タグ検索    

記事 画像
タグ検索トップ  >  記事  /  ショスタコーヴィチ
記事 での「ショスタコーヴィチ」の検索結果 68
ショスタコーヴィチ交響曲第13番「バビ・ヤール」
今年は第二次世界大戦後70年。将来の歴史家が20世紀を解説するときは「戦争と大量殺戮の世紀」と呼ぶのでしょう。20世紀ソ連の作曲家ショスタコーヴィチの交響曲も戦争と切り離せないものが多くあります。第7..
タグ: 在日 イギリス 朝鮮人 作曲家 戦争 ゲルギエフ 交響曲 ショスタコーヴィチ 歴史家 20世紀
アンダンテ・カンタービレ
昔、クラシック音楽に目覚めた頃、母と交わした会話。 母「ロシアの作曲家の曲はみんなロシアの土の匂いがする」(母はロシアに行ったことはないのですが) 私「ショスタコーヴィチもそう思う?」 母「..
タグ: チャイコフスキー ラフマニノフ 作曲家 ロシア 命日 弦楽四重奏曲 共働き ストラヴィンスキー 交響曲 ショスタコーヴィチ
ショスタコーヴィチの「戦争四部作」
戦後70年の歳が暮れていきます。大好きなショスタコーヴィチの交響曲について書いておかなければ。(長文失礼) 第7番「レニングラード」はショスタコーヴィチの故郷レニングラード(現:サンクト・ペテル..
タグ: 希望 愛情 自由 戦争 レクイエム 悲劇 勝利 欲望 交響曲 ショスタコーヴィチ
バビ・ヤール再び
ショスタコーヴィチの交響曲第13番「バビ・ヤール」。「バビ・ヤール」とは現ウクライナの首都キエフ郊外にある峡谷の名前です。重い話になって恐縮ですが、第二次大戦時のホロコーストと言えばアウシュヴィッツが..
タグ: 中国 韓国 朝鮮 強制労働 ゲルギエフ ショスタコーヴィチ 共産党 BBC ナチス ユダヤ人
孤独の人
またきわめて個人的な長文で失礼します。今日は亡母の10回目の命日なのです。4月の投稿とも一部ダブりますがご容赦を。 昔、実家でたまたまベートーヴェンのピアノソナタ第28番を聴き始めたとき。母が言..
タグ: 大学 プレゼント 子供 誕生日 ラジオ ベートーヴェン ピアノ シューベルト チャイコフスキー ラフマニノフ
No.285 - ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲 第1番
クラバートの樹 ] 07:49 05/16
No.281~No.283 の記事でショスタコーヴィチの3作品を取り上げました。 No.281 - 交響曲 第7番「レニングラード」 No.282 - オペラ「ムツェンスク郡のマクベス..
タグ: ノクターン ショスタコーヴィチ ヒラリー・ハーン マリス・ヤンソンス ヴァイオリン協奏曲 夜想曲 パッサカリア ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ブルレスケ スケルツォ
No.283 - ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
クラバートの樹 ] 06:48 04/19
前回の No.282「ショスタコーヴィチ:ムツェンスク郡のマクベス夫人」の続きです。以下の "番組" とは、音楽サスペンス紀行「ショスタコーヴィチ:死の街を照らしたレニングラード交響曲」(NHK BS..
タグ: 司馬遼太郎 ブルックナー ショスタコーヴィチ ベートーベン 織田信長 スターリン ムツェンスク郡のマクベス夫人 交響曲第5番 プラウダ批判
No.282 - ショスタコーヴィチ:ムツェンスク郡のマクベス夫人
クラバートの樹 ] 13:04 04/04
前回の No.281「ショスタコーヴィチ:交響曲第7番」の続きです。前回は、ショスタコーヴィチの交響曲第7番に関するドキュメンタリー番組、 音楽サスペンス紀行 ショスタコーヴィチ死の街..
タグ: ヴェルディ ショスタコーヴィチ ボリス セルゲイ モンテヴェルディ スターリン 島田雅彦 マリス・ヤンソンス ムツェンスク郡のマクベス夫人 中野京子
No.281 - ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」
クラバートの樹 ] 11:51 03/21
今回は「音楽家、ないしは芸術家と社会」というテーマです。No.9「コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲」で書いたことを振り返えると、次のようなことでした。 ◆ ウィーンで活躍し..
タグ: 坂本龍一 ルーズベルト ショスタコーヴィチ スターリン レニングラード トスカニーニ 独ソ戦 レニングラード交響曲 レニングラード包囲戦 エリアスベルク
ショスタコーヴィチ、7番の交響曲、レニングラード。
音のタイル張り舗道。 ] 22:03 02/07
オペラの序曲、シンフォニアが独り立ちして、歩み出した、交響曲の歴史。18世紀、教会交響曲が登場し、協奏交響曲がブームとなって、さらに、「自然に帰れ」の波に乗り、田園交響曲まで誕生。..
タグ: 交響曲 ショスタコーヴィチ 20世紀 ソヴィエト ヴァシリー・ペトレンコ
ショスタコーヴィチ、13番の交響曲、バビ・ヤール。
音のタイル張り舗道。 ] 23:03 02/01
今、改めて、ソヴィエトの音楽を振り返ってみると、実に興味深いなと感じる。ロシア革命(1917)に呼応するように、ロシア・アヴァンギャルドが炸裂した1920年代、刺激的な音楽が次々に生み出される..
タグ: 交響曲 ショスタコーヴィチ 20世紀 ソヴィエト ヴァシリー・ペトレンコ
新作を待つ
爛漫亭日誌 ] 21:41 01/12
 どこかにあったはずと本箱を探して、河盛好蔵『藤村のパリ』(新潮社)を拾い読みすると、1914年にドビュッシーが島崎藤村らの観客をまえに、ピアノ演奏した曲は自作の「前奏曲」や「子供の領分」だったそうで..
タグ: 音楽 パリ 評伝 ドビュッシー ラヴェル ショスタコーヴィチ 島崎藤村 河盛好蔵 1914年
前のページへ 1 2 3 4 5 6 次のページへ