タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ルセ
記事 での「ルセ」の検索結果 22
デュフリ、クラヴサン曲集。
音のタイル張り舗道。 ] 22:44 10/19
我々は、今、おもいっきり過渡期を生きている。のだと思う。日々、古いものと新しいものがぶつかり合って、人が、社会が、国が、世界が、言いたい放題、怒声に塗れ、大気に大地までもが軋み、苦..
タグ: フランス ピリオド 18世紀 ルセ クラヴサン
新しい時代、リュリの時代のクラヴサン奏者、ダングルベール。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/16
中世以後、ローカルな立場に留まっていたフランスの音楽。ローカルだったからこそ、じっくりと独自の進化を遂げることに... ルネサンスの終わりには、イタリアのモノディの発明と共鳴するよ..
タグ: フランス ピリオド ルセ 17世紀 チェンバロ クラヴサン
秘密の実験室で生まれた、不思議な光を放つソナタ、スカルラッティ。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/28
鍵盤楽器のためのソナタでお馴染みのドメニコ・スカルラッティ。なのだけど、改めて音楽史からその存在を見つめると、掴みどころがないような印象があって、戸惑いを感じることも... バッハ..
タグ: ピリオド バロック 18世紀 ルセ チェンバロ ドメニコ・スカルラッティ
クープラン家、繁栄の扉を開く、夭折の天才、ルイ...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 03/07
2018年は、フランソワ・クープランの生誕350年のメモリアルということで、クープランを足掛かりに、フランス・バロックを巡って来たのだけれど、クープランはひとりじゃないのだよね....
タグ: フランス ピリオド バロック ルセ 17世紀 チェンバロ クラヴサン
クープランが見つめる、偉大な先人たち...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 02/08
1687年、リュリ(1632-87)がこの世を去る。王の威光を背景に、フランスの音楽シーンを独善的に主導して来た巨匠の死は、フランスの音楽に新たな展開をもたらす。それまでの内向きに..
タグ: フランス ピリオド バロック 18世紀 ルセ チェンバロ クープラン クラヴサン
天使のようなマレの異国趣味は、バディナージュ。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 02/02
バロック期、フランスの宮廷において、ヴィオールは、クラヴサンと並び、花形だった。が、ヴェルサイユの時代を象徴するように、豪奢にも優美にも響くクラヴサンに対して、とにかく渋いヴィオー..
タグ: フランス ピリオド バロック 18世紀 ルセ 室内楽 ヴィオラ・ダ・ガンバ コワン
太陽王の時代とその後で、クラヴサン奏者、クープランの歩んだ道...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 01/27
フランソワ・クープラン(1668-1733)。 今から350年前、フランス音楽の名門、クープラン家の一員として、パリに生まれたフランソワ・クープラン。で、クープラン家の中で、最も成功した..
タグ: フランス ピリオド バロック 18世紀 ルセ チェンバロ クープラン クラヴサン
生誕350年、クープラン、バロックとロココの調和。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 01/24
2018年は、バロックから見つめると、クープラン・イヤー! フランス・バロックを代表する作曲家のひとり、"大クープラン"こと、フランソワ・クープラン(1668-1733)が、..
タグ: フランス バロック 18世紀 ルセ 室内楽 クープラン
サルスエラの18世紀、響き出すスペインの音楽の充実。
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 11/07
カタルーニャよ、立ち上がれ!独立は"ごっこ"遊びじゃない!今すぐ国境を封鎖せよ!スペインから移民して来た非カタルーニャ人を追放せよ!人口の半分を占める独立反対派を拘束せよ!そして、..
タグ: オペラ スペイン ピリオド 18世紀 ルセ サルスエラ ボッケリーニ バーヨ
ウィーンを去って、ダ・ポンテ、マルティン・イ・ソレール...
音のタイル張り舗道。 ] 23:00 04/02
輝かしき1780年代は、モーツァルトに限らず、モーツァルトのライヴァルたちにとっても輝かしかったのかもしれない。1783年、ヨーゼフ帝による音楽政策の転換により、ウィーンにイタリア..
タグ: オペラ ピリオド 18世紀 ルセ
フランス、鍵盤楽器のための音楽、カプリース...
音のタイル張り舗道。 ] 01:00 12/21
フランスにおける鍵盤楽器のための音楽の系譜というのは、クラシックの中でも際立って瑞々しい存在感を放っている。古くは、クープラン(1668-1733)、ラモー(1683-1764)というバロック..
タグ: ピアノ フランス ピリオド 19世紀 18世紀 ルセ チェンバロ クラヴサン ショルンスハイム
1744年、四旬節、ナポリ、王室礼拝堂に響く、艶やかなる声。
音のタイル張り舗道。 ] 23:02 02/25
四旬節は、復活祭の前、46日間。一ヶ月半と考えると、何だか随分と長いような気がして来るのだけれど、ハイドンの熱い「受難」交響曲、ユニヴァーサルな『十字架上のキリストの最後の七つの言..
タグ: ピリオド バロック 18世紀 ルセ ヴォーカル ナポリ楽派 教会音楽 ピオー
前のページへ 1 2 次のページへ