タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  バッハ
関連するタグ: 音楽 
記事 での「バッハ」の検索結果 497
年の瀬のゴルトベルク (鈴木理賀 チェンバロ演奏会)
このところ、とても小さなリサイタルスペースの近江楽堂にすっかり目覚めてしまって、今年11月以来、このホールでの3度目のコンサート。 きっかけはWAONレーベルの新しいCDの記念演奏会でした。その..
タグ: バッハ ゴルトベルク変奏曲
音楽の捧げもの
爛漫亭日誌 ] 13:15 12/19
 ドイツの作曲家 J.S.バッハ(1685-1750)は日本でいえば、徳川八代将軍吉宗(1684-1751)と同じ時代を生きた人です。松尾芭蕉や近松門左衛門より一世代下になります。赤穂浪士の討ち入りの..
タグ: 音楽 松尾芭蕉 ピアノ バッハ ヴァイオリン ピアニスト 赤穂浪士 ヴァイオリニスト ヴァイオリン・ソナタ 徳川吉宗
踊らない舞踏 (宇田川貞夫 ヴィオラ・ダ・ガンバ リサイタル)
新宿・初台の東京オペラシティの片隅にとても小さなコンサートスペースがあります。その近江楽堂に久しぶりに出かけてみました。 音のよいことで気に入っているレーベルWAONからCDがリリースされる、そ..
タグ: バッハ 無伴奏チェロ組曲 ヴィオラ・ダ・ガンバ
マタイ受難曲(大阪語版)
のら猫 寛兵衛 ] 19:37 03/23
高校生のときガリ版刷り(今の人は何のことか分からんやろな)日独対訳版で読んで以来、 いくつかの版で親しんできたが、この大阪弁訳には衝撃を受けた。その生々しさ。自分は関西弁は母語ではないが、深いところ..
タグ: 音楽 キリスト教 バッハ 日本語 方言 大阪弁 マタイ受難曲 受難曲
膀胱癌のBCG治療2〜森を抜け免疫力を高めんと代々木公園明治神宮
のら猫 寛兵衛 ] 23:58 11/10
BCG治療を始めてはや1ヶ月あまり 週1回のペースでこれまで5回すませた 尿道からチューブを挿入し(なんとも言えぬ気持ち悪さ) 弱毒化した牛の結核菌を膀胱に注入 体の免疫がそれと戦うと癌細胞をも攻撃し..
タグ: 日記 音楽 バッハ ガン 明治神宮 代々木公園 中曽根康弘 電通 神嘗祭
鍵話§ピアノ―マイカテゴリー―[下]
ひだまりのお話 ] 00:00 11/12
[承前] そんな程度のピアノ音楽鑑賞の来し方だが、好んで聴くピアノ曲をいくつか挙げて、ピアノのマイカテゴリーを閉じたい。 まずはバッハから。基本の“き”の字のような2声のインヴェンションを..
タグ: 音楽 クラシック ベートーヴェン ピアノ シューベルト ドビュッシー バッハ リスト モーツァルト カテゴリー
鍵話§ピアノ―マイカテゴリー―[上]
ひだまりのお話 ] 00:00 11/10
アップライトピアノを置こうものなら床が抜けかねないオンボロの借家に住んでいた身にしてみれば、ピアノを弾くなど絵空事の世界でしかなかった。 フォークギターを少しばかりかき鳴らしていたから、コードの..
タグ: クラシック ギター ピアノ バッハ 私事 カテゴリー フォークギター マイカテゴリー
川話§バッハ―マイカテゴリー―
ひだまりのお話 ] 00:00 10/21
マイカテゴリーで“お題”を出されることで、筆の進みがそこそこ順調であるようだ。調子に乗って引き続き……ヨハン・ゼバスティアン・バッハについて。 頻繁に聴いたのは大学生の頃。フルートを吹いて遊んで..
タグ: 音楽 クラシック キリスト教 ピアノ フルート チェロ バッハ ヴァイオリン 私事 カテゴリー
ガスと浣腸と総裁選
のら猫 寛兵衛 ] 23:07 09/04
筋肉痛、術創痛に続いて今度は便秘の苦しみであった。全身麻酔をすると腸が活動をやめてしまうし抗生物質の投与で腸内細菌も殺すので手術後は便秘がちになるのだそうだが丸4日まったく便通がない。便を柔らかくする..
タグ: 日記 音楽 手術 チェロ ビオラ バッハ ヴィオラ ガン 便秘
テナーギターとバッハ
テナーギターのスタンダードなチューニングは「C-G-D-A」。 これはヴィオラと同じですね。 チェロはヴィオラより1オクターブ低い。 ということは、テナーギターのチューニングはチェロ..
タグ: バッハ テナーギター
悼話§皆川達夫さん(中世音楽研究家)
ひだまりのお話 ] 00:01 04/23
一浪して受験した大学の入学試験の教室に試験官として入ってきたのが、当時まだ四十代後半の皆川達夫だった。端正にダブルのスーツを着こなして、英国紳士という表現そのままという記憶である。 無事大学に合..
タグ: 音楽 クラシック ルネサンス 教育 バッハ バロック音楽 追悼 立教大学
"EXPLORING TIME WITH MY PIANO"、バロックをピアノで探検。
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 02/22
さて、2020年は、ポーランド出身(とはなっているものの、生まれはリトアニアというね、東欧の歴史の複雑さ... )で、やがてアメリカに渡り活躍するピアノのヴィルトゥオーゾ、ゴドフス..
タグ: ピアノ フランス バッハ バロック 18世紀 ラモー ゴドフスキー トランスクリプション ドメニコ・スカルラッティ
前のページへ 1 2 3 4 5 41 42 次のページへ