タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  会社法
記事 での「会社法」の検索結果 83
退職慰労金として給付された不動産についての所有権の移転の登記の申請をする場合における登記原因について
(登研790号) 退職慰労金として給付された不動産についての所有権の移転の登記の申請をする場合における登記原因について 〔要旨〕 退任する取締役に対し,退職慰労金として,会社所有の不動産を与..
タグ: 会社法 後記研究 会社法361条1項3号 退職慰労金の給付
第三者割当増資
第三者割当増資 発行会社と特定の関係のある相手先を指定し、新株引受権を与えて株式を発行すること。 業務上の関係強化を図る場合や、経営状態の悪化から通常の増資ができない場合に行われる。 ..
タグ: 株式 会社法 第三者割当増資 新株引受権
第三者割当増資
第三者割当増資とは 株主割当の方法による増資以外の方法による株式の発行等のことを意味します。 株主割当増資とは、既存株主の持ち株比率に応じて新たに発行する株式の引受けを受ける権利を与える発行..
タグ: 株式 会社法 株主 株式会社 増資 第三者割当
利益相反取引の承認決議
利益相反取引の承認決議 利益相反取引については、会社法356条1項2号、3号において、直接取引と間接取引という二つの類型が規定されています。 直接取引 (会社法356条1項2号) ..
タグ: 会社法 取締役会 取締役会設置会社 利益相反行為 会社法356条1項2号
執行役員
執行役員は会社法や商業登記法で定義されていない役職です。 そのため会社法上の役員でない執行役員は取締役と異なり取締役会での議決権が与えられておらず、会社の重大な方針や事項を決定する権限がありませ..
タグ: 会社法 取締役 執行役員
休眠会社・休眠一般法人
(1) 休眠会社:最後の登記から12年を経過している株式会社(会社法第472条の休眠会社。特例有限会社は含まれません。) (2) 休眠一般法人:最後の登記から5年を経過している一般社団法人又は一..
タグ: 会社法 休眠会社 休眠会社・休眠一般法人 休眠一般法人
代表取締役
会社の業務の執行に当たり、対外的に会社を代表する(委員会設置会社では代表執行役・執行役がこれに当たる)とともに、会社の内部的業務についても権限を持つ取締役。 取締役会設置会社の全取締役は取締役会..
タグ: 代表取締役 会社法 取締役 代表権の範囲
取締役の義務
取締役と会社との関係は、委任であるから、委任の規定に従い、取締役は善良なる管理者の注意義務を負う。昭和25年改正商法は、取締役の権限増加にかんがみ、更に忠実義務の規定を置きます。 この二つの義務..
タグ: 会社法 取締役 監査役 取締役の義務
単元株制度・単元未満株式
平成17年に成立した会社法では従来の端数(1株に満たない端数)に関する取扱いを定めた制度が廃止され、単元株制度に統合されています。 会社は、その発行する株式について、一定の数(法務省令で定める数..
タグ: 会社法 定款 単元株式数 単元株制度・単元未満株式
単独株主権
個人の株主の地位の強化を図るため、株主の所有する件数に関係なく(1株だけの株主に対しても)認められる権利です。   自益権(剰余金配当金請求権、残余財産分配請求権、株式買取請求権等)はすべて単独株..
タグ: 議決権 株主総会 会社法 単独株主権
大会社
大会社とは、最終事業年度の貸借対照表に資本金として計上した額が5億円以上で、または負債の部に計上した額の合計額が200億円以上である株式会社です。   このような大規模な会社は社会的な影響力..
タグ: 会社法 株式会社 大会社
承認のない利益相反行為の効果
承認を得ないで行った利益相反取引については、原則として無効になると解されています。 ただし、会社が第三者に対して、当該利益相反行為が無効であることを主張するには、当該取引が承認を得ていない利益相..
タグ: 損害賠償 承認 会社法 取締役 利益相反行為 承認のない利益相反行為の効果
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 次のページへ