タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ロシア文学
記事 での「ロシア文学」の検索結果 19
冬の日の幻想
爛漫亭日誌 ] 21:46 12/28
 北国ではやっと雪が降り出したようです。南国育ちの人間には雪もようというのは、何か幻想的な感じがします。 チャイコフスキーの交響曲第1番は「冬の日の幻想」という題です。聴く機会は少ないですが、雪の降る..
タグ: 映画 音楽 小説 高校生 チャイコフスキー ロシア 書店 ロシア文学
生きる手触り
爛漫亭日誌 ] 20:38 12/06
 十二月になると西風が吹き荒れて、砂浜にナマコがうち上がることがあります。薄くスライスして酢のものにして食べます。コリッとした食感が楽しめます。腸の塩辛は「コのワタ」です。 久しぶりに CD屋さんに出..
タグ: CD 小説 高校生 大学生 書店 ロシア文学 全集 チェーホフ ナマコ プリーストリー
文学全集がたくさんあったころ
爛漫亭日誌 ] 10:15 05/10
  ふと思い出したのですが、大学生のころ、ある同級生がやってきて、「小説って、何が面白いんや?」と聞きます。怪訝な面持ちで顔を見ると、「世界文学全集を全巻読破したんやけど、よお分からんのや・・・」と..
タグ: 映画 小説 同級生 大学生 1970年代 ナスターシャ・キンスキー ロシア文学 ツルゲーネフ イギリス文学 テス
短篇小説のための手引き書
爛漫亭日誌 ] 08:22 07/22
  好きな菓子袋を抱えて、ボリボリ食べる幸せ、そのうち残り少なくなってくる悲しみ・・・おもしろい本に出会った時の幸福感と読み終わる名残惜しさはそれ以上かも知れません。  昨年末の毎日新聞の書評..
タグ: 小説 書評 角田光代 女性用 ロシア文学 アメリカ文学 チェーホフ 男性用 毎日新聞 短篇小説
本日の一文
一文 ] 15:00 12/02
de65. 人間が幸福であるために避けることのできない条件は、勤労である。 レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ 1828年9月9日 ~ 1910年11月20日 帝政ロシアの小説家、..
タグ: トルストイ ロシア文学 復活 幸福 戦争と平和 勤労 アンナ・カレーニナ 非暴力主義者
花子とアン キャスト 高梨臨
微笑の門 ] 00:12 04/10
【楽天ブックスならいつでも送料無料】高梨臨 Rin〜tobira〜価格:3,742円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】カラマーゾフの兄弟 DVD-BOX [ 市原隼人 ]価格..
タグ: 友達 就職 日本 DVD 大河ドラマ 朝ドラ キャスト フジテレビ はな
リスの本353
本日のリス リスハウスNO.2。リスは市販品のガーデンマスコット。 ちなみに私が作った時は木地がそのままだったが、 差し上げた友人がアレンジして壁紙を後から貼って くれて部屋感が増した。N..
タグ: 児童書 リス ロシア文学 児童文学 りす ガーデンマスコット 栗鼠 リスが出てくる本 S・G・コズロフ S・A・オストロフ
カラマーゾフの兄弟 市川隼人 斎藤工 林遣都 ドストエフスキー ロシア文学
c0j1c0j1日記 ] 00:26 01/15
『カラマーゾフの兄弟』 市川隼人 斎藤工 林遣都 3兄弟でだれが父を殺害したのか?? 実は違う人が犯人だったり?? 全体のかんじがいいんですよ。。。 くら~い..
タグ: ドストエフスキー ロシア文学 カラマーゾフの兄弟 林遣都 市川隼人 斎藤工
学ぶべし
おれが時を止めた ] 00:53 03/10
部屋の掃除をしていると、忘れかけたものに 出会うことがよくあります。 先日のシャンプーもそうでしたが 同時に、本も見つかりました。 (まぁ、その他もいろいろ出てきましたけどさ)..
タグ: ドストエフスキー ロシア文学 文庫本 罪と罰 英文学 悪霊 二重人格 米文学
書籍「ソーネチカ」
ふんわりふわふわ日記 ] 21:16 12/11
ソーネチカ (新潮クレスト・ブックス)作者: リュドミラ ウリツカヤ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2002/12メディア: 単行本 “「フィガロ」の読書案内202冊”で紹介されてい..
タグ: ロシア文学 ソーネチカ リュドミラ・ウリツカヤ
『罪と罰』(ドストエフスキー)
                                        『罪と罰/ドストエフスキー』(光文社古典新訳文庫)  久々のロシア文学、それもドストエフスキーです。  『..
タグ: ドストエフスキー ロシア文学
幼児虐待と「カラマーゾフ」
 東大文学部主催の「カラマーゾフの兄弟」のシンポジウムを拝聴し、昔背負ったロシア者の刺青が再び疼き出した。(詳細は「TAO東大に行く(第一部・第二部)」参照) 20歳になるかならないかといった年齢の時..
タグ: ロシア文学
前のページへ 1 2 次のページへ