タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ワールド・ミュージック
記事 での「ワールド・ミュージック」の検索結果 13
Bebel Gilberto 『Agora』
ご無沙汰してます。w 9月に入っても暑い日が続きますな。 こんな時期にピッタリ、おすすめなサウンドをご紹介。 8月にベベウ・ジルベルトが6年ぶりにニューアルバムをリリースしました。 ..
タグ: ブラジル ラウンジ クラブ ラテン ワールド・ミュージック ボサノヴァ
Prismática / Rio
リオデジャネイロ・オリンピックも、日本勢のメダル獲得で、 盛り上がってきましたね。 そこで、またブラジリアン・サウンドを1曲。(他にもこちらもどうぞ) プリズマチカの“Rio”です。 こち..
タグ: ブラジル ジャズ リオデジャネイロ クラブ ラテン ワールド・ミュージック 90's ボサノヴァ プリズマチカ
Carito Plaza / Hijo del viento
Carito Plazaというアーティストの“Hijo del viento”という曲です。 Carito Plaza / Hijo del viento(Song) Carito P..
タグ: チリ ラテン ワールド・ミュージック ボサノヴァ
Enigma / Sadeness(Part 1)
引き続き90年代のグラウンド・ビートで思い出すのが、 エニグマ(Enigma)の“Sadeness(Part 1)”。 Enigma / Principles of Lust: Saden..
タグ: ドイツ サンプリング ヒーリング ワールド・ミュージック グレゴリオ聖歌 グラウンド・ビート
bird / Batucada
ついに2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会が開幕ですな。 本命は地元、ブラジルでしょうか。 開幕戦は、そのブラジルとクロアチアですねえ。 さて、ブラジルと言えば、サッカーとワ..
タグ: ブラジル サンバ bird ラテン ワールド・ミュージック ボサノヴァ マルコス・ヴァーリ カヴァー
Alessandro Magnanini / L'Estate È Qua (feat. Rosalia De Souza)
もう9月も終わり、秋本番。 思い起こせば、今年は夏が短かったような。 そんな名残惜しい夏を思い出すような1曲。 Alessandro Magnanini / L'Estate È Q..
タグ: サントラ ジャズ イタリア ラウンジ クラブ ラテン ワールド・ミュージック ボサノヴァ ジャケ買い Schema Records
Sergio Mendes & Brasil 66 / Mas que nada
車のCMと言えば、もう一つ気になると言うか、 どうも音楽的にすっきりしないのが、トヨタ『シエンタ』のCM。 曲は、有名なセルジオ・メンデス&ブラジル66の“Mas que nada”。 ..
タグ: ブラジル CM トヨタ ラテン ワールド・ミュージック ボサノヴァ セルジオ・メンデス
この夏聴きたいオススメのブラジリアン・ミュージック
月が変わって7月、まだまだ鬱陶しい梅雨は続きますが、もう夏はすぐそこ。 そして、今年はブラジルのリオデジャネイロでオリンピックですな。 と言う訳で、夏に聴きたいブラジリアン・テイスト溢れる..
タグ: ブラジル ラウンジ ハウス オリンピック リオデジャネイロ クラブ ラテン ワールド・ミュージック ボサノヴァ
Hossein Alizadeh & Madjid Khaladj - Duo#6
多摩川音響 ] 23:17 12/07
デュオシリーズ最後は、Hossein Alizadeh と Madjid Khaladj のお2人。実は(畏れ多くも)多摩川音響のアイディアのベースになっている重要なミュージシャンであります。..
タグ: 民族音楽 ワールド・ミュージック ブズーキ Hossein Alizadeh ホセイン・アリザーデ
Mahlathini & the Mahotella Queens - Melodi Yalla
Underwolf's blog ] 20:11 02/12
今回は、南アフリカのアーティストを紹介します。この歌はパルコのCMに使われていました。
タグ: 音楽 南アフリカ ワールド・ミュージック
Beats Antique
Underwolf's blog ] 18:21 01/08
今回は、ワールド・ミュージック(ベリー・ダンス)とエレクトロニカを融合させたサウンドを展開しているアーティスト、「Beats Antique」の楽曲を紹介します。Beauty BeatsOrienta..
タグ: 音楽 エレクトロニカ ワールド・ミュージック
ジョアン・ジルベルトのライブのはずが !?
 なにゆえ娘を置いて一人で『フレフレ少女』を観ていたかというと、劇場公開が縮小され、地元では終わっちゃったからなんですね。そこであわててまだ公開中の新宿まで足を伸ばしたのでした。  それと同日夕方か..
タグ: ワールド・ミュージック
前のページへ 1 2 次のページへ