タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  和歌
関連するタグ: 歴史  古典  説話 
記事 での「和歌」の検索結果 550
210302読んだ本
読書の厄介なところは、同一人物に関する知識も断片化されちゃうことである〇 o 。.~~━u( ゚̄  ̄=) バラバラに記憶されている各エピソードを一体化すれば素敵な人物像が描けるかもと夢想v( ̄∇ ̄)..
タグ: 歴史 和歌
月の名所
爛漫亭日誌 ] 14:40 10/04
 わが心なぐさめかねつ更級や姨捨山にてる月をみて (古今和歌集 よみ人しらず) 月の名所といわれる場所はいろいろありますが、芭蕉も美濃から木曽路をたどって姨捨山の月を見にでかけています。千年以上前の「..
タグ: 小説 俳句 松尾芭蕉 長野県 山梨県 楢山節考 和歌 月見
牡丹のおもかげ
爛漫亭日誌 ] 20:06 05/28
 三十年ほどまえ、奈良の長谷寺へ行って、牡丹を買ってきたことがあります。玄関の横に植えたのですが、花が終わると枯れてしまいました。 花に詳しい叔母に話すと、花は切って植えないと、負担が大きくて根付かな..
タグ: 植物 俳句 叔母 長谷寺 ボタン 牡丹 奈良県 親戚 与謝蕪村
読書のダイゴミ
爛漫亭日誌 ] 20:00 10/28
 今日の毎日新聞を見ていると、三浦雅士『孤独の発明 または言語の政治学』(講談社)が広告に出ており、「重版 出来」と書かれています。よく見かける文字で、なんとなく意味は分かりますが、はて、どう読むのだ..
タグ: 万葉集 和歌 三浦雅士 折口信夫 重版出来 詞書
秋の夜長の一冊
爛漫亭日誌 ] 18:56 10/21
 すこしずつ読んでいるので、三浦雅士『孤独の発明 または言語の政治学』はまだ 100頁ほどしか進んでいませんが、やはり刺激に満ちたおもしろい本です。たとえば『梁塵秘抄』の歌謡   遊びをせんとや生ま..
タグ: 言語 和歌 歌人 遊女 西行 チョムスキー 三浦雅士 梁塵秘抄 大岡信 小西甚一
210223買った本&読んだ本
読書の厄介なところは、掘り出し物は財布と相談せず買ってしまうことである〇 o 。.~~━u( ゚̄  ̄=) 【買った本&読んだ本】 犬養廉&平野由紀子&いさら会『笠間注釈叢刊18 後拾遺和歌..
タグ: 和歌
揚げひばり
爛漫亭日誌 ] 21:59 02/22
 春らしい曲だなと思うのは、ヴォーン・ウイリアムズ(1872-1958)の『揚げひばり(The lark ascending)』です。イギリスへは行ったことがないので、どんな風景なのか分かりませんが、..
タグ: 音楽 イギリス 万葉集 ヒバリ 和歌 大伴家持 ヴォーン・ウイリアムズ
210221読んだ本
読書の厄介なところは、読み比べの愉しさに気付いてしまうことである〇 o 。.~~━u( ゚̄  ̄=)プハァ 【読んだ本】 木船重昭『笠間注釈叢刊13 後撰和歌集全釈』(笠間書院,1988)..
タグ: 古典 和歌
かすみとパン
爛漫亭日誌 ] 18:17 02/17
 窓からの日差しが明るいので、外に出てみましたが、風はまだ冷たいです。本を読んでいると、気象用語では霞という言葉はないそうです。「霧」と、それより薄いのは「もや」ということです。  ひさかたの天..
タグ: 俳句 松尾芭蕉 パン 柿本人麻呂 万葉集 グルテン 和歌
心なき身
爛漫亭日誌 ] 19:49 11/05
 今年は西行の生誕 900年ということで、近くの博物館で「特別展 西行」が開かれています。西行の書状など国宝 11件が展示されているそうです。  小林秀雄「西行」、白洲正子『西行』、辻邦生『西行..
タグ: 吉野 博物館 和歌 白洲正子 歌人 小林秀雄 西行 弘川寺
210219買った本&読んだ本
読書の厄介なところは、常に誤記誤植を疑いながら読まねばならぬことである〇 o 。.~~━u( ゚̄  ̄=) 【買った本&読んだ本】 藤本一恵『後拾遺和歌集全釈 上巻』(風間書房,1993) ..
タグ: 和歌
210217読んだ本
読書の厄介なところは、知的空想が昂じて誰もついてこれないことである〇 o 。.~~━u( ゚̄  ̄=)プハァ 他方で、今季オリックス・バファローズが優勝しちゃうんじゃないかと妄想してるんだがv( ̄∇..
タグ: 歴史 古典 和歌 説話
前のページへ 1 2 3 4 5 45 46 次のページへ