は梅雨の合間で、クマゼミがやっと元気よく鳴いていました。去年より 60キロほど北に住むようになったので、南の地方よりセミの鳴き始めが数日遅いのかもしれず、また長雨でセミも出て来られなかったの..
タグ: 植物 教育 大学生 果物 梅雨 マスク 青汁 父親
おない年のひと
爛漫亭日誌 ] 08:50 06/01
 嵐山光三郎『文人悪食』(マガジンハウス)を読んでいて、意外に思ったのは谷崎潤一郎(1886-1965)と石川啄木(1886-1912)が同い年だったということです。石川啄木は明治に亡くなった人です..
タグ: 小説 昭和 寺山修司 中学生 母親 小説家 石川啄木 明治 輪島 谷崎潤一郎
食べる話
爛漫亭日誌 ] 12:50 03/24
  こんなに面白い本はそんなにないだろうと思えるほど楽しめる本です、嵐山光三郎『文人悪食』(マガジンハウス)。最初が夏目漱石、森鷗外、幸田露伴と続くので、少し重いかなと、うしろから読むことにしました..
タグ: 東京 三島由紀夫 評伝 書店 池波正太郎 食物 資生堂パーラー 嵐山光三郎 ビフテキ 集会
マスクの茂吉
爛漫亭日誌 ] 10:27 03/19
 山本健吉『句歌歳時記 春』(新潮社)を眺めていると、斎藤茂吉のこんな歌が目に止まりました。   冴えかへるこのゆふまぐれ白髭(しろひげ)に         マスクをかけてわれ一人ゆく 『霜』..
タグ: ウナギ マスク ツバメ 山形県 食物 歌人 嵐山光三郎
セミが鳴いた
爛漫亭日誌 ] 22:49 07/09
 きょう、いっとき太陽が現れたとき、セミが一斉に鳴き出しました。ほんの数分でしたが、ことし始めて聴きました。そのあと、また雨が降りだしました・・・。 動物学者の日高敏隆さんのエッセイにはよくセミの話題..
タグ: 動物 松尾芭蕉 寿命 セミ 自然観察 嵐山光三郎 日高敏隆 俳句/俳人
ちょっとした本
爛漫亭日誌 ] 22:51 03/13
 何年かまえに買って、そのままになっていた筒井清忠『西條八十』(中公叢書)を読みました。特に西條八十に興味があったわけでは無いのですが、十年ほど前にこの本が、たしか読売文学賞をもらっていた記憶があって..
タグ: 評論 評伝 書店 嵐山光三郎 古書店 西條八十 読売文学賞 星野博美 筒井清忠
猫は俳句を詠む?
6猫日記 ] 10:41 03/02
 嵐山光三郎『旅するノラ猫』読了。  浅生ハルミンのかわいらしいイラストの、可愛い本だけれど、内容は案外ハード。 「猫は透明な光のようなものだ。  天の命を受けた魂が、猫という形になって..
タグ: ミステリ ホラー 短編集 歌野晶午 嵐山光三郎 浅生ハルミン 旅するノラ猫 正月十五日、鏡殺し
吉本ばなな ほか - 中吊り小説
一時しのぎの杖 ] 00:00 04/03
ナニ買おうかなぁ~とブックオフオンラインをうろついているときに見つけた100円本。 あ、懐かしい、と思ってカートに入れました。 古本屋さんを本当にぶらぶらしているような感覚、好きです。 ..
タグ: 高橋源一郎 椎名誠 和田誠 赤川次郎 秋元康 村松友視 吉本ばなな 阿刀田高 曽野綾子 伊集院静