タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  利益相反
記事 での「利益相反」の検索結果 21
同一人物が取締役を兼務する会社間の取引
同一人物が取締役を兼務する会社間の取引  会社と取締役個人の取引だけでなく、法人間の取引であっても、以下のような場合には規制(会社の承認)の対象となります。 A社(甲氏が代表取締役)とB社..
タグ: 代表取締役 法人 取締役 利益相反 同一人物が取締役を兼務する会社間の取引
相変わらずだね~w
お倒産の玉乱ブログ ] 09:57 08/20
多忙な首相が(日本としては)長めの夏休みを取る事に何の異論もありません。 でもね~・・・現首相の場合あれほどドヤドヤしても、折角の夏休みにこういう方々と公然と食事し芝刈りする神経が理解できない♂♂♂..
タグ: 趣味 夏休み 運転 石破茂 一畑電車 安倍首相 利益相反 首相の一日
会社と清算人の利益相反行為
取締役会非設置会社の「株式会社」と「取締役」との利益相反に関する定めは,会社法356条に規定があり『株主総会で承認を受けなければならない』とされています。 「株式会社」と「清算人」との利益相反に..
タグ: 議事録 株主総会 取締役 利益相反 清算人
後見人と被後見人が同じ法定相続人(利益相反する場合)の場合
後見人と被後見人が同じ相続人(法定相続人)である場合、後見人は、被後見人のために遺産分割協議をすることはできません。 認知症の方にかわって後見人として法定相続人の1人となり、また自分も法定相続人..
タグ: 相続 家庭裁判所 後見人 利益相反 遺産分割協議書 特別代理人 法定相続人 利益相反行為 後見監督人
民法第113条 無権代理
民法第113条 無権代理 1  代理権を有しない者が他人の代理人としてした契約は、本人がその追認をしなければ、  本人に対してその効力を生じない。 2  追認又はその拒絶は、相手方に対し..
タグ: 無料 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 効果 民法 有効 無効
民法第112条 代理権消滅後の表見代理
民法第112条 代理権消滅後の表見代理 代理権の消滅は、善意の第三者に対抗することができない。 ただし、第三者が過失によってその事実を知らなかったときは、この限りでない。 解説 民..
タグ: 無料 相談 法律相談 契約 登記 司法書士 民法 代理人 法務局 裁判所
利益相反行為の議事録
               取締役会議事録 平成27年6月11日午前10時00分より当会社本店会議室において取締役会を開催した。   取締役の総数 3名  出席取締役の数 3名   ..
タグ: 無料相談 相談 法律相談 登記 司法書士 民法 代表取締役 議事録 株主総会 法務局
利益相反取引に関する取締役会における特別利害関係人について
取締役が,自己または第三者のために会社と取引をする場合は利益相反取引となり,取締役会非設置会社の場合は,株主総会の決議(会社法356条)が,取締役会設置会社の場合は取締役会(会社法365条)の決議が必..
タグ: 不動産 登記 相続 司法書士 民法 売買 贈与 監査 法務局 会社法
シャープ再建問題
今日はシャープの再建問題を取上げよう。同社の再建策については、15日付けの日経新聞が「シャープ、最終赤字2223億円 前期、国内3500人を削減」と題して、概ね以下のように厳しく伝えている。 ・20..
タグ: 自己資本比率 優先株 利益相反 ジャパンディスプレイ 2000億円 産業革新機構 競合相手 シャープ再建問題 2014年度の最終損益 2223億円の赤字
民法第66条 削除(旧民法第66条 表決権のない場合)
民法第66条 本条は、改正により削除されました。 旧民法第66条(表決権のない場合) 社団法人と特定の社員との関係について議決をする場合には、その社員は、表決権を有しない。 ..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 登記 民法 削除 法人 法務局 改正
民法第57条 削除(旧民法第57条 利益相反行為)
民法第57条 本条は、改正により削除されました。 旧民法第57条(利益相反行為) 法人と理事との利益が相反する事項については、理事は、代理権を有しない。 この場合においては、裁判所..
タグ: 無料 無料相談 相談 法律相談 登記 民法 法人 法務局 理事 財団法人
前のページへ 1 2 次のページへ