タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  俳句/俳人
記事 での「俳句/俳人」の検索結果 69
柿 あれこれ
爛漫亭日誌 ] 08:52 11/02
 紀ノ川べりでの散歩のあと、道の駅で富有柿を買ってきました。紀ノ川流域は柿の産地です。柿は元々はすべて渋柿で、突然変異で甘柿ができたそうです。日本で初めて甘柿が見つかったのは、1214年、相模国でのこ..
タグ: 松尾芭蕉 和歌山県 紀ノ川 植物 食物 果物 俳句/俳人 渋柿 愛媛県
幻の月山
爛漫亭日誌 ] 08:26 10/19
 鳥海山は秋田へ出かけたおり、レンタカーで友人たちと中腹まで行きましたが、山形県の月山は見たことがありません。大学生のころ、奥羽本線の夜行列車の暗い窓を覗き、昼間なら月山が見えるのだろうか? と、口惜..
タグ: 山形県 奥羽本線 大学生 鳥海山 秋田県 森敦 月山 小説 おくの細道
一句を読み解く
爛漫亭日誌 ] 09:15 10/05
   何ヶ月かまえ、毎日新聞の書評欄で渡辺保(演劇評論家)が「斬新な日本文化論が現れた」として、恩田侑布子『渾沌のラマン恋人 北斎の波、芭蕉の興』(春秋社)という本を紹介していたので、取り寄せてみまし..
タグ: 荒川洋治 渡辺保 書評 新聞 毎日新聞 久保田万太郎 評論 土芳 杜国 松尾芭蕉
物語の始まり
爛漫亭日誌 ] 08:07 08/24
お盆も過ぎ、日の暮れも少しはやくなると、夏も終わりだと感じます。天気も不順で、雨や風の日が多くなりました。   夕顔の花一ツ咲き二ツ咲き      しづかに秋のしのびよる宵 (内藤 濯) ..
タグ: 1970年 三島由紀夫 文庫 物語 小説 大学生 春の雪 豊饒の海 浜松中納言物語 平安時代
春の夕暮れ
爛漫亭日誌 ] 10:05 04/24
    菜の花の夕ぐれながくなりにけり (長谷川素逝)  菜の花といえば黄色一面の風景を思い描きますが、金田一春彦*によれば、 < 秋田県・岩手県の境あたりに行くと、「菜の花がまっさおに咲い..
タグ: 俳句/俳人 与謝蕪村 長谷川素逝 エッセイ 金田一春彦 評伝 評論 新書 文庫 黄色
春の散歩
爛漫亭日誌 ] 08:43 03/21
 すっかり春になったので、久しぶりに紀ノ川の堤を散歩しました。土手には黄色いタンポポが咲き、空ではさかんにヒバリが囀っています。川面はきらめき、河川敷では子供たちがボール遊びをしています。しばらく歩く..
タグ: 筋力 握力 動物 散歩 ヒバリ 進化 歌人
年の始めに
爛漫亭日誌 ] 08:58 01/05
 また、一年が始まりました。年齢を重ねてくると新年の感慨も薄れてきます。もう大方のものごとは見てきたような気もします。ただ、この一年どう生きてゆくか、多少不安な気持ちも湧いてきます。  老妻の叱..
タグ: 新型コロナウイルス 筏井嘉一 阿部みどり女 川田順 窪田空穂 初夢 俳句/俳人 和歌/短歌 歌人
師走の句歌
爛漫亭日誌 ] 09:23 12/08
 時雨とともに冬の気配が訪れます。今年も残り少なくなったと、何か焦るような気持ちが湧いてきます。そして初時雨には軽い驚きが伴います。      ででむしのえりうつくしき初時雨 (三好達治)   ..
タグ: 俳句/俳人 和歌/短歌 三好達治 良寛 西行 紫式部 松尾芭蕉 与謝蕪村 時雨 ででむし
地球の果てから
爛漫亭日誌 ] 08:45 10/20
  街中に出かけることが無くなったので、先日、onlineで CDを注文しましたが、発送予定日が12月16日と2ヶ月も先になっていて驚きました。地球の果てからでも、もう少し早く届きそうに思いますが、..
タグ: お取り寄せ 宅配 巻き爪 巣ごもり 俳句/俳人 CD 新型コロナウイルス 木下夕爾
芭蕉の手紙
爛漫亭日誌 ] 16:23 09/02
 9月になり日暮れが早くなりました。ランドセル姿のこどもたちが家の前の道を通っています。夏休みも終わりです。  季節が変わりだしていますが、ここ1年近く何処にも出かけていません。8月にあった兄の..
タグ: 静岡県 松尾芭蕉 曾良 俳句/俳人 箱根 三島 島田 金谷 東海道 元禄
秋の風
爛漫亭日誌 ] 09:02 08/25
 今年の夏は天候が不順です。やっと青空がのぞくようになったと思えば、庭に萩が咲き、もう秋の気配です。  陽暦8月28日、『奥の細道』の旅で松尾芭蕉は富山県高岡に着いています。「翁、気色不勝。..
タグ: 俳句/俳人 和歌/短歌 歌人 松尾芭蕉 曾良 丸谷才一 金森敦子 藤原敏行 渡辺水巴
セミが鳴いた
爛漫亭日誌 ] 22:49 07/09
 きょう、いっとき太陽が現れたとき、セミが一斉に鳴き出しました。ほんの数分でしたが、ことし始めて聴きました。そのあと、また雨が降りだしました・・・。 動物学者の日高敏隆さんのエッセイにはよくセミの話題..
タグ: 嵐山光三郎 自然観察 松尾芭蕉 寿命 セミ 俳句/俳人 日高敏隆 動物
前のページへ 1 2 3 4 5 6 次のページへ