タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  リヒトホーフェン
記事 での「リヒトホーフェン」の検索結果 11
今も戦い続ける”赤い騎士”
黄昏怪奇譚 ] 04:06 08/21
 M・ケイディン/野田昌宏著『空の上の超常現象』からピックアップし、その内容を要約して紹介していきます。◆今も戦い続ける”赤い騎士” 時は第二次世界大戦下のイギリス。ドイツ空軍との過酷な戦い、通称「バ..
タグ: リヒトホーフェン 戦争にまつわる不思議な話 戦争にまつわる怖い話 空の怪奇現象 『空の上の超常現象』
リヒトホーフェンと騎士道精神
1/144ヒコーキ工房 ] 14:22 04/21
Manfred Albrecht Freiherr von Richthofen(ウィキペディア) 時は第一次大戦のヨーロッパ。深紅にひかる複葉機を駆って大空を華麗に舞った無敵の撃墜王がいました。彼の..
タグ: 第一次世界大戦 リヒトホーフェン 赤い男爵 フォッカーDr.I
個人専用機の話〜シャア専用ザクは飛行機の世界にもあるのか。
1/144ヒコーキ工房 ] 10:26 04/07
 前回のアニメの話とつながりますが、機動戦士ガンダムの中に永遠のライバルといえるシャア・アズナブル大佐の「赤い彗星」こと、「シャア専用ザク」が出てきます。 通常のザクをカスタマイズして専用機にしたもの..
タグ: リヒトホーフェン アドルフ・ガーランド Bf109Fスペシャル
空軍元帥ゲーリング -第三帝国第二の男-
独破戦線 ] 08:00 03/19
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ロジャー・マンベル著の「空軍元帥ゲーリング」を読破しました。 いままで読んできたいわゆるナチ本でも、「ダメ国家元帥」とか、「デブの帝国元帥」などと、 ..
タグ: SA ヒムラー スターリングラード デーニッツ ゲーリング バトル・オブ・ブリテン シュペーア ボルマン リッベントロップ リヒトホーフェン
ヒトラーの代理人 -ルードルフ・ヘス-
独破戦線 ] 07:03 02/01
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 W.シュヴァルツヴェラー著の「ヒトラーの代理人」を読破しました。 10月から密かに続いている「独破戦線」のヒトラー側近シリーズ。。 「ヒトラーを操った..
タグ: チャーチル シュトライヒャー ヒムラー ハーケンクロイツ ゲーリング レーダー元帥 ゲッベルス シュペーア シーラッハ ボルマン
ドイツ空軍、全機発進せよ!
独破戦線 ] 09:14 08/28
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ジョン・キレン著の「ドイツ空軍、全機発進せよ!」を読破しました。 英国人の著者によるこの有名な本書は、タイトルや表紙の雰囲気から 勝手に「バトル・オブ..
タグ: ガーランド マルセイユ ゲルニカ スターリングラード Me-262 ゲーリング シャルンホルスト ロンメル リヒトホーフェン ウーデット
ドイツのロケット彗星 -Me163実験飛行隊、コクピットの真実-
独破戦線 ] 08:41 05/18
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ヴォルフガング・シュペーテ著の「ドイツのロケット彗星」を読破しました。 メッサーシュミットの「コメート」といえば、世界初(唯一?)のロケット推進による ..
タグ: メッサーシュミット ヒムラー ジェット戦闘機 Me-262 ゲーリング リヒトホーフェン 第44戦闘団 ゴードン・ゴロップ ハンナ・ライチュ Me-163
デーニッツと「灰色狼」 -Uボート戦記-
独破戦線 ] 07:35 04/25
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 ヴォルフガング・フランク著の「デーニッツと「灰色狼」」を読破しました。 読み終えた率直な感想を書くと、「これ以上のUボート興亡史はないのでは・・」。 ..
タグ: 戦争映画 アトランティス リュート Uボート マンシュタイン プリーン デーニッツ レーダー元帥 シュペーア リヒトホーフェン
始まりと終り -栄光のドイツ空軍-
独破戦線 ] 07:06 03/09
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 アドルフ・ガーラント著の「始まりと終り」を読破しました。 原題は「ルフトヴァッフェ-栄光と壊滅の回想記」。 1953年発刊の英語版を翻訳したもので、ガ..
タグ: ガーランド ジェット戦闘機 Me-262 シュタインホフ リュッツォウ ゲーリング シャルンホルスト グナイゼナウ プリンツ・オイゲン バトル・オブ・ブリテン
撃墜王 リヒトホーフェン
独破戦線 ] 19:28 10/25
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 S.M.ウラノフ編の「撃墜王 リヒトホーフェン」を読破しました。 「独破戦線」もついに第一次大戦まで遡ってしまいました。 第二次大戦を語るには、当然、..
タグ: 朝日ソノラマ ゲーリング リヒトホーフェン ブルー・マックス レッド・バロン
ゲーリング -第三帝国の演出者ー
独破戦線 ] 13:25 05/16
ど~も。ヴィトゲンシュタインです。 レナード・モズレー著の「ゲーリング」を読破しました。 ゲーリングといえば、ある意味ナチス第三帝国の象徴(一般的イメージのひとつ)でもあり、 それは道楽..
タグ: ガーランド ゲーリング リヒトホーフェン ニュルンベルク裁判 エアハルト・ミルヒ カリン・ゲーリング