タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ノーザンファーム
記事 での「ノーザンファーム」の検索結果 18
崖っぷちの競走馬がレコード勝ち
JRA(日本中央競馬会)所属の競走馬は、2歳の6月から新馬戦が始まり成長の 早い馬から順次、競馬デビューをしていきます。 6月にデビューして夏の重賞で勝って賞金を稼いだら一度放牧に出し..
タグ: ディープインパクト 新馬戦 日本レコード ノーザンファーム エスコーラ
ディープインパクトが遺した仔
菊花賞を勝った時に実況アナウンサーが「これが日本近代競馬の結晶だ」と 叫んだ、ディープインパクトが惜しまれつつ亡くなってしまったのが2年前の 7月30日のことでしたが、そのディープインパクトが遺し..
タグ: 英国 ディープインパクト オークス ノーザンファーム エイダン・オブライエン
天皇賞・春はワールドプレミアが優勝
春のGⅠシーズンの一回目の山場になる天皇賞・春 近年は短距離、中距離レースの賞金も高くなってきて、3200メートルの長距離 で勝てる馬よりも、海外のレースまで見据えた1200メートル~1600メー..
タグ: 武豊 ワールドプレミア 天皇賞・春 福永祐一 ノーザンファーム
名牝シーザリオが亡くなる
2005年のオークスとアメリカンオークス(現時点で日本調教馬では唯一)の 二つのオークスを勝った名牝シーザリオが19歳で亡くなりました。 父馬が武豊騎手が初めてダービーを勝ったスペシャ..
タグ: オークス 福永祐一 シーザリオ ノーザンファーム デアリングタクト
武豊騎手が5回目の菊花賞
今年は年初から好調で2015年に106勝して以来、年間勝利数が100勝 を超えることはなかった武豊騎手が今年は120勝ぐらいするんじゃないのか という記事を書いたのが9月25日のことでした。 ..
タグ: 武豊 ワールドプレミア 菊花賞 ノーザンファーム 良血馬
キングカメハメハも急死
社台スタリオンステーションの種牡馬で二番目(サンデーサイレンスを含める と三番目)の産駒勝利数だったキングカメハメハが18歳で亡くなりました。 ディープインパクトよりも一年早くデビューして、三..
タグ: 安藤勝己 社台スタリオンステーション キングカメハメハ ノーザンファーム 金子正人
藤田菜七子騎手が女性騎手年間最多勝タイ記録
JRAの藤田菜七子騎手が新潟競馬場の第3レース(ダート1200m) で、トップライセンスに騎乗して今年11勝目を挙げました。 女性騎手として年間11勝は牧原由貴子騎手が1997年に記録して以来..
タグ: ノーザンファーム 社台ファーム サンデーレーシング 藤田菜七子 トップライセンス
キタサンブラック・今年の初戦
今度の日曜日は今年からGⅠにアップグレードされた大阪杯です。 去年まではGⅡでしたが、5月の天皇賞・春までは4歳以上の優駿が出る GⅠレースが存在しなかったため、大阪杯、天皇賞、宝塚記念と一か月の..
タグ: 大阪杯 ノーザンファーム サトノクラウン キタサンブラック マカヒキ
ゴールドアリュールが突然死
競走馬を引退し、種牡馬として活躍していたゴールドアリュールが心臓の 病気を発症して突然死しました。 父馬はあのディープインパクトやハーツクライ、ステイゴールドなど日本 の主流血統にな..
タグ: 吉田勝己 ノーザンファーム ゴールドアリュール ゴールドドリーム エピカリス
じゃじゃ馬・ブチコ
白毛に牛のような黒ブチが印象的な競走馬ブチコ。 父馬は日本最速で仔馬が1500勝を達成したキングカメハメハで出身は 名門社台グループのノーザンファームということで、超エリートの良血馬 さらに..
タグ: 京都競馬場 ゲート キングカメハメハ ノーザンファーム ブチコ
最強馬・ドゥラメンテが引退
宝塚記念のゴール後、デムーロ騎手が馬から降りた時に普通ではない状態 であることに気付いた人は多いかと思いますが、ターフ上から自分の足で 歩いて厩舎に帰ることなく、馬運車に乗せられて診察を受けていた..
タグ: 引退 ノーザンファーム サンデーレーシング デゥラメンテ 競争能力喪失
JRAの前半戦終了
競馬自体は一年間52週の土・日開催で続いていくわけですが、いわゆる GⅠ(Grade1)競争は6月26日の宝塚記念で上半期分は終了して 秋競馬と言われる10月2日のスプリンターズステークスまではお..
タグ: 武豊 ノーザンファーム マリアライト ドゥラメンテ キタサンブラック
前のページへ 1 2 次のページへ