タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  尾瀬ヶ原
関連するタグ: 尾瀬 
記事 での「尾瀬ヶ原」の検索結果 63
節話§一日一句~ウメバチソウひっそり~
ひだまりのお話 ] 00:01 09/11
季語は・・・花野 下り立てば 花野は夢や 尾瀬ヶ原 【去年の今日】得話§旅先の市内交通
タグ: 俳句 尾瀬 尾瀬ヶ原 花野
楽話§山小屋という存在~お泊りのすすめ~
ひだまりのお話 ] 00:00 08/26
鳩待峠から尾瀬ヶ原に下り、中田代の龍宮小屋あたりから引き返す、日帰りハイキング・バスツアーが手軽に利用されているようだ。鳩待峠から尾瀬ヶ原西端の山ノ鼻まで一時間の下り、そして尾瀬ヶ原を3時間ほど散策し..
タグ: 自然 尾瀬 尾瀬ヶ原 尾瀬沼
節話§一日一句~尾瀬ヶ原は満天の~
ひだまりのお話 ] 00:02 08/19
季語は・・・星月夜 池塘黙す 尾瀬上田代 星月夜 【去年の今日】呆話§阿炎の件
タグ: 俳句 尾瀬 尾瀬ヶ原 星月夜
潤話§尾瀬文月往還[6]段小屋坂から尾瀬沼
ひだまりのお話 ] 00:00 07/27
[承前] 重い腰を上げて弥四郎小屋を後にしたのは7時頃のこと。尾瀬ヶ原から尾瀬沼に行くためには段小屋坂を延々だらだらと登っていかなくてはならない。尾瀬ヶ原の標高は1400m、尾瀬沼は1660m。..
タグ: 尾瀬 尾瀬ヶ原 尾瀬沼
潤話§尾瀬文月往還[5]弥四郎小屋にて
ひだまりのお話 ] 00:00 07/26
[承前] 下田代十字路の弥四郎小屋に着いたのは15時20分。途中、龍宮小屋に寄って長いコーヒータイムをしたので、歩行時間正味は約3時間半……まあまあの所要だろうか。 弥四郎小屋に泊..
タグ: 山小屋 コーヒー ビール とんかつ 尾瀬 尾瀬ヶ原
潤話§尾瀬文月往還[4]尾瀬ヶ原下田代
ひだまりのお話 ] 00:00 07/23
[承前] 龍宮小屋でのコーヒータイムが終われば、後は下田代十字路の弥四郎小屋に向かうばかりである。ここまでで歩いた距離は8km足らず、下田代十字路まで歩けば、おおよそ10km歩くことになる。そし..
タグ: 自然 登山 尾瀬 尾瀬ヶ原
潤話§尾瀬文月往還[3]尾瀬ヶ原中田代
ひだまりのお話 ] 00:00 07/22
[承前] 梅雨末期の雨は降ったり止んだり、そして至仏も燧も雲に覆われたまま。牛首の分岐から龍宮小屋までは45分の歩程だ。 下の大堀川に近づくと、川の右岸に鹿防止柵が伸びているのが見..
タグ: 自然 コーヒー 鹿 尾瀬 尾瀬ヶ原
潤話§尾瀬文月往還[2]尾瀬ヶ原上田代
ひだまりのお話 ] 00:00 07/21
[承前] ようやく尾瀬ヶ原西端の山ノ鼻に着いて、ここから6kmほどは平たんな湿原散策である。雨が降ったり止んだり、その都度傘を広げたり畳んだりするのは面倒だが、わざわざポンチョを着用するほどでな..
タグ: 登山 尾瀬 尾瀬ヶ原 ニッコウキスゲ
節話§一日一句~至仏山をバックに~
ひだまりのお話 ] 00:02 06/09
季語は・・・水芭蕉 尾瀬ヶ原 下の大堀 水芭蕉 【去年の今日】顧話§今日の歴史~その時は旅行中~
タグ: 俳句 自然 尾瀬 水芭蕉 至仏山 尾瀬ヶ原
吟話§一日一句~秋の尾瀬寒々しく~
ひだまりのお話 ] 00:02 11/06
季語は・・・吾亦紅(われもこう) 中田代の朝 ぽつねんと吾亦紅 【去年の今日】踏話§登りが苦手……なのに下りまで
タグ: 俳句 尾瀬 尾瀬ヶ原 吾亦紅
吟話§一日一句~尾瀬ヶ原晩秋~
ひだまりのお話 ] 00:02 10/18
季語は・・・竜胆 景鶴は控え 竜胆屹立す 【去年の今日】過話§備忘録的な何か~2019年10月18日付~
タグ: 俳句 尾瀬 リンドウ 尾瀬ヶ原 竜胆
吟話§一日一句~秋の湿原の小川~
ひだまりのお話 ] 00:02 09/03
季語は・・・水澄む 水澄みて 潜む岩魚の 眼で追えず 【去年の今日】空話§2019年8月の天気模様を振り返る
タグ: 俳句 岩魚 尾瀬 尾瀬ヶ原 水澄む
前のページへ 1 2 3 4 5 6 次のページへ