タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  プラハ演説
記事 での「プラハ演説」の検索結果 11
NPT再検討会議決裂2 アメリカはしゃあしゃあと 日本は粛々と
のら猫 寛兵衛 ] 01:08 06/03
(NPT再検討会議決裂 1 の続き)ICANは、1997年の対人地雷禁止条約のように、加盟したがらない国々は差し置いて乗り気の国々——有志国だけで先に禁止条約を作り、核兵器の汚名化を計り、国際的な規範..
タグ: オバマ 核兵器 プラハ演説 核なき世界 核廃絶 核兵器禁止条約 ican ICJ 核兵器廃絶条約
NPT再検討会議決裂 1 日本は粛々とアメリカはしゃあしゃあと
のら猫 寛兵衛 ] 18:38 06/02
核廃絶の前に立ちはだかる唯一の超大国と唯一の被爆国あるいは階段の騙し絵 45年前の約束を、いまだ果たしてもらっていないとしたら。。あなたはそこに誠意を感じるこ..
タグ: オバマ 核兵器 NPT 核軍縮 プラハ演説 核なき世界 核廃絶 ican NWC
『長崎の鐘』を聴きながら
 藤山一郎の歌う『長崎の鐘』を中2の歴史の授業で生徒に聴いてもらったことが あります。  都内の公立中学で社会科の教員をしていた時です。1945年当時の最新技術は もはや「最新」ではなく..
タグ: 長崎 原爆 大量破壊兵器 永井隆 プラハ演説 核廃絶 通常兵器
アメリカのルース駐日大使が広島の平和記念式典に出席
 アメリカ国務省が発表したそうです。1945年8月6日午前8時15分に 広島に原子爆弾が投下されてから65年を迎える今年、初めて当事者である アメリカ政府のしかるべき立場の人が式典に参加します。 ..
タグ: 原爆ドーム 核兵器 原子爆弾 核保有国 プラハ演説 戦争犯罪 核廃絶運動
米副大統領が大幅な核兵器削減を公言
東京の郊外より・・・ ] 09:56 02/19
18日、バイデン副大統領が米国防大学で核政策について講演し、大幅な核兵器削減(deep nuclear reductions)に言及しました。会場にはゲーツ国防長官やジョーンズ安全保障担当大統領補佐官..
タグ: イラン 北朝鮮 NPR NPT オバマ大統領 ゲーツ国防長官 核の傘 プラハ演説 核態勢見直し バイデン副大統領
核抑止に関する「はてな?」の議論
東京の郊外より・・・ ] 09:50 12/21
来年3月で休刊が決定した月間情報誌「フォーサイト」2010年1月号で、名古屋大学の春名幹男教授が米国のアジア核戦略について述べています。僅か1ページのエッセイ風のもので、著者の主張や疑問が曖昧でよくわ..
タグ: フォーサイト NPR トマホーク ゲーツ国防長官 QDR オハイオ級原子力潜水艦 巡航ミサイル 中国海軍 プラハ演説 核態勢見直し
榛葉防衛副大臣が湾岸で核を熱弁
東京の郊外より・・・ ] 11:43 12/13
12日、バーレーンのマナマで開催されている第6回IISS中東安全保障会議(マナマ・ダイアログ)第3セッション(核の力、エネルギーと安全保障)でスピーカーとして登場した榛葉防衛副大臣が、「核廃絶に向けた..
タグ: 自衛隊 中国 バーレーン ロシア イラン 北朝鮮 防衛省 クウェート サウジ UAE
START1後継条約交渉の論点観測
東京の郊外より・・・ ] 00:01 12/06
1、背景経緯と日程見通し 1991年に父ブッシュとゴルバチョフが調印した戦略兵器削減条約(START1)は本年12月5日に失効しました。これにより米ロの核軍縮条約は、配備済み戦略核弾頭数の上限を2..
タグ: メドベージェフ大統領 Start オバマ大統領 プラハ演説 START1 茂田宏 国際情報センター 戦略兵器削減条約 戦略攻撃兵器削減条約 モスクワ条約
平和賞。その日はオバマ犬「Bo」の誕生日!
東京の郊外より・・・ ] 14:07 10/10
「父さん、ノーベル平和賞をもらったんだって・・それもBoの誕生日に!!」(長女マリーアちゃん談) 「そして・・3連休が始まるのよ!」(次女サーシャ談) Malia said it best, "D..
タグ: 誕生日 ノーベル平和賞 サーシャ オバマ大統領 プラハ演説 マリーア Bo オバマ犬 核廃絶
オバマ政権国防政策の「ハード・チョイス」
東京の郊外より・・・ ] 17:02 07/31
注意!! → Holylandを防衛研究所の菊池茂雄氏や高橋杉雄氏と勘違いしている人がいますが、他人です。大変迷惑しています。「はてなアンテナのvon-mansteinさん」には訂正をお願いし、修正し..
タグ: 老朽化 オバマ政権 ゲーツ国防長官 QDR 不正規戦 核弾頭 防衛研究所 マレン統合参謀本部議長 プラハ演説 国際安全保障学会
私はナイーブではない。
幻泉館日録 ] 02:19 07/30
共同通信が配信している辺見庸さんの連載『水の透視画法』、東京新聞7月29日付朝刊では、<B・オバマとは何者か? 「私はナイーブではない」>というタイトルで、四月のプラハ演説を考察している。  →..
タグ: オバマ大統領 辺見庸 プラハ演説