タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  三島由紀夫
記事 での「三島由紀夫」の検索結果 156
三島・石原慎太郎さんから伝統と新しきを考察
- Almost Always - ] 07:10 12/03
今年2月、元政治家・作家の石原慎太郎さんが亡くなったのは記憶に新しい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 政治家になる前は、若かったし新しい価値そのもののような存在で 三島由紀夫からも絶賛されていた..
タグ: 三島由紀夫 石原慎太郎 池田清彦 養老孟司 吉岡忍 価値観
三島由紀夫の最後の対談にて
- Almost Always - ] 14:12 02/28
「絶対者と民衆」という流れでなぜ「天皇」を 絶対者として復活させないとならないのか? を 説明している途中の発言を全集から抜粋し 音源をきいて加筆訂正。 60年年代後半、ある人がスウェーデ..
タグ: 三島由紀夫
三島由紀夫の言葉 人間の性(さが)至極の名言集:佐藤秀明編(2015年)
- Almost Always - ] 15:08 06/16
稀代の小説家であることは疑いようのない事実で、 そりゃあ名言も沢山あろうぜよ、と思うけれど、 この書籍を購入するに至る理由の一つは、小説以外 随筆とか新聞寄稿など、いわゆる純文学としての原稿以外..
タグ: 佐藤秀明 三島由紀夫
彼女たちの三島由紀夫:中央公論新社編(2020年)
- Almost Always - ] 16:38 07/07
対談相手:石井好子 シャンソンを語る(1955年) 三島由紀夫30歳 石井好子32歳 シャンソンというか、フランスを語るって感じ 石井好子さんは亡くなるすこし前、 これまた亡くなったうちの母親が..
タグ: 三島由紀夫 石井好子 加藤登紀子
「三島由紀夫」とはなにものだったのか:橋本治著(2005年)
- Almost Always - ] 18:22 07/18
「第一章「豊饒の海」論 / 5 阿頼耶識(アーラヤしき)」から抜粋 三島由紀夫の「豊饒の海」は、日本の幻想文学の第一位に遇されるものだと思う。 「豊饒の海」は、途中からそうなるような方向へどん..
タグ: 橋本治 三島由紀夫
安部公房対談集・発想の周辺(1974年)
- Almost Always - ] 12:01 09/25
文学がヒトの人生にも影響を与えていた頃とでもいうのか。 今もなのか、最近の文学を読んでないから言う資格ないのだけど。 50年以上前の対談から抜粋。 二十世紀の文学(1966年) 対談者:三島由..
タグ: 安部公房 三島由紀夫 二十世紀の文学 文学 意識と無意識
街場の芸術論:内田樹著(2021年)
- Almost Always - ] 09:38 10/21
この先生を知るきっかけは有名な「日本辺境論」でも 「寝ながら学べる構造主義」でもなくて 何度かここでもお伝えしております「ラジオデイズ」でした。 その鼎談とでもいうか、その音源の大人たちの会話を..
タグ: 内田樹 三島由紀夫 大瀧詠一 吉本隆明
三島由紀夫を養老先生の3冊から考察
- Almost Always - ] 18:20 07/23
バカにならない読書術:養老孟司他2名共著(2007年) 第一部「養老流」本の読み方 ■「体育」はコミュニケーション から抜粋 昔から言われているように、人は「知育」「徳育」「体育」という ..
タグ: 養老孟司 三島由紀夫 文武両道 知行合一 澁澤龍彦 石原慎太郎 野坂昭如 三島の「無意識の」先見性
物語の始まり
爛漫亭日誌 ] 08:07 08/24
お盆も過ぎ、日の暮れも少しはやくなると、夏も終わりだと感じます。天気も不順で、雨や風の日が多くなりました。   夕顔の花一ツ咲き二ツ咲き      しづかに秋のしのびよる宵 (内藤 濯) ..
タグ: 1970年 三島由紀夫 文庫 物語 小説 大学生 春の雪 豊饒の海 浜松中納言物語 平安時代
金閣寺は燃えているか?-文豪たちの怪しい宴
まずはAmazonさんの紹介ページから。 大学教授の曽根原は、ふと気づくとバー〈スリーバレー〉の前に足が向いている。 女性バーテンダー・ミサキの魅力なのか、文学談義のせいなのかは分からない。 ..
タグ: 鯨統一郎 ミステリ 金閣寺は燃えているか? 文豪たちの怪しい宴 書き下ろし スリーバレー 雪国 川端康成 蒲団 田山花袋
[再配信] 三島由紀夫氏追悼 第51回追悼の集い『憂国忌』(2021/11/25)
[再配信] 三島由紀夫氏追悼 第51回追悼の集い『憂国忌』(2021/11/25)
タグ: 三島由紀夫
シアトリカルな天皇像~濫読日記
夕陽の回廊 ] 11:22 05/22
シアトリカルな天皇像~濫読日記 「三島由紀夫 悲劇への欲動」(佐藤秀明著) 白眉は演劇論から天皇論に至る部分である。 著者の佐藤は、三島の演劇観を「シアトリカル(劇場的)」という。そのうえで、三島自..
タグ: 三島由紀夫 佐藤秀明
前のページへ 1 2 3 4 5 12 13 次のページへ