タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  山田清三郎
記事 での「山田清三郎」の検索結果 7
新宿・落合散歩(9)
中村惠一の落合雑記帳 ] 01:20 09/29
第七章:落合ソヴィエト  村山知義の妻、籌子から獄中の知義への手紙を読むと(『ありし日の妻の手紙』)、二人の間の長男である亜土のことを書いており、「最近アドちゃんはピオニール活動に夢中で・・・」..
タグ: 新宿 落合 林芙美子 小林多喜二 中野重治 柳瀬正夢 吉屋信子 尾崎翠 壺井栄 村山籌子
新宿・落合散歩(8)
中村惠一の落合雑記帳 ] 12:02 09/27
第六章:機械美学の故郷としての落合  機械美学の日本における提唱者は板垣鷹穂である。板垣は東京市外上落合599番地に大正末から住んだ。山手通の新規建設にともなう道路拡張が敷地にかかったため引越し..
タグ: 瀧口修造 火の鳥 落合 林芙美子 小林多喜二 尾崎翠 城夏子 村山籌子 村山知義 山田清三郎
平林たい子と柳瀬正夢、落合での二人(3)
中村惠一の落合雑記帳 ] 12:42 06/22
 関東大震災での警察への連行があり、また長谷川如是閑の助言も受け、柳瀬は一時避難を目的に門司に向かう。戒厳令下の東京は社会主義者にとってとても危険であった。現にアナキストの大杉栄と伊藤野枝は震災後のど..
タグ: 落合 大杉栄 有島武郎 林芙美子 柳瀬正夢 山田清三郎 中村惠一 小山勝清 種蒔く人 佐々木孝丸
若き柳瀬正夢と落合という場(2)
中村惠一の落合雑記帳 ] 10:10 01/06
ちなみに高群の日記にでてくる小山は作家・小山勝清のことで、大正13年の小島きよの日記にも「小山さんのところ」として登場している。その後、落合地域は昭和初期になって文学者とくにプロレタリア文学者がかたま..
タグ: 尾形亀之助 落合 関東大震災 柳瀬正夢 佐伯祐三 村山知義 山田清三郎 小山勝清 小島きよ 種蒔く人
竹中英太郎と落合ソビエト
中村惠一の落合雑記帳 ] 01:20 05/12
 挿絵画家 竹中英太郎の長男にしてルポライターである竹中労の文章に、1955(昭和30)年秋、壺井繁治が新日本文学会・山梨県支部を結成するために甲府に来た際、竹中英太郎の消息を聞き、会いたいと希望され..
タグ: 中村屋 蟹工船 有島武郎 小林多喜二 高見順 竹中労 柳瀬正夢 村山知義 山田清三郎 ナップ
高い大空を見上げるとき―小林多喜二と村山籌子(4)
中村惠一の落合雑記帳 ] 21:49 07/20
4.多喜二の死と村山籌子  そこで立野と籌子は蔵原と会う手筈を打ち合わせたのだが、立野は小林多喜二を蔵原に会わせてやりたいと考えた。上京後の多喜二はずっと蔵原に会いたがっていたからである。そして..
タグ: 小林多喜二 村山籌子 村山知義 立野信之 原泉 村山亜土 山田清三郎 蔵原惟人 岡本唐貴 千田是也
高い大空を見上げるとき―小林多喜二と村山籌子(2)
中村惠一の落合雑記帳 ] 20:59 07/20
2.幼い村山亜土の見た多喜二  村山知義と籌子との間に生まれた村山亜土の『母と歩く時』(2001年JULA出版局)は「小林多喜二」というタイトルの文章で始まる。ちなみに亜土は1925年の生まれで..
タグ: 小林多喜二 柳瀬正夢 村山籌子 村山知義 村山亜土 母と歩く時 山田清三郎 蔵原惟人