タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  中東情勢
記事 での「中東情勢」の検索結果 30
中東情勢(その14)(その他)(米軍シリア撤退で具体化したトランプの公約「アメリカ・ファースト」、コロナで深まるレバノン経済危機 宗派の泥仕合再燃、コロナで出稼ぎ労働者排斥 アラブ湾岸経済の未来に影)
中東情勢については、2018年8月25日に取上げた。今日は、(その14)(その他)(米軍シリア撤退で具体化したトランプの公約「アメリカ・ファースト」、コロナで深まるレバノン経済危機 宗派の泥仕合再燃、..
タグ: 消費者物価は昨年10月以来、50%も上昇 「米軍シリア撤退で具体化したトランプの公約「アメリカ・ファースト」」 1つは、アメリカは他国や他の勢力のために犠牲を払いたくないという考え方 新型コロナでさらに複雑に 中東情勢 同国の政治指導者は皆、財政危機をもたらした汚職への関与が批判されているが、だれも.. クルド人勢力との全面的な共闘が成功を後押し 外国人労働者は単なる歯車ではない。地域経済の存続に必要な各国の資本を回転させる上.. クルド人勢力は、シリアのアサド政権に庇護を求めるとともに、イラク領内への移動を開.. 今回、湾岸諸国は外国人労働者を帰国させる手段を用意しようと試みているものの、多く..
イラン革命防衛隊司令官の暗殺で不安定化する中東情勢
イラン革命防衛隊司令官の暗殺で不安定化する中東情勢  WEDGE Infinity(ウェッジ)
タグ: 中東情勢
及び腰でも中東情勢のカギを握る米国
及び腰でも中東情勢のカギを握る米国  WEDGE Infinity(ウェッジ)
タグ: 中東情勢
核爆弾50発を“人質”、米副大統領、トルコ訪問の本当の理由
» close 印刷する 中東を読み解く 核爆弾50発を“人質”、米副大統領、トルコ訪問の本当の理由   2019/10/18 佐々木伸 (星槎大学大学院教授) ..
タグ: 中東情勢
【討論】中東情勢の真実2018 Part2-トランプと中東戦略の行方[桜H30/11/17]
中東への石油依存度を改善するべき(`・ω・´) ↓馬渕さんの著書 馬渕睦夫が読み解く2019年世界の真実 今世界の秩序が大変動する (WAC BUNKO) [ 馬渕睦夫 ]..
タグ: チャンネル桜 討論番組 中東情勢 YouTube
【討論】中東情勢の真実 2018[桜H30/6/23]
中東から見る世界情勢(`・ω・´) ↓馬渕さんの著書 「反グローバリズム」の逆襲が始まった 〜トランプ、プーチン、安倍を葬りたいグローバリストたち〜 [ 馬渕睦夫 ]
タグ: チャンネル桜 討論番組 中東情勢 YouTube
中東情勢(その11)(トランプ大統領のエルサレム首都移転宣言:国連総会 トランプ氏のエルサレム首都認定撤回決議案を採択、トランプの「自分ファースト」が日本の中東ビジネスまで破壊する、「遠のいた中東和平」と「あらたな和平プロセス」)
昨日に続いて、中東情勢(その11)(トランプ大統領のエルサレム首都移転宣言:国連総会 トランプ氏のエルサレム首都認定撤回決議案を採択、トランプの「自分ファースト」が日本の中東ビジネスまで破壊する、「遠..
タグ: 中東情勢 (その11)(トランプ大統領のエルサレム首都移転宣言:国連総会 トランプ氏のエル.. ロイター 「国連総会、トランプ氏のエルサレム首都認定撤回決議案を採択」 トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定した決定は無効とする決議を賛.. 賛成票を投じたのは128カ国。9カ国が反対票を投じ、35カ国が棄権 トランプ大統領は同決議案に賛成票を投じた国には金融支援を打ち切る方針を示していた 西側・アラブ地域の米国の同盟国の多くは賛成票を投じ、米国の孤立が鮮明となった このうちエジプト、ヨルダン、イラクなどは米国の軍事または経済支援を受けている 嶋矢志郎
中東情勢(その9)(トランプ大統領が招く中東のさらなる混迷、カタール断交も主導?サウジ新皇太子の横顔 個人的野心が強いため、改革の遂行には懸念の声も、サウジ王室「内紛」の舞台裏、米国務長官、アラブ諸国にカタール「封鎖」の解除求める)
中東情勢については、4月18日に取上げたが、今日は、(その9)(トランプ大統領が招く中東のさらなる混迷、カタール断交も主導?サウジ新皇太子の横顔 個人的野心が強いため、改革の遂行には懸念の声も、サウジ..
タグ: 中東情勢 (その9)(トランプ大統領が招く中東のさらなる混迷、カタール断交も主導?サウジ新.. Amir Handjani ロイター コラム:トランプ大統領が招く中東のさらなる混迷 主要同盟国の1つであるカタールを地政学的な危機に陥れ、地域の緊張緩和に向けた自身.. 中東訪問の目的は、同じような考えを持つアラブ諸国とイスラエルを集結し、イランに対.. だが代わりに、長年の米同盟国のあいだに分裂を生んでしまった ・カタールには、イランに対してより現実的な対応をとるべき理由がある カタールの富の源は、ペルシャ湾を挟んで北に位置するイランと共有するガス田にある。..
前のページへ 1 2 3 次のページへ