タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  創元推理文庫
関連するタグ: ミステリ 
記事 での「創元推理文庫」の検索結果 146
偽悪病患者
まずはAmazonさんの紹介ページから。 日本探偵小説草創期に活躍、江戸川乱歩や甲賀三郎と並び称された巨匠・大下宇陀児。 その短篇の精髄を全二巻に集成のうえ、二ヶ月連続で刊行する。 本巻では..
タグ: 死の倒影 偽悪病患者 大下宇陀児 探偵小説 ミステリ 創元推理文庫 江戸川乱歩 甲賀三郎 本格 変格
少年検閲官
まずはAmazonさんの紹介ページから。 旅を続ける英国人少年クリスは、小さな町で家々の扉や壁に赤い十字架のような印 が残されている不可解な事件に遭遇する。奇怪な首なし屍体の目撃情報も飛び交う..
タグ: 新本格 北山猛邦 ミステリ 少年検閲官 焚書 探偵 創元推理文庫 東京創元社
アルファベット荘事件
まずはAmazonさんの紹介ページから。 巨大なアルファベットのオブジェが散在する屋敷『アルファベット荘』。 岩手県の美術商が所有するその屋敷には、オブジェの他に『創生の箱』と呼ばれる 関わ..
タグ: ミステリ 新本格 北山猛邦 アルファベット荘事件 オーパーツ 嵐の山荘 密室 創元推理文庫
シャーロック・ホームズたちの新冒険
まずはAmazonさんの紹介ページから。 ベーカー街で出会わなかったホームズとワトスンの“最初の事件”、 手塚治虫の原稿紛失を巡るトキワ荘での騒動、死後自分を殺した犯人を推理する明智小五郎、 ..
タグ: 明智小五郎 シャーロック・ホームズたちの新冒険 田中啓文 トキワ荘 ジョン・H・ワトソン シャーロック・ホームズ ミステリ 創元推理文庫 ダジャレ 駄洒落
怪異筆録者
まずはAmazonさんの紹介ページから。 売れない怪奇小説家・津久田舞々(本名)は、ある日小さな田舎町からの依頼を受けて、 その町の郷土史を執筆することになる。だが、到着したその日の夜に、 ..
タグ: 太田忠司 怪異筆録者 狩野俊介 ホラー ホラー作家 津久田舞々 東京創元社 創元推理文庫
金閣寺は燃えているか?-文豪たちの怪しい宴
まずはAmazonさんの紹介ページから。 大学教授の曽根原は、ふと気づくとバー〈スリーバレー〉の前に足が向いている。 女性バーテンダー・ミサキの魅力なのか、文学談義のせいなのかは分からない。 ..
タグ: 鯨統一郎 ミステリ 金閣寺は燃えているか? 文豪たちの怪しい宴 書き下ろし スリーバレー 雪国 川端康成 蒲団 田山花袋
ヨルガオ殺人事件
まずはAmazonさんの紹介ページから。 カササギ殺人事件』から2年。クレタ島でホテルを経営する元編集者のわたしを、 英国から裕福な夫妻が訪ねてくる。彼らが所有するホテルで8年前に起きた 殺..
タグ: ミステリ アンソニー・ホロヴィッツ ヨルガオ殺人事件 スーザン・ライランド アティカス・ピュント 作中作 アガサ・クリスティ 創元推理文庫
ぼくの「このミス」2021
もう今年にミステリ記事を上げるのは不可能そうなので、 毎年恒例のこの記事で年末を締めくくりたいと思います。 北山猛邦『密室から黒猫を取り出す方法 名探偵音野順の事件簿』 これが文庫化してくれ..
タグ: ぼくの「このミス」2021 このミス 北山猛邦 ミステリ 歌野晶午 卒業したら教室で 岸田るり子 徳間文庫 本と鍵の季節 似鳥鶏
探偵は教室にいない
まずはAmazonさんの紹介ページから。 わたし、海砂真史(うみすなまふみ)には、ちょっと変わった幼馴染みがいる。 幼稚園の頃から妙に大人びていて頭の切れる子供だった彼とは、別々の小学校にはい..
タグ: ミステリ 日常の謎 探偵は教室にいない 川澄浩平 鳥飼歩 海砂真史 栗山英奈 田口総士 岩瀬京介 北海道
深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説
まずはAmazonさんの紹介ページから。 昭和12年(1937年)5月、銀座で似顔絵描きをしながら漫画家になる夢を追いかける 那珂一兵のもとを、帝国新報(のちの夕刊サン)の女性記者が訪ねてくる..
タグ: 深夜の博覧会 満州国 創元推理文庫 名古屋 名古屋汎太平洋平和博覧会 ミステリ 探偵小説 甘粕事件 東京音頭 辻真先
卒業したら教室で
まずはAmazonさんの紹介ページから。 伊神さんの卒業から丸一年、市立高校にまた卒業の季節がやってきた。今年は柳瀬さんをはじめ、 仲のよかった先輩たちが高校を巣立っていく。そんな、しんみりと..
タグ: ミステリ 似鳥鶏 学園ミステリ 卒業したら教室で 市立高校シリーズ 学校の七不思議 風紀委員 兼坂さん 創元推理文庫 東京創元社
その裁きは死
まずはAmazonさんの紹介ページから。 実直さが評判の弁護士が殺害された。裁判の相手方が口走った脅しに似た方法で。 現場の壁にはペンキで乱暴に描かれた謎の数字“182”。被害者が殺される直前..
タグ: ミステリ アンソニー・ホロヴィッツ その裁きは死 ホーソーン&ホロヴィッツ・シリーズ 創元推理文庫
前のページへ 1 2 3 4 5 12 13 次のページへ