タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  加藤 則芳
記事 での「加藤 則芳」の検索結果 14
奥駈修験道
 紀伊は木の国、山の国。 この半島を旅する者はみな、重畳と波打つ山々のはてしのない連なりに驚き、森の深さに気圧(けお)される。 だが、見晴るかす緑の山並みに目をこらすと、そのほとんどがスギ、ヒノキの人..
タグ: 加藤 則芳 植島 啓司
遊び
「遊び」とは、その瞬間を自らの心で楽しむものだ。そのためには、利害と世間と将来の三つから解放されなければならない。 ~中略~ 「先見後顧1」 堺屋太一の見方 時代の先行き、社会の仕組み、..
タグ: 堺屋 太一 加藤 則芳
隠士の生活
山居城市に勝る。蓋(けだ)し八徳あり。 苛礼を責めず。生客を見ず。酒肉を混ぜず。 田産を競わず。炎凉を聞かず。曲直を鬧(さわ)がず。 文逋(ぽ)を徴せず。士籍を談ぜず。 酔古堂剣掃「人..
タグ: 論語 老子 安岡 正篤 五木 寛之 貝塚 茂樹 酔古堂剣掃 ウィリアム・オスラー 聖クリソストム ヘンリー・デイヴィッド・ソロー 加藤 則芳
トレイル
アパラチアン・トレイルは一九二一年にベントン・マッカイという一市民によって発案された。彼は、都会人たちのレクリエーションの場として山歩きがいかに大切か、心の安らぎの場として、自然がどれだけ大きな意味を..
タグ: 加藤 則芳
モノ言う権利
 「われわれは、迫害されたが故に人類に対して何らかの発言権があると思ってはならない」。私は絶えず同胞にこのように言う。だがこの言葉はちょうど日本人に「唯一の 原爆被爆国なるが故に、世界に向かって何らか..
タグ: 論語 孔子 山本七平 イザヤ・ベンダサン 加藤 則芳
フィンランド
 スカンジナビア半島の東の端、スウェーデンやノルウェーよりさらに奥にフィンランドはある。~中略~世界地図を広げて見ればいい。ヨーロッパで東の端ならば、地理的に日本に一番近い国だということは容易にわかる..
タグ: 加藤 則芳
ロシアという国家
ロシアという国家はその成立から今にいたるまで、常に最も抵抗の弱い部分に向かって膨張する傾向を示してきた。 地政学入門―外交戦略の政治学 曽村 保信 (著) 中央..
タグ: 藤原 正彦 司馬 遼太郎 曽村 保信 海音寺 潮五郎 加藤 則芳 倉山 満
自然と向き合う
 自然の恐ろしさ、そして厳しさを一番よく知っているのは自然を相手に生きてきた漁師や農家でもある。それゆえに傷つき落ち込みもするのかもしれない。しかし同時に自然の持つ大きな可能性や魅力を知っているのも農..
タグ: 荀子 養老 孟司 山本 七平 フリードリッヒ・ニーチェ 東日本大震災 結城登美雄 加藤 則芳 丸山 宗利 リチャード ドーキンス マイケル・ピュエット
ウイルダネス wildderness
ウイルダネスは、日本語になりにくい言葉である。敢えて訳せば原生自然。英和辞書で訳されている原野、荒野、砂漠、不毛の地などとはニュアンスが少しちがう。 建国以来の急速な開発によって、大部分の原生自然..
タグ: 加藤 則芳
自然は人を規定する
自然は人を規定する。人は社会を構成し風土を育(はぐく)む。風土は文化を規定し、また人をも規定する。「アメリカの自然は、アメリカ人き気質を作り上げた」 アメリカの歴史家フレデリック・ターナー(一八六一~..
タグ: 安岡 正篤 加藤 則芳 フレデリック・ターナー
モンゴル
人民共和国の正史においては、二十世紀前半の日本がモンゴル人民共和国にとって最悪の悪者であったということである。たしかにそうだった。しかし同時に思うのだが、その二十世紀前半において、当時、”外蒙古”とい..
タグ: 司馬 遼太郎 加藤 則芳
エコロジーもエコノミーが絡む
 たとえば、カリフォルニアのシエラネバダ山脈のセコイアの森では、ひとつの森で、約三年から三五年に一度の割合で山火事が発生するというデータがある。四〇〇年生きている木ならば、少なくとも一〇回以上の山火事..
タグ: 加藤 則芳
前のページへ 1 2 次のページへ